ピクシブ百科事典

目次[非表示]

誘導

2021年11月に発売された新作についてはBDSPを参照。
なお、「ダイパリメイク」という略称はテレビCMなど公式でも使用している。

概要

長年期待されていた、ポケモンDPtリメイクのこと。
それを妄想・予想したファンアートに付けられていたタグ。

ポケモンダイレクトや何かしらの発表の度にTwitterのトレンドに入る単語で、『ダイヤモンド・パール』発売から10年経った第七世代の始まった2016年頃から活発化し、リメイクの伏線が度々「発見」されるも、その都度全て空振りに終わるということが繰り返されていた。

ポケモン新作発表会でダイパリメイクを期待してた人の図。


こうした懐古厨ともいえる現象にうんざりする人が、リメイクを過剰に期待する人をいつしか「ダイパキッズ」と揶揄するようになった。
ここでいうキッズとは実年齢のことではなく、いい歳になったにもかかわらず節度をわきまえない精神年齢の低さを指している。平成が終わった現在ではいわゆるダイパ世代はもう既にキッズとは言えず、大人に片足以上突っ込んでいる年齢だからである。

この蔑称自体もトレンド入りしており、数年以上前からすでに存在していた。また、自虐やネタのため自称する者もいた。
一方で、ダイパに特に思い入れがない人からも「いい加減リメイクを出して、騒いでいる奴らを黙らせてほしい」とゲーフリ側の黙殺とも言うべき対応を批判する意見もあった。

もちろん全てのファンがそのような人達では無く個人的な欲求ではなく真面目に考察していたファンもいた為、くれぐれもファンに対して無差別に過度な攻撃をする事は控えよう。

そして迎えた2021年……

そして、2021年2月27日、同日午前0時から配信された「ポケモンプレゼンツ」にて、ダイヤモンド・パールのリメイク作である『ブリリアントダイヤモンド』『シャイニングパール』が2021年冬発売を目指して製作中であることが正式に発表。

やはりというか当然というか、本単語もTwitterのトレンドに入ることになった。ちなみにこの流れに乗っかり、無関係なプラチナも並べられる形でトレンド入りした。

更に、同じくシンオウを舞台とした本編タイプのスピンオフPokemon LEGENDS アルセウスが2022年初頭を目指して製作中であることも発表された。

前者は「回帰」を重視し「ピカブイ」を思わせるクラシックスタイル、後者は「挑戦」を重視し「剣盾」を発展させた最新のオープンワールド、といった内容になっており、相反する二つの客層のニーズを同時に満たした事に感心の声も上がっている。

しかし、前者の方に後者のような3D化や新要素を期待していた者からの反応は芳しくなく、以降もダイパリメイクの伏線が発見されるジョークが出たり、一部のファンが「理想のダイパリメイク」情報を幻視するというネタが度々浮上しており、ハイクオリティの創作PVまで作成されたりもしている。
ゲームフリーク以外が制作しているというレッテルや、いざ発売された物が"完成"とは言えない状態だった事も大きいのだろう。

また前年の2020年は『ポケモンBW』が発売してから10年目であり、今度は悪意半分にこちらのリメイクで騒ぎ出す輩が出るのではと危惧する者もいたりする。
一方、今回と同じような路線になる可能性の提示が重しとなり、良くも悪くも以降は沈静化するのではと考える声もある。

関連タグ

ポケモン BDSP

関連記事

親記事

BDSP ぶりりあんとだいやもんどしゃいにんぐぱーる

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ダイパリメイク」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ダイパリメイク」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2047662

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました