ピクシブ百科事典

メガスピアー

めがすぴあー

ゲーム「ポケットモンスター」シリーズに登場するメガポケモンの一種。スピアーが「メガシンカ」を遂げた姿。
目次[非表示]

基礎データ

図鑑No.015
分類どくばちポケモン
タイプむし/どく
高さ1.4m
重さ40.5kg
特性てきおうりょく


概要

どくばちポケモン・スピアーがメガシンカした姿。
全体的に鋭角的かつ機械的なフォルムとなり、メガシンカエネルギーによって両手と下腹部にあった毒針が大きく成長し、両足までも巨大な毒針へと変化した事で、一見4本腕になった様にも見える。
腕の毒針は巨大なランスの様な形状となり、下腹部には両足の針と合体するための窪みが発生。更に4枚羽の上側が分割されて、より素早い飛行を可能とする6枚羽となった。

高速で飛び回って相手を襲撃し、四肢の毒針が分泌する即効性ので敵の動きを止め、遅効性だがより強力になった尻の毒針で止めを刺す。

ゲーム上での性能

HABCDS合計
スピアー659040458075395
メガスピアー65150401580145495
メガシンカ前比較±0+60±0-30±0+70+100


メガシンカしたことによるタイプの変化は無い。

ちなみにメガシンカできるポケモンの中では3番目に種族値が低い。
メガシンカ前の種族値が低い場合、何かしら特性や能力の大幅調整がかけられる事が多い。
メガクチートは特性を「ちからもち」にする事によって火力を補い、メガヤミラミは素早さを大幅に下げて他に回す事で能力値変化の合計を+100にしている。
(しかし強力な特性や素早さの低下は他のメガシンカにも見られる点ではある)

メガスピアーの場合、元々低かった特攻を-30することで、攻撃に+60素早さに+70と爆発的な上昇を見せている。
防御面や素早さが下がるメガシンカはいくつかあるが、攻撃面が下がるメガシンカは現時点でメガスピアーのみである

素のスピアーは攻撃面はともかく素早さが中途半端であった為、メガシンカによる改善は非常に嬉しいところ。第6世代からのどくタイプの地位向上もうまく後押ししている。
攻撃力150は他の火力重視のメガシンカと比べるとやや落ち着いた感じではあるが、下記の特性もあってその火力は圧倒的と言って良い

素早さも145まで上昇するのも大きく、メガスピアーが弱点を突ける相手でメガスピアーより早いのはメガフーディンデオキシス程度なので、弱点をつける相手に対しては相当優位に立てる。

その反面、特攻は15と進化前のビードル(特攻種族値20)より低くなり、特殊型は完全にネタになっている。その火力は、特性を含めた一致技ですら通常スピアーの方が高い。
しかしその特攻に魅入られ、ネタを承知で特殊型として起用するトレーナーもいるとか。


特性は「てきおうりょく」に変化する。
スピアーはタイプ一致技の火力がイマイチ(どく技は「どくづき」の威力80・むし技は「ミサイルばり」の最大威力125だが運絡み)と言うこともある為、特性との相性は非常に良い。

ミサイルばりが5回当たれば等倍でも250もの威力を発揮する為、決定力は十分高くなる。しかしそれは運絡みである為、実質威力160になる「シザークロス」や「どくづき」で安定性を狙っても問題は無いだろう。7世代では「とどめばり」が強化され、実質威力100になった。

ORASの初期環境ではポケモン界最強の威力を持つ「とんぼがえりを積んでロトムと組んだ型(所謂とんボルチェン)が主流。

以上の事から、単純なアタッカーとしてはメガシンカの名に恥じない性能を持っていると言える。

弱点は攻撃面ばかりに上昇値が振られた結果、非常に低い防御面は据え置きになっている事。
その物理耐久は攻撃特化メガクチートの「じゃれつく(半減)で軽く瀕死にされる程度。
他にも、天敵である先制「ブレイブバード」のファイアローはおろか、いのちのたまを持った攻撃特化ハッサムの「バレットパンチ」ですら確定1発にされる。
特殊耐久は低くないがHPが低い為特殊技でも呆気なく落ちかねない。
尖り過ぎた能力のせいで補強が効きづらいのがきつい。

また、物凄く覚えている技が偏りやすいという点も難点。
特性を活かす為に必須であるタイプ一致技「シザークロス」・「とんぼがえり」・「どくづき」。
はがねタイプに有効打が無い為の補完技「ドリルライナー」・「はたきおとす」。
つまりメガスピアーはやりたい事がモロバレなのである。せめて先制技でもあれば…。

そして、この超火力がほぼ特性・「てきおうりょく」に頼っている点も気をつけたい。
前述の通りスピアーは「メガホーン」や「ダストシュート」のような高威力の技に恵まれていない為、(特に物理耐久の高い相手には)思った程のダメージが入らない事も多い。
浮いているどくタイプやはがねタイプ、特にマタドガスエアームドテッカグヤなどに来られたら泣くしかない。

地を這っているどく・はがねには「ドリルライナー」があるが、技の威力不足が祟って物理耐久が高いメガクチートやドラピオン等を倒しきれない。
技の通りが悪いと感じたら、「とんぼがえり」で撤退するなどして上手くフォローしていこう。

総括すると、メガスピアーはその見た目に違わず、攻撃面・防御面・戦闘面全体が非常に尖ったポケモンである。
その尖り具合を活かしきるだけの技量もまた、トレーナーに求められていると言えるだろう。

7世代では仕様変更により、ポケモンの行動順がメガシンカ後の素早さや特性に依存するようになった。
また先制技をシャットアウトするサイコフィールドとの相性も良い。
そのため、これまでに比べればその高い素早さを活かしやすくなったと言えるだろう。

余談

メガピジョット同様、今まで知名度の高さやそのデザインから密かな人気を誇りつつも、対戦では不遇な面が目立っていたスピアー。
そんなスピアーが遂にメガシンカを果たしたことに驚愕すると同時に歓喜したファンも多い。

トキワの戦友



驚異的なまでの素早さ上昇によって、今まで散々苦渋をなめさせられてきた多くのエスパータイプ達に先制できるようになったため、スピアーファン達からは「『エスパータイプ絶対殺すマン』になれるか?」と期待がかかっている。

超えるべき壁
18年待ったぞ



関連リンク

ポケモン一覧 メガシンカ むしタイプ どくタイプ
ポケモン メガシンカポケモン ORAS
ビードル コクーン スピアー
メガピジョット - 同時期に公開されたメガシンカポケモンにして同じ初代からの古参
緋蜂アーゴヨン(色違い) - カップやきそば現象

pixivに投稿された作品 pixivで「メガスピアー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 232538

コメント