ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

天国

てんごく

死後の世界の事。天界。またはそれに匹敵する程の安楽な場所や状態への比喩表現。
目次 [非表示]

曖昧さ回避

  1. 人が死んだ後に行くとされる場所の一つ。本項で解説。
  2. 1の延長義で、非常に美しい風景の見られる場所。または安楽な生活が送れる場所。
  3. Mr.FULLSWING』の主人公。→猿野天国
  4. ヒプノシスマイク』のキャラクター。→天国獄
  5. ギャグマンガ日和』の閻魔大王鬼男のコンビ。→天国組
  6. ジョジョの奇妙な冒険』でDIOプッチ神父が追い求めた「天国」へ到達するための手段。→天国へ行く方法
  7. 日本刀の祖と言われる平安時代の伝説の刀工。読み方は訓読みで「あまくに」。小烏丸の作者とされるが確かな証拠は無い。

概要

キリスト教でいう"heaven"の訳語として、通例「天国」が用いられる。

ここでいう天国とは、生前良い行いを働いたり、神への信仰が篤かったりした人間や動物が死んだ後に行く場所とされており、極めて美しく素晴らしい場所とされている。(悪い行いを働いた者は地獄に行くとされる)。


同様の考えはユダヤ教イスラム教にもあり、クルアーンでは決して悪酔いすることのない酒や果物、肉などを好きなだけ楽しむことができ、処女と好きなだけ性行為をすることができるという。水差しを持った美少年もいる。


ギリシャ神話では罪なき人々がハーデスの裁判を経て転生する永遠の楽園エリュシオンがある。


北欧神話では、勇敢に死んだ戦士がワルキューレに導かれて赴くヴァルハラ、特に善良な人々が住むギムレーといった地がある。


仏教にも六道のひとつとして、天人が住む天界があるが、天人には寿命がある。仏教は輪廻転生の概念を前提にしているので、一度天界に生まれ変わった衆生も生前の行い次第で閻魔が決めた六道のいずれかに転生する。

そのためか、永遠に天国に暮らせるとは限らない。

それどころか、長い寿命を善行を積まずに遊んで暮す者が余りに多い為、天人に生れ変ってしまったが最後、更にその次の生では修羅餓鬼畜生地獄に生れ変る可能性が高いとも言われている

これらを逃れるには輪廻転生から解脱するしかない。

仏教においてアブラハム宗教的な寿命のない天国に相当するのは、極楽などの浄土である。これらの地に向かうにはを守った行いの正しさに加えて、の導きが必要とされる。


いっぽう天国や地獄という概念を持たない宗教もある。

例えば日本の古代神道において死者が向かうのは黄泉の国であり、善人限定の死後の世界という発想はなかった。後に、神仏習合に伴って、仏教の浄土概念が導入されるようになり、日本の葬儀は一般に仏教が担当するようになった。


天国に行く条件

天国と言っても実際にはより細かいが3つある。

第3天国は信仰心が有無に関わらず世の為、人の為に働き、神仏からこの者は第3天国に相応しいと判断された者。そこにはコンパクトシティがあり、同じ境遇を持つ者と生活する。

第2天国は体施、法施、物施を実践し、神仏に敬い、人々を救済したりする僧侶牧師神主を始め宗教家等が行くケースが多いが我々現代人でも社会生活を行いながら神仏から見て第2天国に相応しいと判断された者。

第1天国は人間最高の霊界で信仰心が篤く、地位、名誉、財産を持ち、社会貢献活動やチャリティー活動を始め善用に利用し、財産を世の為、人の為に還元する。

また信仰心だけで第1天国に入るのが難しく、信仰心とともに社会的地位、名誉、富が揃い、天、地、人の徳がある程度バランスよく完成し、天に愛され、人に愛され、物質にも恵まれ、ある一定以上の徳分の積み重ねが必要であり、神仏から見て第1天国に相応しいと判断された者が行くのが第1天国である。

ちなみにだが天国界の上は兜率天や特殊な霊界があるがそれは神仏から見て天国界以上の素晴らしい霊界に行くのが相応しいと判断された者が行くところであり、地獄界とは対照的なのが天国界である。また上杉謙信は元々僧侶だったが国や民(民間人)を護る為に戦国武将となり、敵味方関係なく中立的立場であり、戦で戦死死亡)した兵士達を供養する等、今で言う人命救助人道支援をその後彼が他界した後に神上がりし、子孫が今も現代生活で上手く行ってるのは徳分のお陰である。


関連タグ

ヘブン / ヘヴン エリュシオン ヴァルハラ 極楽 浄土

あの世 黄泉 冥府 三途の川 地獄

関連記事

親記事

あの世 あのよ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 11063598

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました