ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

パルデアケンタロス

ぱるであけんたろす

パルデアケンタロスとは、ポケモンシリーズに登場するポケモン。ケンタロスのリージョンフォーム。
目次[非表示]

基礎データ

全国図鑑No.0128
パルデア図鑑No.223
ぶんるいあばれうしポケモン
たかさ1.4m
特性1いかく:場に出した時、一部の特性を除く相手全体の攻撃を1段階下げる。手持ちの一番上に入れると、レベルの低い野生ポケモンが出にくくなる。第7世代のみ野生のポケモンが仲間を呼びやすくなる
特性2いかりのつぼ:相手の攻撃が急所に当たった場合、攻撃力が最大まで上がる
隠れ特性はんすう:きのみを消費した次のターンの終了時に、同じ効果がもう1回発動する
おとしものケンタロスのけ


フォルムコンバット種ブレイズ種ウォーター種
タイプかくとうかくとう/ほのおかくとう/みず
おもさ110.0kg85.0kg115.0kg

概要

ポケモンSVから登場する、パルデア地方の環境に適応したケンタロスリージョンフォーム

パルデア地方は闘牛の存在していたスペインがモチーフである点を踏まえると、初代牛ポケのケンタロスにスポットが当たる可能性は十分にあったと言え、またそれを意識してなのか、メインのタイプがノーマルタイプからかくとうタイプに変更されている。

原種の茶色い身体から一変、体色は真っ黒に変わり、ツノが若干短く、より筋肉質な身体を持つ。
逆に容姿・生態共にそれ以外の差異は殆どなく、リージョンフォームを知らない人には色違いにしか見えないかもしれない。

残念ながらバリコオルハリーマン的な更なる進化形は登場しないが、なんとかくとうタイプのみならず上記の特徴を備えた「コンバット種」の他に、ほのおタイプが付加された「ブレイズ種」と、みずタイプが付加された「ウォーター種」の合計三種が登場する。

ただしコンバット種がどちらのバージョンにも出現する一方で、ブレイズ種はスカーレット、ウォーター種はバイオレットのみに出現する。バージョン限定種の出現率はかなり低く、クリア後のキハダ先生とのバトルまで一切見かけなかったというユーザーも多い。

ブレイズ種はツノが鋭く曲がっており、赤いラインが入った体毛は逆立っている。コンバット種よりも一際長い尻尾はこれでもかと言うほど束状に捻れに捻れている。ツノは熱する事で摂氏1000度の高温と化し、赤色化したツノで突き刺した相手を痛さと火傷で苦しめる。他の種と比べると若干細めな体つき。

一方、ウォーター種はツノが太く2つのコブがつき、青いラインが入った体毛は下向きに垂れている。こちらも尻尾は長めだが、スクリューのような規則正しい形に変形、回転させる事が可能。ツノから水を吹き出し、脂肪分が多く浮遊性が優れる等、泳ぐ事に特化した身体の作りをしている。その為レッツゴーで連れ歩いた際に泳ぐモーションがあるのはこの種だけである。四肢も他の種と比べて若干短め。
また、ブレイズ種と同じくツノが光り、こちらは青色。

炎御三家以外のほのお・かくとうは史上初、みず・かくとうは本作初登場のウェーニバルに続き一般ポケモンとしては通算3組目。特に後者は水牛ポケモンの枠をケンタロスが掻っ攫っていく事になった。

このポケモンの色違いだが、本作で初登場したポケモンの中でも屈指の識別難易度の高さを誇る。色の構成自体は「たてがみ&蹄&尻尾の先とそれ以外の体毛の配色を逆転させただけ(種特有の部分は変わらない)という極めてシンプルな物だが、その色というのが同系統な上に非常によく似ており、光の当たり方等によってはほぼ同じに見えてしまう。後述の突進の習性も相まって、見分けるのは至難の業である。少なくとも、前情報のない完全初見の状態では、まず見逃してしまうだろう。

ゲームでの特徴

  • フィールド上では常に群れで行動しており、原種同様不用意に近付いて気付かれると、こちらに向かって突進してくる。幸いダメージは無いものの、バトルの最中に周囲を取り囲んで突っ込んでくるため、バトル終了後に接触して連戦する羽目になることも。途中で乱入してこないだけ、まだ紳士的と言えるか。対策としてレッツゴーで蹴散らすのも手。


性能

HP攻撃防御特攻特防素早さ合計
パルデア種751101053070100490
原種75100954070110490
比較±0+10+10-10±0-10±0


  • 種族値は原種から素早さと元々いらなかった特攻が下がり、その分攻撃と防御が上がっている。姿ごとに種族値の差はない。効率的でバランスが良くなったと言える。

  • 新規獲得の専用技としてレイジングブルが存在する。「かわらわり」と同じ効果を持つ他、使うケンタロスの姿によってタイプが変わる攻撃技となっている。

  • また習得技の多くはどの姿でも共通している一方で、姿によって覚えられる技が細かく異なり、以下の特徴がある。
    • コンバット種:基本的には原種と似たレパートリーとなっているが、ブレイズ種とは違ってにほんばれを除き炎技を覚えない(ニトロチャージすら覚えない)。
    • ブレイズ種:あまごい以外の水技(原種が使えたなみのり)を覚えないが、ほのおタイプ技を多く覚える。
    • ウォーター種:ほのおタイプ技を一切覚えないが、みずタイプ技を多く覚える。
    原種と違い、いずれの種もこおりタイプ技を覚えない。


