ピクシブ百科事典

ピジョット

ぴじょっと

ピジョットとは、『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)の一種である。
目次[非表示]

基礎データ

ずかんNo.018
英語名Pidgeot
ぶんるいとりポケモン
タイプノーマル / ひこう
たかさ1.5m
おもさ39.5kg
とくせいするどいめ / ちどりあし / はとむね(隠れ特性)

※するどいめ:相手のわざや特性で命中率を下げられなくなる。また、相手の回避率を無視して攻撃できる。手持ちの先頭にいると、レベルが低い野生ポケモンが出現しにくくなる。
※ちどりあし:こんらん状態のとき、回避率が1.25倍になる。
はとむね:相手のわざや特性でぼうぎょを下げられなくなる。

進化

ポッポピジョン(Lv.18) → ピジョット(Lv.36)

鳩ポケ



メガシンカ

メガピジョット

メガピ



概要

第一世代からの古参。空をマッハ2で羽ばたくことで有名なポケモン。
ちなみに各バージョンごとの図鑑説明では他にも
「エサを探す時は水面すれすれを滑るように飛び、コイキングなどを鷲掴みにする」(青・LG・X)とか、
「ずば抜けた視力を持ち、高度1000メートルからでもはねるコイキングが見える」(クリスタル)とか、
「ピジョットが力いっぱい羽ばたくと、大木もしなるほどの強風を巻き起こす」(DPt・BW・BW2)とか書かれている。
図鑑の解説状、現在までにピジョット以上のスピードを誇る鳥ポケモンは存在していない(カイリューはドラゴンポケモンなので除外)。

デザインの良さ、そして何より多くの人が物語初期に捕まえ、最後まで連れて歩くことが少なくないため人気の高いポケモンである。

名前の由来はピジョン+ジェットだと思われる。

ゲームにおけるピジョットの性能

進化前のポッポピジョンは腐るほど野生で見かけるが、ピジョットはどの地方(歴代シリーズ)でも野生の個体は存在せず、進化させての入手となる。
何かしらとがった能力のある序盤鳥の中では横並びなステータスを持っており、器用貧乏だと言われている。図鑑ではマッハ2で飛ぶと説明されている素早ささえ91しかない。まあマッハ2まで到達するのに時間がかかるからだろう。
ひこう / ノーマルの中では比較的耐久力があるが、耐久型をやろうものならトゲキッスの劣化になるためやはり不遇。特性もどちらも死んでいる。
一応同タイプでは唯一の「ぼうふう」使いであるため、差別化を意識するならこの技を主軸にしていった方がいいだろう。

第六世代ではするどいめの効果がちいさくなるなどの相手の回避率を無視する効果が追加され、素早さが101に上昇、ORASではさらにメガピジョットにメガシンカするなど徐々に強化されている。

アニメのピジョット

サトシが無印編第3話ピジョンの時にゲットされ、その後ピジョットへと最終進化を遂げる。ちなみに第1話でポッポをゲットしようとしていたが、失敗している。
CVは林原めぐみ。タケシからは「素直な良い子」と言われていた。
第1世代には性別概念、性差による外見の違いがなかったので、性別は不明。
オレンジ諸島編第1話でサトシとピカチュウを襲撃したオニスズメがオニドリルへと進化し、森のポッポ達を襲っていたことがわかり、ポッポ達を守るため、サトシの手持ちから離れた。
この時「迎えに行く」とサトシが発言しているのだが、1999年1月28日の放送(テレ東系列)以来ずっと実行されていない。そのため古参視聴者からは「早く迎えに行ってあげて」という声もちらほら上がっていたりする。
このシーンはアニメフィルムコミックだと別の台詞に修正されており、現在は完全に野生に帰ったという扱いになっている。
DPの映画にて、予告詐欺が発動。ピジョットの登場を期待したファンを再度絶望させた。

関連イラスト

ハヤト
ピジョット



主な使用トレーナー

グリーン(金銀HGSS)
ハヤト(HGSS / 再戦後)
サトシ(アニポケ)

関連タグ

ポケモン一覧 ノーマルタイプ ひこうタイプ
ポケモン RGBP FRLG
ポッポ ピジョン メガピジョット

アジ アジョット

鳥ポケ仲間

オニドリル ドードリオ ヨルノズク
オオスバメ ムクホーク ケンホロウ ウォーグル カモネギ

pixivに投稿された作品 pixivで「ピジョット」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1020271

コメント