ピクシブ百科事典

ハトーボー

はとーぼー

『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)の一種である。
目次[非表示]

基礎データ

全国図鑑  No.519
イッシュ図鑑 No.025
英語名 Tranquill
ぶんるい のばとポケモン
タイプ  ノーマル / ひこう
たかさ  0.6m
おもさ  15.0kg
とくせい はとむね / きょううん / とうそうしん(夢特性)


※はとむね:相手に「ぼうぎょ」を下げられない
※きょううん:自分の技が急所に当たりやすい
※とうそうしん:性別が同じ相手に対しては技の「いりょく」が1.25倍に上がる。
        違うと技の「いりょく」が0.75倍に下がる。性別不明の場合には変わらない


進化

マメパト(Lv21) → ハトーボー(Lv32) → ケンホロウ

マメ・ハト・ケン・ケン


容姿

ハトーボーさん



の姿をしたポケモン
進化したことで、頭身が上がりスラっとした体型になった。
目つきは凛々しく頼もしくなった。
体色は基本的には灰色で、黄色などはである。

解説

ブラック・ホワイト』(第5世代)で初登場したポケモン。

野生でも出現するほか、マメパトLv21になると進化することが出来る。

ハトーボーはどんなに遠くは離れていても自分のトレーナーの元に必ず戻ってくることが出来る。
また、ハトーボーの住むの奥には争いのない平和な国があると信じられている。

以上のように、ポケモン図鑑では伝書鳩「平和の象徴」としての
鳩のイメージを書いた内容となっている。

ちなみにハトーボーまでは鳩の容姿をしているが、
ケンホロウは、鳩というよりは(きじ)の姿に近い。
同じ鳥ポケモンであるムクバードとムクホークと似た関係といえる。

ゲーム上での特徴

進化前よりも平均的にステータスが上昇している。

しかし、途中進化にも関わらず進化レベルが21と非常に遅く、一進化だからとはいえ最終進化系のヨルノズクより遅く、オオスバメともそう変わらない。
さらに別に進化して特攻が上がったな訳でもないのに覚える飛行技も相変わらず特殊技だらけ(というか自力で覚える飛行物理技はレベルを50以上上げてようやく覚えるゴッドバードしかない)で非常に使いづらい。止めにその特殊技も微妙に命中率100ではないため物理技よりも安定しないというイライラ感も募りやすい。はっきり言って旅パにこいつをずっと連れて行くのは苦行以外の何者でもない。
後輩のようにせめて早い段階で足りない技を補完出来るわざマシンやひでんマシンが入手出来ればまだ救いようがあったが、おそらくこいつに最も求めているであろう「そらをとぶ」「つばめがえし」が入手出来るのは6番目のジム前後とかなり遅い。
圧倒的な技不足と無駄に遅い進化レベル故に他の序盤鳥より育てるのは一入苦労するくせに、その努力が報われる事は一切ないというあまりに理不尽なポケモンである。このため、旅パで使用してきたプレイヤーからは大体ここで進化する辺りから戦力外通告されて見限られる事が多い。

その一方早い段階で「みきり」「ちょうはつ」を習得するため、相手にすれば勝ち負け関係なくプレイヤーのストレスを貯蓄してくるなかなかうざい相手だったりする。

使用トレーナー


関連イラスト

フユタくん
ビジネスマンのヒロナツ



関連する項目

ポケモン ポケモンBW イッシュ
ポケモン一覧 ノーマルタイプ ひこうタイプ

pixivに投稿された作品 pixivで「ハトーボー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 364020

コメント