ピクシブ百科事典

カバルドン

かばるどん

カバルドンとは、『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)の一種である。
目次[非表示]

基礎データ

ずかんNo.450
英語名Hippowdon
ぶんるいじゅうりょうポケモン
タイプじめん
たかさ2.0m
おもさ300.0kg
とくせいすなおこし / すなのちから(隠れ特性)


進化

ヒポポタスカバルドン

こんにちは



概要

ヒポポタスの進化系。
四天王キクノの切り札。
♂♀の違いが何故か色合いにまで及び、♂は全身茶色、♀は妙に黒いまっくろカバさんで、初めて両方の性別を見た時色違いかと疑った人も多いだろう。
背中の穴から砂が出ている。この穴が沢山あったら蓮コラネタにされていたことだろう。

今までのポケモンは図鑑の「○○○○○ポケモン」という分類も5文字という制約があったのだが、このポケモンは「じゅうりょうポケモン」
記念すべき図鑑の分類で初めて6文字を使ったポケモンである。

目つきが鋭くなり、気性が荒くなった。
大きな口の大きさは直径2メートル。
口を開けて自らの強さをアピールしたり、そのまま自動車をペチャンコに噛みつぶしたりする。
体内に砂を溜めており、戦いになると砂を穴から吹きあげたり、竜巻を起こして攻撃する。
だが「たつまき」は覚えない。

性能

防御力が高く、次いで攻撃・HPが高いが、素早さはかなり低い重戦車型ポケモン。

特性はバンギラスと同じすなおこし。
いわタイプではないため、とくぼうが1.5倍にはならないが、かくとうが4倍弱点のバンギラスと比べると即死することが少ない。
硬い上に一撃必殺の「じわれ」を持つだけでなく、優秀な積み技や回復技も持っているナイスカバ。タイプ一致の「じしん」も十分な火力が出せる。

登場した第4世代ではフラットルールが適用されない場合バンギラスに代わるポケモンとして「砂嵐パーティ(砂パ)」の機動役を任されることが多かった。
ただしそれもどちらかといえば持久戦主体で、バンギラスが本格解禁されると下火になってしまった。
だが続く第5世代では「ステルスロック」や「あくび」のサポート性能が買われ、新登場したドリュウズのサポート役という新たな仕事を見出したことで一躍有名になり、カバドリュの名で一世を風靡した。
一転第6世代では天候継続が5ターンまでに縮められたことで、ドリュウズとのコンビは解消され代わってルカリオメガルカリオカイリューなどと組むようになった。

第7世代では、コータスギガイアスをはじめとした天候始動特性ポケモンが増加、あくび自体を封じるフィールドを発動させるカプ・コケコカプ・レヒレの登場とやや向かい風。
しかし持ち前のポテンシャルの高さは健在で、相方として採用されていたリザードンドリュウズの躍進もあって以前よりシングルバトルでは出番を増やしている。
ガブリアスがフェアリータイプ中心環境で採用率が落ち、新たなじめんタイプとして採用されている。

こいつに言えた事じゃないが自慢の耐久もZワザで突破されるので注意。


なお隠れ特性は「すなのちから」である。
基本的に採用はされないが、バンギラスなどと組みカバルドンの方が攻撃役になる場合役に立つだろう。

関連イラスト

【ポケモン架空動物化】カバル首領
寄生



関連タグ

ポケットモンスター ポケモン ポケモン一覧 カバ
すなおこし仲間……バンギラス ギガイアス

pixivに投稿された作品 pixivで「カバルドン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 74199

コメント