ピクシブ百科事典

ジャック・オ・ランタン

じゃっくおーらんたん

鬼火の様な妖怪で、悪魔と聖者を騙したジャックが、天国にも地獄にも行けず亡霊になった。
目次[非表示]

概要

ジャック・オ・ランタン【Jack-o'-Lantern】とは、アイルランド及びスコットランドに伝わる鬼火のような妖怪
"o'" は、"of" が省略されたもので、もともとは"Jack of lantern" 。つまり、"ランタン持ちの男"を意味する。

わき道、荒野、湿地などに現れ、悪戯好きで夜道を行く者をランタンで誘導し道に迷わせ、
ドブや泥沼へ誘って災難にあわせる。
普通の火の玉、または光る衣装を身に纏うカボチャ頭の男の姿をしている。

逸話

ジャック・オ・ランタンの逸話には、いくつかのバリエーションが存在する。

生前に堕落した人生を送って死んだ鍛冶屋のウィルは、死者を天国か地獄へ行くか見定める天国の門の管理者であるペトロ地獄行きを通告される。

しかし、ウィルは、言葉巧みにペトロを言い包め、もう一度人間として生まれ変わる。

ところが、第二の人生も結局は悪行三昧で、死後にペトロから激昂されて天国にも地獄にも行けず、暗い闇の中を漂う事になる。

ウィルを哀れんだ悪魔が、彼に煉獄の炎が宿った石炭を与え、これを火種にカブをくりぬき、それを入れたランタンを片手に彷徨っている姿とされる。

以上はウィル・オ・ウィスプの逸話であるが、ジャック・オ・ランタンはこの逸話の派生形である。

その昔、ジャックという舌先三寸で普段から行いの悪い鍛冶屋の男がいた。
怠け者でズル賢いジャックは、十字架を使って悪魔を罠に仕掛け、自分を地獄に落とさないと約束するまで罠の中に閉じ込めた。

悪魔はやむなく約束し、ジャックは死んでも地獄へ落ちない身となった。
死後ジャックは、天国の門の管理者ペトロを得意の話術で騙して生き返った。

やはり生き返った後も全く反省せずに性悪のままだった。

そのため、再び死んで死者の門を訪れた時にペトロからお前は天国へ行くことも、地獄へ行くこと出来ないと言われ、 冥府へ向えずに現世を永遠に彷徨い続ける事になった。

悪魔もこれを哀れみ、ジャックに地獄の業火が宿った石炭を与えた。その灯りを頼りにカブに憑依して安住の地を求め、この世を彷徨い続けている姿だともされている。

ジャックとウィル(ウィリアム)は、ありふれた名前で一般人の男を指すのによく使われる。

そのため、ある所ではジャック・オ・ランタン、ある所ではウィル・オ・ウィスプとなった。

灯具

この話がアメリカに伝わった後、カブのランタンは、移民したアイルランド人によりアメリカでの生産が多かったカボチャのランタンに変化した。

イギリスのスコットランドでは、現在でもカブの提灯をハロウィンに使う。
ハロウィンにカボチャ提灯を玄関前に提げると、魔除けになると言われている。

関連タグ

イギリスの妖怪 ウィル・オ・ウィスプ 鬼火
妖精一覧 カボチャ ハロウィン ランプ ペトロ 🎃

表記ゆれ

ジャックオーランタン ジャック・オー・ランタン Jack-o'-Lantern

関連・派生キャラクター





関連記事

親記事

ハロウィン はろうぃん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ジャック・オ・ランタン」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ジャック・オ・ランタン」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4157367

コメント