ピクシブ百科事典

最果てのパラディン

さいはてのぱらでぃん

『最果てのパラディン』とは、小説投稿サイト『小説家になろう』で連載されているweb小説である。作者は柳野かなた氏。
目次[非表示]

概要

作者:柳野かなたが『小説家になろう』にて、2015年5月から連載を開始したファンタジー小説。
オーバーラップ文庫から書籍化。既刊5巻(2022年3月現在)。イラスト担当は輪くすさが
コミカライズも『コミックガルド』にて開始。既刊9巻(2022年3月現在)。著者は奥橋睦
略称は「最パラ」などが使用されている。

転生した現代日本の青年が古代の英雄達の庇護のもとで逞しく成長し、聖騎士(パラディン)として人々の期待を一身に背負い活躍する王道ファンタジー。
なろうテンプレに則った異世界転生・最強主人公ものを踏襲しつつ、内容は至って骨太のハイ・ファンタジーに徹する作風。変にひねくれず、悩みながらも前に進む未熟な主人公の心情をじっくり描写しながら、家族や仲間達とともに強大な敵を相手取って戦う、真正面からの英雄譚を描く。

なろう作品としては珍しく主人公周りの恋愛要素が少ないことも特徴。書籍化範囲では女性ヒロインが女神以外登場しないという、驚異の男性キャラ率となっている。主人公が女神に生涯を捧げている聖職者であるため、安易に恋愛展開を持ち出せないという事情もある。

原作者である柳野かなた氏がTRPG及び古典ファンタジーのファンであることから、それらの作品群をリスペクトしたネタが作中に散りばめられている。

あらすじ

かつて滅びた死者の街――
人里離れたこの街で"生きている"唯一の少年・ウィル
彼を育てるのは三人の不死者(アンデッド)…
豪快な骸骨剣士・ブラッド。淑やかな神官ミイラ・マリー。偏屈な魔法使いの幽霊・ガス
彼ら三人に教えを受け、愛を注がれ少年は育てられる。

そしていつしか少年は一つの疑念を抱く。
「……この『僕』って、何者なんだ?」

最果ての街に秘められた不死者たちの抱える謎。
善なる神々の愛と慈悲。悪なる神々の偏執と狂気。
その全てを知る時、少年は聖騎士への道を歩みだす――

登場人物

ウィリアム・G・マリーブラッド(CV:河瀬茉希
淡い灯火に導かれて、前世の記憶をおぼろげに保ったまま転生した少年。通称ウィル。
かつての記憶から来る後悔から、物事に手を抜くことがない。三人の不死者に対して、強い尊敬と親しみ、家族愛を抱いている。

廃墟の街

ブラッド(CV:小西克幸
眼窩に青い鬼火を宿した、大柄で骨太なスケルトン
快活なうえにガサツかと思われがちだが、気配りのできる常識人。ウィルには父親や兄のように接する。マリーとは恋人同士だった。
生前は《戦鬼(ウォーオウガ)》の二つ名を持つ戦士だった。

マリー(CV:堀江由衣
淑やかで家庭的な神官ミイラ
ウィルには母親のように接し、またブラッドやガスに対しても要所で道をただす包容力を見せる。はっちゃける時もしばしば。ブラッドとは恋人同士だった。
生前は《地母神(マーテル)の愛娘》の二つ名を持つ神官だった。

オーガスタス(CV:飛田展男
半透明の青白い体を持つ、目つきの悪いわし鼻の幽霊。通称ガス。
偏屈で煙たがりだが、情に厚い一面を持つ。ウィルにとっては祖父のような存在。
生前は《彷徨賢者(ワンダリングセイジ)》の二つ名を持つ魔法使いだった。

灯火の河港

メネルドール(CV:村瀬歩
エルフ族と人間族のあいだに生まれたハーフエルフの少年。通称メネル。
弓の扱いに長けており、腕利きの狩人で、優れた妖精使い。口は悪いが仲間想いでウィルのサポートをする。

ロビィナ・グッドフェロー(CV:鈴木絵理
小人族(ハーフリング)の吟遊詩人。通称ビィ。
陽気な性格で、よくしゃべる。三弦楽器であるレベックを演奏し、武勲詩を歌って人を集める。

アントニオ(CV:遊佐浩二
ビィと行動を共にする、しがない行商人(ホーカー)。通称トニオ。
穏やかで物腰は柔らかいが、商人としての腕は確か。料理が上手い。

レイストフ(CV:乃村健次
《つらぬき》の異名で世に知られる凄腕の冒険者。
世俗のことにはあまり頓着せず、強さの果てと命知らずの戦いを追い求める《冒険野郎》。
常に冷静で口数の少ない、いぶし銀の剣士。ある依頼でウィルに雇われ、共に戦う仲間となる。

ヴィンダールヴ
200年前に故郷の王国を邪竜に滅ぼされ、流浪の旅を続けていたドワーフ族の青年。通称ルゥ。
王の血を引くものの、家臣団によって過保護に育てられてきたため、臆病で気弱な性格をしている。が、いざとなれば勇気を出せるやればできるタイプ。
勇気とは何かを学ぶため、ウィルに師事し従士となる。

白帆の都

エセルバルド・レックス・サウスマーク(CV:田丸篤志
北方にある《グラスランド大陸》のファータイル王国・現国王オーウェンの異母弟。
《南辺境大陸》開拓の責任者として渡来、《白帆の都》に居を構えその地を統治している。
実利と情のバランスを巧みに操る、文武に才気溢れる辣腕。面白がりで笑いの沸点が低い。

バート・バグリー(CV:稲葉実
《白帆の都》の神殿長を務める醜悪な外見の中年男性。
尊大な態度で極めて怒りっぽく、俗物的な立ち回りに奔走しているため周囲からの評判は悪いが……。

アンナ(CV:渡部恵子
バグリーに仕える女性神官。バグリーの養女でもあり、彼を慕い忠誠を尽くしている。
ある出来事を切っ掛けにレイストフと関係を深めていくことになる。

灯火の神 グレイスフィール(CV:悠木碧
生々流転を司る灯火の神。主な権能は死者の魂を安らぎのもとに次なる輪廻へ導くこと。
人間に対して深い慈愛の念を持つが、世の人からはほとんど忘れ去られた状態にある。

不死神 スタグネイト(CV:高橋広樹
悪神の一柱である不死神。主な権能は死者の魂をアンデッドとして甦らせること。
人間に対して深い慈愛の念を持つが、それゆえ死という悲劇のない世界を作ろうと目論む。
元々は善神だった。

メディアミックス

書籍

オーバーラップ文庫より刊行。既刊5巻(3巻は上下構成のため、ナンバリング上は4巻)。
イラスト担当は輪くすさが
『小説家になろう』に掲載されているWeb版1章~3章(書籍版1巻~3巻上下)と間章の短編(書籍版4巻)を商業用に改稿した内容となっている。以降のメディアミックスの内容は主にこの書籍版を基準としている。

コミカライズ

コミックガルド』にて2017年より開始。著者は奥橋睦。既刊9巻。原作3章まで進行中。
書籍版をベースにWeb版の内容も一部盛り込んで再編集された構成。カット部分は少なく、世界観や設定まで細かく描き込まれているため、漫画単体としても問題なく楽しめる作品。

作品ページ

コミックガルド
pixivコミック
ニコニコ静画

アニメ

2021年10月からTOKYOMXAT-XおよびBS日テレにて放送。
第1期は原作第1章~第2章。ストーリー及びキャラクターデザインは書籍版準拠。また残虐描写は比較的マイルドに改変されている。
2021年12月に第2期(原作第3章)の制作決定が発表。放送時期は未定。

スタッフ

原作柳野かなた
キャラクター原案輪くすさが
監督信田ユウ
シリーズ構成髙橋龍也
キャラクターデザイン羽田浩二
アニメーション制作Children's Playground Entertainment


メディアによる差異

書籍版はWeb版と比較して商業化に伴う内容の変更(主に2章)やイベントの順番の入れ替えが為されており、登場人物の設定が一部変化している。漫画版は書籍版とWeb版の内容を組み合わせているため、Web版・書籍版・漫画版で話運びに差異が出ている(アニメ版は書籍準拠)。
また多くの登場人物は各媒体でキャラクターデザイン自体が異なっている点に注意が必要である。

関連動画

特報PV

第1章PV

第2章PV


関連タグ

小説家になろう
2021年秋アニメ

外部リンク

小説家になろう - 最果てのパラディン
オーバーラップ - 最果てのパラディン
アニメ公式サイト

関連記事

親記事

小説家になろう しょうせつかになろう

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「最果てのパラディン」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「最果てのパラディン」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 224530

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました