ピクシブ百科事典

メガピジョット

めがぴじょっと

ゲーム「ポケットモンスター」シリーズに登場するポケモン。ピジョットがメガシンカした姿。
目次[非表示]

データ

ずかんNo.018
ぶんるいとりポケモン
タイプノーマル/ひこう
高さ 2.2m
重さ 50.5kg
とくせいノーガード


概要

とりポケモン・ピジョットがメガシンカした姿。
スピアー共々、古参ポケモンのメガシンカということで驚愕したファンも多い。
また最序盤出現のポケモンとしては初のメガシンカとなった。

メガシンカする事でトサカは全体的に短くなったが、内1本だけはより長くなり、その伸びたトサカは飛行を安定させる為のアンテナの役目を果たす。
さらに筋力が強化された影響で身体も屈強なものに変化し、その翼から巻き起こる突風は巨木をも一撃でへし折ってしまう。
なお羽の色が一部変色したのは、羽に渡る栄養バランスが変化したため。

先駆者の憂いというかシリーズが進みにつれて強大な後輩たちが登場し、これといったセールスポイントはなかった状態が続いたが、これで晴れて古参としての威厳が保たれるであろう。

ゲームでの性能

HP攻撃防御特攻特防素早さ合計値
ピジョット8380757070101479
メガピジョット83808013580121579
メガシンカ前との比較±0±0+5+65+10+20+100


特攻が大幅に上昇。その上昇値は何と+65
これにより、メガシンカ前提ではあるものの序盤鳥初の特殊型となった。
素早さも121まで上昇し、霊獣トルネロスに並ぶ数値になった。ただ、ゲッコウガに僅か1足りないと言う嫌がらせもあるが。
反面防御面は本当に心持ち程度にしか上がっておらず、防御に至っては何と+5。上がらないよりはマシとは言え、何か寂しいところがある。

特性は「ノーガード」に変化する。
ピジョットの場合は「ぼうふう」が雨状態でなくとも必中となり、十分な差別点となりうる。
特性を有効活用できる技はこれ位ではあるものの、「ノーガード」には相手が防御技を使わない限り必中と言う効果もあり、高命中の技も安定して当てる事が出来る為、決して「技の命中率が高いから特性が腐る」と言う事は無い。

ただ、ピジョットはとにかく特殊技に恵まれないと言う、特殊型にするには致命的な欠点がある。
習得できる特殊ノーマル技は僅か4種類。しかもどれもこれも癖が強く、場面を選ぶものばかり揃っている。
他の特殊技も「たつまき」「めざめるパワー」「ねっぷうしかない。せめて「きあいだま」でもあれば…。
飛行タイプ自体の通りが良いのがまだ救いか。

また、特性の弱点として相手の技が必中になる点も注意が必要。特に「ストーンエッジ」「ふぶき」「かみなり」と、低命中の技にはピジョットの弱点を突ける技が多い点も逆風となる。
まもる」→「オウムがえし」のコンボも良いのだが、メガピジョットが先手を取らないとコンボが成り立ちにくいのでやはり浪漫か。
「ノーガード」であることを利用して一撃技を誘い、「オウムがえし」で瞬殺する戦法も可能だが、味方の一撃技を「オウムがえし」しても味方に飛ぶので注意。

第7世代では、混乱状態の弱体化したものの元々追加効果だよりの性能ではなかったためこの点は問題ないが、「あめふらし」を得て強力な特殊アタッカーと化したペリッパーにより、若干立場を奪われ気味。一応メガシンカによる素早さの変化が初ターンから適応されるようになったのは強化点。

関連イラスト

メガピジョット 初代風
メガピジョット


メガシンカピジョット
メガピジョ



関連リンク

ポケモン一覧 メガシンカ ノーマルタイプ ひこうタイプ
ポケモン メガシンカポケモン ORAS
ポッポ ピジョン ピジョット

pixivに投稿された作品 pixivで「メガピジョット」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 77471

コメント