ピクシブ百科事典

ドードー

どーどー

ドードーとは、『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)の一種である。
目次[非表示]

かつて実在した絶滅動物をお探しの方は「ドードー鳥」タグを参照のこと。

基礎データ

ずかんNo.084
英語名Doduo
ぶんるいふたごどりポケモン
タイプノーマル / ひこう
たかさ1.4m
おもさ39.2kg
とくせいにげあし/はやおき/ちどりあし隠れ特性


進化

ドードードードリオ

母子



概要

頭が二つのダチョウのような姿のポケモン。
初代ポケモンは前衛的なデザインのポケモンが多く、ポケモンという存在の設定もかたまっていなかったのか突然変異種として扱われている、元の生物はドードー鳥というよりも、ダチョウではないかと思われる。名前の由来も「童童」からか。
左右の頭は基本的に同じ脳みそを持っているが稀に違う脳を持っているらしい。双子のようなものなのだろうか。ちなみにダチョウの脳みその重量は眼球よりも軽い。
お互いの脳自体は分離しているがテレパシーのようなものでつながっているらしく、片方が眠っている時は片方の頭は起きて、周囲を警戒している。
見晴らしのいい草原に生息、10センチの深さまでに大地を踏みしめる事で驚異的なスピードを出す事が出来、ライドポケモンとしても優秀なようで、ポケモンレンジャーではキャプチャ・チャレンジの乗り物として登場する。
進化すると首が増えて(黒→黄)ドードリオとなる。

ドドすけ!



漫画ではポケットモンスタースペシャルのコミックでイエローの持ちポケモンとして登場した。

じめんタイプのわざを受け付けないれっきとしたひこうポケモンなのだが、羽らしい羽は見当たらない。
一応図鑑には「羽根は短く空をとぶのは苦手」とあるので一応羽根もあるし(技的な意味ではなく)ちゃんと飛ぶことも出来る。もちろんそらをとぶだって使える。
が、その短いながらに存在するらしき羽根の姿を公式に見たものは誰もいない。

センシティブな作品



ちなみに、「ポケモンGO」ではサービス開始当初、異常に出現率が高いことで有名だった。どれくらいかというと、ポッポビードルコラッタ等と肩を並べるほどだったと言えばなんとなく察しがつくだろうか。ただ、開発側もさすがにこれはおかしいと判断したのか、現在は「やや出やすい」程度に出現率が下方修正されている。

対戦関連

ORASトリプルバトルにて、ドドドードドードドードードー/ドーブル/ドラミドロ/ドサイドン〉という一定の成果をあげた構築(詳細)が作られ、レベル1のドードーはがむしゃら+くろいきり要員として活躍した。

関連イラスト

ドードーさん
特等席



関連タグ

ポケモン ドードリオ
 ダチョウ
絶滅動物 ドードー鳥 ディアトリマ
ジヘッド:二つ頭仲間。
ヤマタノドー:ネタポケ。
共命鳥(ぐみょうちょう):仏教説話にある二つ頭の鳥。

姿形は違うけど


ドードー(けものフレンズ) 同じ名前で一緒に描かれることもある。

関連記事

親記事

鳥ポケモン とりぽけもん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ドードー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1971175

コメント