ピクシブ百科事典

ウィル・オ・ウィスプ

うぃるおーうぃすぷ

現世を彷徨う亡霊だが、なぜか光の精霊とされたりもする
目次[非表示]

曖昧さ回避

  1. 海外における伝承の一つ。本項にて解説
  2. 恋愛アドベンチャーゲーム『ウィル・オ・ウィスプ』
  3. ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」に登場する鍛冶師「ヴェルフ・クロッゾ」の使用する魔法。
  4. スーパーマリオRPG」に登場する敵専用の技。こちらは表記が「ウィルオーウィスプ」となっている。
  5. 黒い瞳のノア」に登場する、仲間化可能な敵キャラ。こちらは表記が「ウィル・ウィスプ」となっている。


概要

 ウィル・オ・ウィスプ(Will o' the wisp)の原典は、世界各地に存在する鬼火伝承の一つとされる。

 その名は「一掴みの藁のウィリアム(松明持ちのウィリアム)」という意味で、正体は、死後の国へ向かわずに現世を彷徨い続ける、ウィル(ウィリアム)という名の男のだという。
 墓場などに出没し、近くを通る旅人を危険な道へと誘うとされる。

さらに詳しくは、ハロウィンでおなじみのジャック・オ・ランタンの記事を参照してほしい。

創作での登場

Wizardryシリーズ

131 ウィルオーウィスプ/まばゆい光球


敵キャラとして登場。経験値が高い。

聖剣伝説シリーズ

光の


精霊として登場。シリーズごとに性別が異なっていて、「ウィスプ」とも言う。
聖剣伝説2では、マンモンによって黄金の塔(光の神殿)に幽閉され、金を生み出す力の源にされていた。
聖剣伝説3では、最初に仲間になる精霊として登場し、語尾に「ッス」と付けるのが口癖である。

ソードワールドシリーズ(『ロードス島戦記』など)

光の精霊として登場。

バビロニアン・キャッスル・サーガシリーズ

ドルアーガの塔」及び「イシターの復活」に登場する。
永久パターン防止キャラであり、前者は倒せず、後者でもペナルティ付き呪文が必要。

ぷよぷよ魔導物語シリーズ

Will-O'-The-Wisp


キャラクターとして登場。
年中ぼーっとしている陽気な軽い人魂であり、小さな人魂を引き連れている。イギリス生まれ。
コメットサマナーわくわくぷよぷよダンジョンSS版魔導物語では、様々な亜種が登場する。

別名・表記ゆれ

ウィル・オー・ウィスプ ウィルオウィスプ ウィルオーウィスプ
ウィル・オ・ザ・ウィスプ ウィル・オー・ザ・ウィスプ
ウィル・オ・ウィスプ ウィル・オー・ザ・ウィスプ

関連タグ

ジャック・オ・ランタン 鬼火 狐火 人魂
おにび…ポケモンの技。英語名もそのまんまWill-O-Wisp。

関連記事

親記事

鬼火 おにび

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ウィル・オ・ウィスプ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 85924

コメント