ピクシブ百科事典

シャドーボール

しゃどーぼーる

シャドーボールとは、『ポケットモンスター』シリーズに登場する技の1つである。
目次[非表示]

技のデータ

<
初出第2世代
タイプゴースト 
ぶんるい特殊
いりょく80
めいちゅう100
PP15
直接×
範囲単体
効果20%の確率で相手の「とくぼう」を一段階下げる。


概要

第2世代から存在する技。通称「シャドボ」。
伝説専用技の「シャドーレイ」・「アストラルビット」を除けばゴーストタイプ特殊最高威力の技である。
ゴーストタイプの技は軽減できるタイプが少なく一貫性が非常に高い為、サブウェポンとしても有用な技。

技名の通り、黒い球状のエネルギー弾を敵にぶつけて攻撃する。このエネルギーの正体はゲーム中の技説明では「黒い塊」としか説明されておらず正体不明だが、ゴーストタイプの技なので怨念か何かなのだろう。

第2世代で初登場した際はエネルギー弾のサイズが後の作品に比べて小さく(モンスターボールと同じくらい)、さらに地面をバウンドしながら飛んでいく。

第4世代からは「エネルギーを集めて撃ち出す」ようなエフェクトが採用された。第7世代まで、世代ごとに差異はあるものの概ねこれを踏襲したエフェクトが採用されている。

第8世代では「黒い塊を徐々に肥大させ、敵の目の前で爆発させる」というこれまでにない演出になった。一方で以前の世代と違いカメラワークが全く動かず、スピード感も無いため「地味になった」との声も少なくない。

ポケモンスタジアム金銀では威力80技なのを忘れそうになる派手なビジュアルであった。

アニメスタッフも大好きな技ではかいこうせんなみに多用されている。

現在こそ特殊ゴーストのメインウェポンとして使われているが、初登場の第2世代では悲惨な性能だった
と言うのも、当時のゴースト技は全て物理扱い。そしてこの世代で存在していたゴーストタイプ(最終形態)はゲンガームウマのみ(当時ムウマージはいない)。2匹ともどちらかと言うと特殊型である。
つまりタイプ一致で採用しても全く活かせないと言うとんでもない事になっており、物理型のサブウェポンとして採用される事が多かった。あのブースターが第2世代それなりに輝けたのもその為だったりする。
…のだが、何故か当時から特防を下げる効果であり、物理なのに特防が下がるという意味不明な状態になっていた。

第3世代でようやく物理型ゴーストのジュペッタヌケニンが追加されメインウェポンとしても使えるようになった。追加効果は何故かそのままだったが。
特殊技になった現在はお察しください
でも一応効果は違えどシャドークローがあるからまだいいが・・・XYで新技も出たことだし。

ポケモンGOでは、ゲージ技として登場。本作では物理攻撃と特殊攻撃の区別がないので、どのゴーストタイプのポケモンでも問題なく使用できる。
性能も消費ゲージ1/2に対して威力100とコストパフォーマンスに優れた大技となっており、使い勝手は極めて良好。ゴーストわざ自体もノーマルタイプとあくタイプ以外には軽減されないので、汎用技としてもかなりの打点を期待できるというスグレモノである。
ゴーストタイプ以外ではエスパータイプのポケモンの習得率が高く、この技を覚えさせることで同タイプに対する対抗手段として運用するという手段も確立されており、エスパーポケモンのサブウェポンとしても重宝されている。

ミュウツーの シャドーボール!
ミュウツー


ゴーストタイプ以外では、あくタイプやエスパータイプの習得者が比較的多い。
特にミュウツースマブラで必殺技として使用していることもあって印象に残っているプレイヤーも多いためか、投稿されているイラストの大半はミュウツーが使用している様子を描いたものになっている。第2世代のエフェクトが地を這うようなものになっていることを踏襲してか、スマブラのミュウツーが使う「シャドーボール」も同様の動きをする。
スマブラ以外の作品では『ミュウツーの逆襲』に登場するミュウツーが使用している事で有名だが、元々ミュウツーの逆襲の個体の繰り出すエネルギー弾にはこれといった名称は付けられてはいなかったりする。というのもこの映画公開は1998年で『金・銀』発売前であり、ゲーム内にシャドーボールが存在しなかったためだが、現在の公式見解ではシャドーボールということになっている(ドンファン同様に先行登場と見るならば矛盾は起きない)。


関連タグ

ポケモン ポケモン技絵 ゴーストタイプ

関連記事

親記事

特殊技 とくしゅわざ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「シャドーボール」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「シャドーボール」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 125332

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました