ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

基礎データ

全国図鑑No.0979
パルデア図鑑No.160
キタカミ図鑑No.101
ぶんるいふんどざるポケモン
ローマ字表記Konoyozaru
タイプかくとう / ゴースト
たかさ1.2m
おもさ56.0kg
せいべつ50%♂・50%♀
特性やるき/せいしんりょく/まけんき(隠れ特性)
タマゴグループりくじょう

各言語版での名称

ドイツ語Epitaff
英語・スペイン語・イタリア語Annihilape
フランス語Courrousinge
韓国語저승갓숭
中国語(簡体字)弃世猴
中国語(繁体字)棄世猴

進化

マンキーオコリザル(Lv28) → コノヨザル(「ふんどのこぶし」を20回以上使用してレベルアップ)

コノヨノオワリ


概要

ポケモンSV』から登場したポケモンで、26年越しに登場を果たしたオコリザルの進化形

元々の対であるペルシアンリージョンフォーム分岐進化を獲得してから数年、まさかの追加進化の実装に驚いた古参ファンも多いだろう。


ボサボサに振り乱した灰色の長い体毛や、ギラギラと真っ赤に輝く目、目の下に表れたドス黒い隈など、進化前とイメージが大幅に変わり、まさに怒りの化身ともいうべき姿に変容。

また筋肉が肥大化して両腕が太くなり、その影響で腕輪が壊れ右腕の方は完全になくなった。鳴き声も血管が切れかけ筋肉が軋むような、どこか痛々しいものとなっている。

一方で、待機モーションは無駄な動きをせずにただ佇むだけであり、その点が逆に恐怖をかき立てている。


ひたすら怒り続けた結果、ボルテージが限界を超えた事で肉体に縛られない脅威的なパワーを獲得した。

それを拳に込めて、相手を骨の髄まで破壊するほどの一撃を叩き込む。

激情のままデタラメに暴れ回る今までと比べ、怒りが境地にまで達して洗練されたという事だろうか。


「怒り(精神)が肉体を凌駕した」という設定からか、なんとタイプにゴーストタイプが追加されており、マーシャドー以来かつ一般枠では初の格闘・ゴーストの複合に変化した。

過去の図鑑説明から誤解してしまいそうになるが、憤死してこうなったわけではなく、殻である肉体を半分だけ脱ぎ捨てた姿とのこと。言わば生身幽体離脱の性質を両立し続け、生きながらにして霊体としての力を振るうイレギュラーな存在となっている。


なお、ゲームシステム上「ひかえめ」「おだやか」「のんき」といった温厚な性格のコノヨザルもしっかり存在する。

どのポケモンにもいえるが、種としてすさまじい怒りのエネルギーを持つものの、個体ごとの差は現実でもゲームでも別である例といえる。


ゲーム上の特徴

入手条件

本作からオコリザルに追加された専用技「ふんどのこぶし」を20回以上使用してレベルアップするとすると進化する。

LEGENDSアルセウス』のアヤシシハリーマンのものとほぼ同じ条件ではあるが、ジニア先生の授業を受けていればヒントが出てくる為、新技という事もあり気づき易い。


なお「使用」さえすれば、命中しなくても無効化されてもカウントされる。そのため、手っ取り早く進化させたいのであれば、コサジの小道に出現する最低レベルのグルトンあたりに連打すると比較的楽に達成可能。


DLC追加マップ、キタカミの里ではなんと夜に野生で出現する。野生とはいえ最終進化ポケモンだけあり手強く『いのちがけ』で最悪自滅する為、捕獲の際は要注意。


性能

HP攻撃防御特攻特防素早さ合計
コノヨザル11011580509090535
オコリザル6510560607095455

新たにゴーストタイプが追加された事で、オコリザル時代から苦手としたエスパータイプに強く出られるようになった。

今までさんざん辛酸を舐めさせられてきた怒り・怨念なのだろうか?


特攻と素早さがオコリザルより下がった以外は能力が軒並み上昇し、特にHPは大きく上昇した。

また、幻のポケモンであるビクティニを抜き、最もHP種族値の高い「いのちがけ」使いでもある。HP種族値が110以下のポケモンは先制されるとワンパンされると言えば、その恐ろしさが分かるだろう。


専用技のふんどのこぶしは通常だと50しか威力が出ないが、攻撃を受けた回数につき、威力が50ずつ上がる。

しかも、交代しようが瀕死になろうがバトルが終わるまでカウントは引き継ぎでありさいきのいのりで復活させてまたカウントの貯まったふんどのこぶしで殴るといった使い方が出来る。ビルドアップで先に積んでから、相手に攻撃させて威力を上げるという戦法も可能。どうやらこのお猿さんは死んでも恨みは晴らす性分のようである。

…ただし、当然ではあるがコノヨザル本人で攻撃を受けないと意味が無い点には注意。たとえさいきのいのりで復活したとしても復活してすぐの時点での体力は最大HPの半分なので、必ずしも「1回は復活できるからここで瀕死になってカウントを引き継いでもいい」とは言い切れない。

かくとうタイプ側はインファイトを覚えるが耐久寄りなステータスのコノヨザルとはミスマッチ気味なため、ドレインパンチクロスチョップのほうが優先されるだろう。


サブウェポンはひこうタイプ対策にいわなだれストーンエッジ、フェアリー対策にダストシュートなど。もし、これらの技を外してもじだんだを採用しているならば、そちらの威力が上昇するメリットがあり、ついでに地面枠も補える。

3色パンチ(特にネタ的な意味でかみなりパンチ)、タネばくだんげきりんふくろだたき(タマゴわざ)なども習得できるので対抗できるタイプが意外と多く、ストーリー攻略では活躍してくれるだろう。


テラスタイプはゴーストタイプミラーマッチに強いノーマル、フェアリー対策のはがね、はがねテラスタルを狙う役割破壊を避けるどく、この辺が目ぼしい所。

他にも物理アタッカーなので、やけど阻止で炎タイプにテラスタルすることも選択肢に入る。


なお、ゴーストタイプ追加により元のタイプのままのろいを発動するとゴーストタイプ版(自分のHPを半分削るタイプ)になってしまうので、オコリザルの時とは勝手が違う事を覚えておこう。


SV発売早々、H110とS90を活かした「こだわりスカーフ」を持たせた「いのちがけ」型が注目された。HPに努力値を236振ればH252カバルドンをワンパンできるのも大きかった。H252型の場合、「ステルスロック」と「すなおこし」のスリップダメージ込みならでH252ヘイラッシャも確定1発となる。


ランクバトルシリーズ1シーズン1が始まると「たべのこし」を持った「ビルドアップ」型が流行。特にオーロンゲドラパルトの壁でサポートした型が強力。

勿論「いのちがけ」型も強力。オーロンゲを貼る前に「いのちがけ」で処理し、両壁の内貼っていない方の物理・特殊区分でそのまま攻めるというゲーム運びもある。「いのちがけ」型の場合は「こだわりスカーフ」の素早さ補正の乗った「とんぼがえり」で交代し、のこのこ出てきた対コノヨザル用のポケモンに有利なポケモンを出して出し勝ちするプレイングもできる。


その後「いのちがけ」でもSを削って耐久に回した汎用性やりサブプランに寄せたりした型、「ステルスロック」「でんきだま」「なげつける」型、耐久を捨てた「きあいのタスキ」型、「アンコール」ハメ型、パオジアンの「つららおとし」やイーユイの「あくのはどう」の追加効果に強い「せいしんりょく」型など、様々な型が開発された。


なお、単純な「たべのこし」「ビルドアップ」型は「ちょうはつ」や「トリック」、「ねむり」以外の状態異常で対策できるということで、少しずつ減っていった。

シリーズ4でれいじゅうランドロスが解禁されると、彼の「いかく」に対応した「まけんき」型が増加。

シリーズ5のインフレ環境になると数値を増強した「とつげきチョッキ」「ドレインパンチ」型が流行。HSベース「いのちがけ」ハイブリッド型にして雑に切るケースもままあり、全体的に耐久を過信しない構成・プレイングが主流に。

藍の円盤で「がむしゃら」を獲得。元々「ふんどのこぶし」でダメージソースは事足りているが、ノーマルテラスタル対策かつ「きあいのタスキ」型には上々な選択肢である。


ダブルバトルでも居座り耐久型として環境で使われ、特に初期環境ではイッカネズミイエッサン♀といった「このゆびとまれ」サポーター、モロバレルのような「いかりのこな」(偶にウルガモスもいかりのこなを使う)サポーターと組むことが多い。 一番強力な動きはイッカネズミの「ふくろだたき」で一気に「ふんどのこぶし」の威力を250まで上げつつ攻撃を「じゃくてんほけん」で2段階上昇させることだろう。まぁ実際は「じゃくてんほけん」までは持たせないで、テラスタイプも晴れパ対策のほのおや雨パ対策のみずでも選べば十分だが。


レギュレーションCになると追加された四災に「ふんどのこぶし」が通りにくくはあるが、「ドレインパンチ」が通りやすく、ディンルーパオジアンと相性が良い他、お供のイッカネズミ共々一致抜群を突かれないと、総合的には強化されている。


総じて、優秀なタイプとステータスを手に入れたことで、オコリザル時代からの器用さを満遍なく活かせるようになった形である。


テラレイドバトルでは

レイド攻略用ポケモンとして

前述の通りマーシャドー以来、一般ポケモンとしては初のゴースト・かくとう複合というだけあってわざの通りが非常に良く、相手が単タイプ固定のテラレイドバトルではメインウェポンのどちらかがほぼ必ず等倍で通せるため、レイド攻略の汎用アタッカーとしても有力(ただしきよめのしおキョジオーンには注意)。

特性を「やるき」にすれば「あくび」や「キノコのほうし」等でねむり状態にしてくる相手にも強く出られる。隠れ特性「まけんき」はデバフを撒いてくる相手に有効だが、個体の用意に手間がかるのがネック。

積み技がビルドアップくらいなため速攻向きではないが、「いやなおと」、「ドレインパンチ」、「ちょうはつ」、「きあいだめ」といったレイドで有用な技は一通り覚え、いざというときには「ふんどのこぶし」での一発逆転も狙える。被弾による「ふんどのこぶし」の威力上昇はひんしになってもリセットされないので、レイド終盤にもなればほぼ最大威力になっている。

★5はもちろん、大半の★6でソロ攻略が可能で、★7適性も(相手にもよるが)比較的高いスパイステラピース集めにレイド周回をするなら、攻略用に1匹育てておいてまったく損はない。

同じくソロ周回に向いているかくとうタイプであるテツノカイナと比べると、瞬間火力では劣るものの、安定性に関してはこちらの方がやや分があると言えよう。加えて、すばやさが高く補助技も多く覚えられるので、相手の変化技を妨害したり、デパフを掛けたりと、攻撃以外に色々と小細工ができるのもテツノカイナにはない利点と言える。

テツノカイナとは異なり両方のバージョンで入手可能なので、入手難易度がそこまで高くないのも嬉しいところ。ただしDLCがない場合ゴーストテラピースを要求される場面はある。


レイドボスとして

味方につけても強力な分、レイドボスとして出てくるコノヨザルも強力を通り越して凶悪

★5でも頭一つ抜けた強さを持つが、★6は問答無用の最高難易度である。


★6の構成は「インファイト シャドークロー ダメおし きあいだめ 特性まけんき固定」、特殊行動として「ビルドアップ(序盤・終盤)」と「ふんどのこぶし(終盤)」。

かくとう・ゴーストの強力な一致技を持つだけでなく、あく技ダメおしヒスイゾロアーク対策も完備。このため、全ての攻撃を半減以下で受けられるポケモンは不在

特性「まけんき」も危険で、デバフをかけると唯でさえ高い火力が大幅に上昇する。特にソロの場合NPCのポケモンの「いかく」や「マッドショット」などでも発動してしまうため、対策しないと常にこの特性の脅威に晒される。

そして、意外に知られていないが最も危険なのは「きあいだめ」である。急所命中時は自分の火力デバフおよび相手の耐久バフを完全無視するため、よしんば特性を変えることができたとしても「きあいだめ」を使われるとこうげきデバフは殆ど意味を成さない

このため、安定してクリアしたければ(※)、

のどちらかが必要となる。


(※)あくまで「安定して」クリアしたければの話であり、テツノカイナなどで運任せかつゴリ押しのソロ攻略も不可能ではない。後述のポケモンたちを育成するのが面倒くさければ、NPCにいかく要員が居ないかどうかだけ確認してから試しに一度挑んでみてもいいかもしれない。


アタッカーとしての最安定はタイレーツが挙げられる。

特性「カブトアーマー」で一切急所に被弾せず、「まけんき」が発動したとしても「てっぺき」が入ればそうそう倒されることはない。「くさわけ」を入れて先手で「てっぺき」を使えるようにするとなお安定。攻撃は「ボディプレス」で行う。

問題は相手がゴーストテラスタルの場合手も足も出ないことか。半減相性程度なら粘り勝ちできなくはない。

他にもピンポイントな調整をすればニンフィアデデンネなどでもそこそこ安定したソロ攻略が可能だが、「きあいだめ」を止められないため安定感は劣る。


碧の仮面』が配信されて以降はドダイトス最安定となった。

特性「シェルアーマー」で攻撃が急所に当たらず、「なやみのタネ」でコノヨザルの特性書き換え、「くすぐる」での「ビルドアップ」打ち消し、コノヨザルの攻撃を安定して受けきれる物理耐久と、コノヨザルキラーと言える能力が多数揃っているのである。

攻撃は「ギガドレイン」がメインとなる。このためドダイトスを特殊特化型に育て、「ギガドレイン」のPPを最大まで増やしておく必要がある。ドダイトスの種族値では大した火力が出ないと思われがちだが、ドダイトス相手だとコノヨザルは「インファイト」を連発するのでこちらは何もせずともどんどん特防が下がっていき、「メトロノーム」を持たせた「ギガドレイン」の連発でPPが切れるまでに(くさ技が通りづらいテラスタイプであったとしても)十分に削りきれる。当然テラスタイプは草一択で、「ギガドレイン」の火力を底上げする。

難点としてはSV内ではキタカミの里ジニア先生からタマゴを貰うか、『藍の円盤』のリーグ部で開発を行うか、そうでなければ交換で別の誰かから譲ってもらうかしなければ入手ができないこと、「シェルアーマー」が隠れ特性なのでとくせいパッチが必要なこと、「なやみのタネ」と「くすぐる」が遺伝技なので、技を覚えさせるのに少々手間がかかることか。過去作から持って行くのもあり。


サポーターとしてはヤレユータンが最有力。

複合タイプにより「シャドークロー」を無効、「インファイト」を等倍で受けることができ、「リフレクター」によりダメージを更に半減可能。悪技の「ダメおし」は弱点だが、基本威力が低いため弱点を突かれても威力120と一致「インファイト」以下であり滅多に使用してこない。

「きあいだめ」や「ビルドアップ」は「ちょうはつ」を撃つことで、特性「まけんき」は「スキルスワップ」で特性を交換することで封じられ、「ひやみず」により攻撃を下げることで味方が安定して戦えるようになる。バリアを張られてデバフ解除が見えたら奥義「かえんだま」+「なげつける」をお見舞いしよう。

ヤレユータン自体の攻撃性能は低いが、専用技の「さいはい」により味方のアタッカーを再行動させることで実質的な火力要員にもなれる。

このように諸々の要素がコノヨザルに対して非常に相性が良く、野良レイドでも1匹ヤレユータンがいれば成功率が格段に上がる。

注意点としては物理耐久はさほど高くはない点と、素早さが低いため努力値をきちんと振らないと「ちょうはつ」を撃つ前に「きあいだめ」をされる可能性がある点、そして最初のターンに誰よりも先に「ちょうはつ」を使わないと意味がないという点。

また、周囲の味方が特性を理解しておらず、スキルスワップを使う前にデバフを使うことで「まけんき」が発動してしまう可能性もある。

いずれにせよ、★6コノヨザルに対する知識を持った味方が揃わないと安定攻略は難しいだろう。

ちなみにゴルダックでも似たようなことができるのは覚えておくと良い。


あまりの暴れっぷりに発売当時Twitterでは「最強は星7の連中じゃなくてコイツ」「なんなら星10くらいはある」など、対峙したプレイヤーによる「憤怒」の声が溢れた。現在では安定して攻略可能なポケモンがいくつか考案されているので、今や過去の話ではあるが。

ちなみにこんなぶっとんだ難易度にもかかわらず、あくまで1レイドボスなので報酬アイテムは普通の設定であり、スパイスを入手できる確率も低め。割に合わないと感じたら挑戦を回避するのも手である。


使用トレーナー

Eri and Annihilape


初戦闘時はカーフ・スターモービルが切り札だが、再戦時はコノヨザルが切り札となる。カーフ・スターモービルの暴れっぷりに隠れがちだが、こちらもエスパータイプの弱点を突けるかくとうタイプということで中々の強敵となっている。

ちなみに、ビワは再戦時に新たに進化前のオコリザルを先鋒で起用するという珍しいNPCでもある(それぞれのタイプで系統が充実した近年の作品で、強化後のNPCが進化前を使うケースは極稀)。


ポケモンGO

2024年1月19日から実装。


進化条件

進化条件は「オコリザルを相棒にした上で、エスパータイプまたはゴーストタイプのポケモンを30匹倒す」こと。

倒す方法は伝説レイドやメガレイド(実装タイミングでは丁度メガチャーレムが出現している)、各地のジムトレーナー戦、GOロケット団戦、PVPなどで行える。

ちなみに相棒にしたオコリザルでエスパーやゴーストタイプのポケモンに勝つ必要は無い

このため直接戦わせることは避け、エスパーやゴーストと相性の良いゴーストやあくタイプのポケモンに同行させて数を稼ぐ方が早いだろう。

……問題はこの中で最も撃破数を稼ぎやすいジムトレーナー戦にてエスパーやゴーストタイプのポケモンが置かれている事が少ない事だろうか。ジムバトルでは主にこのポケモンが置かれる事が多く、その分枠が減るため。もっとも、エスパータイプのポケモンに関しては、ヤドランメタグロス等ジム防衛に充てられる種がそこそこいるため、頑張って歩き回れば意外と何とかなることもある。


性能

習得するノーマル技はけたぐりカウンター、ゲージ技はローキックインファイトつじぎりれいとうパンチシャドーボール


ノーマル技にゴースト技がなく、かくとう技も「カウンター」は良いとして、ゲージ技は癖の強い技ばかりであるためアタッカーとしての使い勝手はイマイチだが、ジム防衛要員としては高耐久ゴーストタイプであるためかなり優秀。

まずゴーストタイプゆえカイリキー等かくとうタイプの技を大きく軽減でき、ルカリオテラキオンには一致かくとう技で弱点も突ける

かといってバンギラスサザンドラを出すと一致かくとう技で弱点を突かれメタグロス相手も「シャドーボール」持ちだと返り討ちにされる危険性を秘めている。

フェアリータイプ相手は有効打がないので厳しい……と思いきやサーナイトには「シャドーボール」、トゲキッスには「れいとうパンチ」で抜群が取れるため攻防共に隙が無い。

ただし、ゼルネアスザシアンは技開放をさせてもさすがに厳しい。


なお、現時点では専用技の「ふんどのこぶし」は未実装である

コノヨザル系統が2進化型のポケモンであることも踏まえると、今後コミュニティ・デイ等のイベントで限定技として解禁される可能性があるが、果たして…。


アニメ版

放課後のブレス

  • ビワのコノヨザル

余談

名前の由来

  • 名前の由来は『この世』と『猿』。図鑑の説明から「この世に在らざる」、ゴーストタイプが追加されている事から「この世去る」や「ヨザル」(中南米に住む猿の仲間)とも掛かっているのかもしれない。
  • ドイツ語名の「Epitaff」は「Epitaph」(墓碑銘)+「Affe」(猿)の組み合わせであり、日本と同様にゴースト要素が押し出されているネーミングである。
  • フランス語名は「Courrousinge」。これは「courroucé」(激怒)+「Singe」(サル)の組み合わせであり、進化前の日本語名とあまり変わらない。
  • 各国のネーミングで最も物騒だと言えるのは英語名の「Annihilape」で、annihilation(絶滅)+ape(類人猿)の組み合わせになっている。おそらく一族郎党絶滅させるという強い怒りの表れなのだろう。

偽の姿

SV発売前にオコリザルの進化形として、オコリザルが髭を貯えたような姿のリーク画像が出回ったが、こちらはガセポケであるため注意。


最後のポケモン

有志による開発コードの解析の結果、コノヨザルは「スカーレット・バイオレット」で初登場したポケモンの中で最後に開発されたことが判明した。

そのため、開発コード順=全国図鑑番号順という誤った情報が出回っていた時期(詳しくはこちらを参照)には「最後がコノヨザルなのは、初代『ポケモン言えるかな?』へのオマージュ(進化前のオコリザルが最後に登場するポケモンだった)だから」という憶測もあった。


関連イラスト

Annihilape棄世

🦍👻コノヨザル💢💢💢コノヨザル


関連タグ

ポケットモンスター ポケモン ポケモンSV

ポケモン一覧 かくとうタイプ ゴーストタイプ

マンキー オコリザル


0978.シャリタツ0979.コノヨザル→0980.ドオー


アヤシシハリーマン:同じく特定の技を複数使用する事で進化するポケモン


同複合タイプ

マーシャドー


第9世代追加進化

NoポケモンNoポケモン
0057オコリザル0979コノヨザル
0194パルデアウパー0980ドオー
0203キリンリキ0981リキキリン
0206ノコッチ0982ノココッチ
0625キリキザン0983ドドゲザン
0840カジッチュ1011カミッチュ
0884ジュラルドン1018ブリジュラス
1011カミッチュ1019カミツオロチ

その他

関連記事

親記事

オコリザル おこりざる

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 767093

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました