ピクシブ百科事典

BDSP

ぶりりあんとだいやもんどしゃいにんぐぱーる

正式名称は『ポケットモンスター ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール』。2021年冬発売予定のポケットモンスターシリーズ作品。
目次[非表示]

ソフト情報

機種Nintendo Switch
ジャンルRPG
発売日2021年冬
価格
販売元任天堂
発売元株式会社ポケモン
開発株式会社イルカ
CERO


概要

『ポケットモンスター』シリーズが10周年を迎えた2006年に発売され、長らくファンの間で切望されてきた、『ダイヤモンド・パール』のリメイク作品。
当時のテイストを再現した懐かしいシンオウ地方を舞台に、Nintendo Switchで発売される。

シリーズ25周年、および『ダイヤモンド・パール』15周年を迎える2021年(通例通りならば「年末商戦に間に合う時期」)に全世界同時リリースを予定している。
シリーズでは初の外注であり、開発はHOMEにも関わったILCAが担当。
ただしゲームフリークからおなじみ増田順一氏がディレクターとして参加する。

今回はストーリーにおいて原作の内容を忠実に再現した作品にする事を表明しており、タイトルロゴやフィールド、登場人物のデザインも、『プラチナ』以前の『ダイヤモンド・パール』当時のものがほとんどそのまま再利用されている。
これは過去のリメイク作である『ORAS』の大幅な改変に少なからず批判意見が上がっていた事が影響していると考えられている。

こうした点は、同日に発表されたシンオウ地方が舞台の、ゲームフリークによる新作LEGENDSアルセウスとは対照をなしている(舞台だけが同じで、主人公・御三家・時代設定全てが異なる、オープンワールド要素ありの完全新作アクションRPG)。

HOMEや『剣盾』との互換性については現在のところ不明。
なお公式サイトには「プレイ人数 1人(対戦・交換など:2人~4人)」との記述があり、少なくともBDSP同士では対戦や交換が可能と思われる。

現在判明している仕様

グラフィックについて

  • マップやキャラクターのモデリングは元のドットをそのまま3D化したような、第六世代に3Dを取り入れて以来初となる表現が採用されている。手足や草花など、部分的にかなり細密に造られた部分が見られるのが特徴。
    • キャラクターは『ダイヤモンド・パール』当時と同じく、バトル時には頭身の上がったリアル寄りのモデルに切り替わる。


『プラチナ』以降の要素について

  • 過去のリメイク作品では、フェアリータイプわざマシンの仕様などは同世代の新作に揃えられていたが、現状『剣盾』との関係が不明なためこのあたりの扱いも不明である。
    • 開発がHOMEと同じである事から、3Dモデルの流用でかなり高度な互換性が保てるのではないかとも期待されているが、ILCA側からもコメントは出ていない。
  • ロッククライム」など、当時重要だったわざで現在廃止されているものが復活する可能性は高い。ただし、そうでないわざに関しては『金銀』→『HGSS』で再現されなかった「でんじほう」などの例があり、全てが収録されるとも限らない。
    • ちなみに「ロッククライム」はひでんわざであったが、第7世代以降廃止されているこの区分自体が復活するかは不明。『LPLE』では新要素のヒジュツで代替され復活しなかった。
    • また、使える技が『剣盾』で廃止された「めざめるパワー」しか無いアンノーンの扱いについても注目されている。
  • PVに『ダイヤモンド・パール』時代のシンオウ図鑑に載っていなかったポリゴンZが「はかいこうせん」を放つシーンがあった事から、登場ポケモンについてはある程度の見直しがなされるものと考えられている。
  • ハンサムやぶれたせかいなどはPVに登場しておらず、『プラチナ』でのマイナーチェンジ要素がどこまでフォローされるかは不明。なお『ORAS』では『エメラルド』で追加されたバトルフロンティアが省略されたといった前例がある。
    • なお、グラシデアのはなをくれるソノオタウンのNPCが存在しており、少なくとも一部のプラチナの要素が入ると見て間違いはないだろう。


再現の困難な要素について

  • ゲームコーナーやノモセ大湿原も、近年の事例から見て原作通りの仕様にはならないと見られている(地域によってはギャンブル描写などがレイティングに抵触する)。なお、これも『ORAS』がサファリゾーン内でも通常戦闘を行うようにした事で動物虐待となるのを回避した前例はある。
  • ユニオンルームやちかつうろはPVから続投する事が確定している。コトブキシティのテレビの内容からポケモンコンテストに相当するシステムも存在するようだ。


余談

タイトルの「ブリリアント」はコウキ、「シャイニング」はヒカリに由来するという説がある。

前例の無い方向性のリメイクとなった事から、ネットを中心に「チビヒカリ」というミームも発生した。
ただしブラックジョーク的な趣も強く、中には批判のシンボルとして「マジレス」式に用いている人も散見され純粋に笑える状態に無いため、項を分けてここでは掘り下げない。
開発中の作品で情報が錯綜しやすいという事もあり、この事例に限らずあくまで百科事典として事実の伝達に努めて主観的な記述の追加は避けること。

関連動画



関連タグ

ポケモンシリーズ一覧 DPt ダイパリメイク
FRLG HGSS ORAS:過去のリメイク作品
LPLE:同じハードのリメイク作品

外部リンク

公式サイト

関連記事

親記事

DPt だいやもんどぱーるぷらちな

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「BDSP」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 223173

コメント