ピクシブ百科事典

とどめばり

とどめばり

ゲーム「ポケットモンスターシリーズ」に登場する技の一種。
目次[非表示]

データ

初出第6世代
タイプむし
分類物理
威力30→50(第7世代)
命中率100
PP25
範囲単体
直接攻撃×
効果この技で相手を「ひんし」にすると攻撃力が2段階(第6世代)→3段階(第7世代)上がる


概要

第6世代初登場の技。
名前通り、この技で相手をひんしにしてしまえば攻撃を2段階上げられる、と言う技。
勿論習得者は「針」を持ったポケモンが多い。
第6世代出身でこの技を習得するポケモンはいない。

前述した通り効果だけは強いこの技。
しかしその使用率は高くない。と言うかまず使われない

と言うのも、第6世代当時のこの技の威力は僅か30。とても威力が釣り合っていない。
この威力で文字通りとどめを刺さねばならず、それまでに相手を弱らせる必要があるのが難点。
自身や他の手持ちで相手を弱らせるにもその間に受けるダメージのリスクが高すぎる
4倍弱点を狙うにも特化シュバルゴですら確定1発に出来るのは草悪複合のみ(カラマネロは無理)。と言うか虫4倍が虫相手に出るなんて愚行は普通しない。
コロトックなら夢特性テクニシャンが活かせない事は無いが、XYで強化されたれんぞくぎりが壁として立ち塞がる始末。
きあいのタスキこらえるでHP1になった相手ならばとどめを刺せるが、極端に相手に依存する。
最大の問題はもっと汎用性の高いつるぎのまいの存在。あちらはタイミングを選ばない上、「とどめばり」習得者12種類(最終進化)の内7種類が習得できる(ORAS現在)…。

以上のことを考えると、非常に浪漫性が高い、と言うより高すぎて扱いに困る技になってしまっている。

みねうちと組めば良いと思っている人。
威力40と威力30の組み合わせでちまちまやっている間にやられますよ?

とはいうもののこんな使い方もあったりする。

あまりに使い勝手が悪かったせいか、第7世代では威力が50に強化された。
さらに追加効果も3段階上昇に変更され、ますます浪漫度が上昇した。

ちなみに現在、この技を最も使いこなしているのは恐らくメガスピアー
メガシンカ後の特性てきおうりょくにより、実質威力100で放つ事が出来る。
・・・尤も、先制技であっけなく落とされてしまったりそもそも警戒されがちなので、やはり浪漫技である事には変わりないのだが。
しかし差別化も兼ねてか、PGLのデータにおいても(スピアーだけは)とどめばりの採用率は決して低くない事がわかる。

関連タグ

じしんかじょう ポケモン技一覧

コメント