  • きあいのタスキ」対策として「にどげり」も覚えられる。A252かつ格闘テラスタル状態なら火力アイテムが無くとも耐久に無振りか無振りベースのマスカーニャ程度なら確定1発に沈められるので、もしマスカーニャの上を取れる「こだわりスカーフ」型を育てるなら覚えておいて損はない。
  • タマゴわざでのろいも覚えられるが、デメリットを考えるとビルドアップを使った方が良い。だが、上述したように覚える技や耐性が多少異なるので、運用方法が大きく変わってくる。


  • ブレイズ種
    • ウォーター種が覚えるみずタイプ技の習得枠がほのおタイプに切り替わっており、フレアドライブなどを習得できる。ウォーター種と違って先制技を覚えられないのは痛いが、ニトロチャージで攻撃しながら素早さを上げられるという強みがある。
    • ほのおタイプ故に、物理アタッカーには痛い火傷状態を無効に出来る点も嬉しい。
    • みずタイプへの打点としてはワイルドボルトがある(一応、くさわけも覚えるが、ニトロチャージと役割が被っているので習得させるかは微妙)。

  • Aは110と一見アタッカーとしてもう一声な水準だが、威力120のタイプ一致技を2タイプ両方に貰っているため、A種族値だけ見て切り捨てるのは早計。不一致にも威力100の「じしん」、「ストーンエッジ」を持つため、尚の事である。

  • SV初期のポケモンプールではほのお/かくとう複合がこのポケモンしか存在しないため、独自の立場を築き上げている。サザンドラサーフゴーの相性補完コンビに対して両方一致で抜群を突ける他マスカーニャにも相性上有利で、ミミッキュにも「いかく」と「アイアンヘッド」で十分役割を持てるため、少なくとも他のポケモンには真似できない持ち味はあると言える。


  • ダブルバトルではシーズン2からウォーター種の使用率が急上昇し、見事ベスト30入りを果たした。自身が持つ「いかく」に本来強いはずのドドゲザンコノヨザルですら、ものまねハーブで「まけんき」をコピーすれば強気に出られる(そもそもドドゲザンをパルデアケンタロスの前に出す人は殆どいないだろうが)。


  • かつて151匹の頂点に君臨した時程ではないが400程度のポケモン達の中で40位台に戻って来るのはやはり従来のポテンシャルの高さの表れと言える。
  • 裏を返せば全盛期のコイツよりヤバいのがガブリアスミミッキュ含めて40匹以上(あくまでも現在であり、現在レートの頂点に君臨しているランドロスを始めとしてカプ神などもまだいないのだが)いると言えるのだが…。

  • シリーズ3シングルバトルではブレイズ種が独特の需要を得ている。一般的な型のパオジアンイーユイに対して有利な上に、チオンジェンディンルーにも十分な一致抜群打点があるためである。一致で抜群を突いてくるディンルーにも「いかく」が入れば楽であり、しかも起点作り型が主体であるディンルーの場合耐久振りが殆どなので一致「じしん」を入れられたところでどうという事はない。

  • WCS2023サンディエゴ予選優勝パーティにはわんぱくHbSベースで「ぼうじんゴーグル」を持ったウォーター種がエントリーされていた。マスカーニャやサザンドラを意識した耐久調整であった。

  • ★7テラレイドバトルでダイケンキがピックアップされると、その対策として使われるようにもなった。そのダイケンキはテラスタルがむしで固定なので、味方のマスカーニャの「トリックフラワー」辺りで「いかりのつぼ」を突いてもらえば後はワンパンできる。後の最強のインテレオンの時も同様で、相手が特性「スナイパー」発動を狙う技構成を「いかりのつぼ」発動に逆用できる。

使用トレーナー

※1:炎・水の2匹
※2:オープニング映像のみ
※3:コンバット種

アニメ版

アニポケリコとロイの旅シリーズ


関連イラスト

ケンタロス(パルデアのすがた・コンバット種)
59/400+1 ケンタロス(パルデアのすがた) 「水と炎」



関連タグ

ポケットモンスター ポケモン ポケモンSV
ポケモン一覧 リージョンフォーム パルデアのすがた
かくとうタイプ ほのおタイプ みずタイプ

0127.カイロス/メガカイロス0128.ケンタロス/パルデアのすがた(コンバット種/ブレイズ種/ウォーター種)→0129.コイキング

同タイプ


関連ポケモン等


その他

オーロックス

.

関連記事

親記事

パルデアのすがた ぱるであのすがた

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 157379

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました