ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

ノクタス

のくたす

ノクタスとは、『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)の一種である。
目次 [非表示]

基礎データ

全国図鑑No.0332
ホウエン図鑑(RSE)No.120
ホウエン図鑑(ORAS)No.125
パルデア図鑑No.253
ローマ字表記Noctus
ぶんるいカカシぐさポケモン
タイプくさ / あく
たかさ1.3m
おもさ77.4kg
せいべつ50%♂・50%♀
特性すながくれ:天候が「すなあらし」の時、このポケモンに対する技の命中率が0.8倍になる。いわ・はがね・じめんタイプ以外でも、この特性であれば「すなあらし」のダメージを受けなくなる。手持ちの先頭に置くと砂嵐の吹いている場所では野生のポケモンが出現しにくくなる
隠れ特性ちょすい:みずタイプの技を受けると、ダメージを無効化しHPを最大値の1/4回復する
おとしものサボネアのトゲ
タマゴグループしょくぶつ/ひとがた

各言語版での名称

ドイツ語Noktuska
英語・スペイン語・フランス語・イタリア語Cacturne
韓国語밤선인
中国語(簡体字)梦歌仙人掌
中国語(繁体字)夢歌仙人掌
中国語(大陸)梦哥奈亚
中国語(香港・台湾)夢歌奈亞

進化

サボネアノクタス(Lv.32)

無題


概要

第3世代『ルビー・サファイア』から登場したサボネアの進化系のポケモン。名前の由来はおそらくnocturne(英:夜想曲)+cactus(英:サボテン)


砂漠で暮らしている間に血液が砂と同じ成分になったということだが、その様な血液はもはや液体ではない為、かなり意味不明である。もしくはドロドロに固まる前の液体なのだろうか…。


昼間はジッと立ち尽くしているが、夜になると集団で活動する夜行性

砂漠の暑さで獲物が疲れて弱るまで追跡し続ける、あくタイプらしい生態。

旅人の後をゾロゾロつけてまわる事もあり、人間さえも捕食対象のひとつであることが示唆されている数少ないポケモン。


頭に傘を被ったサボテン人間のようなデザインが特徴的。ハロウィンのカカシイメージなのか、何処と無く顔はジャック・オ・ランタンのようである(後にそのモチーフポケモンは出てきたが)。


ゲームでの特徴

RSEORAS


DPtBDSP



HGSS

  • ジョウト地方サファリゾーンでは、もりブロックを18個設置するとサバンナエリアにLv42の個体が、みずべブロックを21個設置するとさばくエリアにLv48の個体が出現する。

ブラック・ホワイトBW2


XY


サンムーンウルトラサンムーン

  • 過去作から連れてくる必要がある。

スカーレット・バイオレット




性能

ノクタス

種族値

HP攻撃防御特攻特防素早さ合計値
70115601156055475

  • AC共に高水準な両刀アタッカー型のステータスを持つ。しかし、弱点が7つもあり、耐久値の低さもあって死にやすい。素早さも決して高くなく、闇雲に使っても高速アタッカーには勝てないだろう。

  • 火力面でもリーフストームは長い間習得させてもらえず、あくタイプならではの高威力技不足もあって確定一発にはしづらい。火力アップアイテムを持たせれば話は違うのだが、耐久力の低さを補うべく持ち物は『きあいのタスキ』になりがち。

  • この様に多数の弱みを抱えており、これをカバー出来るかがポイントとなるだろう。先に弱みを並べてしまったが、ノクタスならではの良さも勿論ある。

  • 第一にタイプ一致のくさ・あくタイプ技の他に、かくとうやどくタイプの技が揃っており、技範囲には困らない。積み技となる「つるぎのまい」と「わるだくみ」を共に覚え、両刀という事もあって耐久型には強気で攻められる。


  • 最後にタイプや特性を生かした粘りについてだが、実は半減・無効も7つあり、『きあいのタスキ』が潰されにくく、無償降臨しやすい点もある。

  • 総じて、攻撃面に特化したギャンブラー気質であり、トレーナーの読みを必要とする、いわゆる通に好まれるタイプのポケモンである。

  • ちなみに物理型となると元専用技である「ニードルアーム」を覚えさせたいところだが、常用するなら残念ながら威力で勝っている「タネばくだん」を採用することが多々なのが実情。

  • ダーテングは同タイプで種族値もほぼ同等(ダーテング:480 ノクタス:475)だが、種族値の配分や習得技などから住み分けはできている。

第9世代

  • ポケモンSVではようやくリーフストームをわざマシンで習得できるようになった。一方でタマゴ技は全て没収されている。ノクタスが何をしたというのか…。ラブカスにも同様の処置が施されているが、真面目な話をすると恐らくは設定ミスだろう。

  • しかし、対戦で流行しているヘイラッシャカバルドンウォッシュロトムに強く出れるため、活躍の場はある。狙いがピンポイントすぎるため見せ合いでバレてしまう可能性はあるが、その場合でも相手の選出を絞れる点が有効となる。

  • 攻撃は誤差レベルで勝っている程度なので優位点としては微妙で、明らかに勝っている特攻を除いて同複合タイプのマスカーニャに勝っている種族値はなく、またアラブルタケに至っては素早さ同値なものの攻撃はより高く尚且つ耐久面は物理特殊両面において大きく水をあけられている、タマゴ技没収によりタスキカウンターが使えなくなったため特殊型をベースに動くしかない。


最悪みちづれで1:1交換という選択肢もある。


  • と一応今作でもできることはあるがやはり遅すぎる素早さが足を引っ張っていて自分より遅い相手にしか役割を持ちにくい点や、今作はテラスタルによるタイプ変更が日常茶飯事な環境であるためそれによる有利不利の逆転が発生した場合も碌にダメージを出せないままペラ過ぎる耐久のせいで返り討ちに…とやはり苦しいことに変わりはない。

  • その後DLC配信後、没収されたタマゴ技が軒並み復活。カウンターも帰ってきたため、やはり設定ミスであることが判明した。代わりにドレインパンチとなやみのタネの2つはタマゴ技でも復活せず、そのまま没収となった。

使用トレーナー

ゲーム版


アニメ版


漫画版


アニメ版

アニポケサトシの旅シリーズ

ハーリー

  • ハーリーのノクタス
    • AG103話から登場したハルカのライバルであるハーリーのメインパートナー、ハーリー自身もノクタスっぽい格好をしている。
    • 初対面のハルカから「ノクタスって可愛いかも」と言われた事がきっかけで、ハーリーはハルカのことを根に持つようになった。
    • プリカ大会では登場した瞬間に会場中を黙らせる迫力で順当に勝ち進み、ファイナルステージでハルカのフシギダネと当たり戦うがフシギダネの攻撃で劣勢になる。そこでハーリーの卑怯な手でハルカを動揺させてフシギダネを攻撃させ、頭に血が上ったハルカの攻撃指示を全てかわすなど優位に立つが、サトシの言葉で我に返ったハルカの指示でフシギダネの合わせ技に打ち倒された。
    • グランドフェスティバルではハルカのポケモンを徹底的に攻撃するが、アゲハントとフシギダネの連携攻撃に敗れ去る。
    • カントーのヤマブキコンテストでは技を変えてクールに1次審査を勝ち抜いた。
    • ちなみにロケット団ムサシにハーリーと同じ匂いがするらしくムサシに抱きついていた。そしてハーリーと手を組んだムサシと一緒にカジノキ大会に出場し一次審査を勝ち抜く。
    • カントーのグランドフェスティバルではプクリンとのコンビネーションを見せ付けたが、耐久力が低いせいかゴンベイーブイのコンボ技にあっけなく倒される。
    • その後フェンネル谷のポケモンセンターに現れた時にロケット団を攻撃するのに活躍する。


漫画版

ポケットモンスターSPECIAL

  • 4章でミツルの手持ちが登場。災害によって海に流されていたキモリ(後のエメラルドの手持ち)のボールが入ったバッグを「ニードルアーム」を使って捕らえ、救出する。ミツルがセンリに「ボールを傷つかせずに必ず当ててくれる」と語る程信頼されている事がわかる。

関連イラスト

すながくれノクタス

ノクタス/Cacturneポケモンまとめ


関連タグ

ポケットモンスター ポケモン RSE ORAS

ポケモン一覧 くさタイプ あくタイプ


0331.サボネア0332.ノクタス→0333.チルット


同複合タイプ


関連ポケモン等


その他


.

関連記事

親記事

サボネア さぼねあ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 845535

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました