ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

バグだらけスペシャル

ぶりりあんとだいやもんどとしゃいにんぐぱーるのちめいてきなばぐ

「バグだらけスペシャル」とは、ゲーム『ポケットモンスター ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール』の蔑称、及び同ゲームにおける一連のバグ騒動を指す呼び名である。
目次 [非表示]

【注意】

本記事の途中に掲載されている内容に関しては人によって個人差がありますが、不快に感じる部分が多くありますので、大丈夫だと思う方は自己責任で覚悟してご閲覧ください。

しかし、それでも無理な方は「公式側の対応」の項までの閲覧を厳しく推奨します。


※メイン画像はメニューバグ発生時のイメージです。


概要

事の発端は、『ポケットモンスター ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール』(通称:BDSP)に多くのバグが存在し、またそれを巡る騒動が起こったことによる。


なぞのばしょ」騒動から十数年後…めでたく発売された本作だが、発売早々様々なバグが多くのトレーナー達から報告された。


その結果として、発売後のおよそ10日間はほぼ毎日のようにプレイヤーによって新たなバグが発見されるというゲームとしてはあまりに情けないと言わざるを得ない事態になってしまい、遂には「BDSPの頭文字はらけスペシャルの略」(BugDarakeSPecial)「ゲームの内容そのものよりも、どのようなバグを見つけ出すかでプレイヤーが盛り上がっている」という皮肉めいたジョークまで産まれる有様であった。


このようなことが起きた主な原因として、通常のシリーズ作品と比べて開発期間が極端に短く、早期で作っていたため、十分なデバッグが行えなかったこと、開発を担当した株式会社ILCAはグラフィック制作には長けていたが、ゲーム開発の経験が浅く、制作のノウハウが少なかったのではないか、などと言われている。しかも、任天堂のデバッグチームであるスーパーマリオクラブのスタッフはデバッグには関わっていない模様。ILCAのデバッグチームのスタッフのみらしい。

元祖バグだらけスペシャルと言えば、本編シリーズの初代赤・緑・青・ピカチュウを彷彿させるものになっている。

いずれもオリジナル版のポケモンDPtと比較すると新規バグが存在が以下のようにプレイヤーにより明かされてしまっている。


主なバグの種類

  • メニューバグ

ボタンの同時押しでメニューが多重に開けてしまうバグ。

これはday1パッチであるVer1.1で起こり、パッケージ版でパッチ未適用の場合(Ver1.0)では起こらないという。まさかのエンバグである。

更に、下記のバグの多くがこのメニューバグをトリガーにしている。


  • 増殖バグ

発売から程なくして、ゲームバランスが崩壊しかねない増殖バグが発見されてしまい、伝説ポケモン色違い等のレアポケモン、ガンテツボール(本作ではオムニ7のショップ限定特典)・マスターボール・とくせいパッチ・ふしぎなアメなど一部のレアアイテムの価値が崩壊してしまう事態になった。


  • 融合バグ

増殖バグの亜種として、色違いポケモンと通常色のポケモンを“融合”させて通常色のポケモンの進化形を色違い個体に変えてしまうバグも発見されている。


  • 壁抜けバグ

本来なら壁にあたる部分をすり抜け、現時点では解禁されていないシェイミが居る場所に行けてしまうという事が発見されてしまっており、一部プレイヤーから「なぞのばしょの再現」などと皮肉られてしまっている。

他にもノモセジムで水に沈んでしまったり、抜け出せなくなるハマりポイントなどがある。(オリジナル版のマップには存在しないバグで、リメイク版のBDSPが初)

このバグを用いて、キッサキジムの雪玉破壊を無視して一気にジムリーダー・スズナのいる場所まで辿り着くということもできた。

ちなみに、オリジナル版のDPtの「なぞのばしょ」関連と他のシリーズでも条件や状況により稀に発生することもある。


  • バトル回避バグ

ピッピにんぎょう」を使うとトレーナーとすらバトル回避出来てしまうバグが発見され、ジムリーダーや四天王・チャンピオン戦をスキップしシナリオが崩壊してしまう事態が発生(シロナに関しては、特定のタイミングでむしよけスプレーを使うことでも突破できてしまうことが確認されている)。(BDSP初)


  • 技関連のバグ

技の思い出しにもバグが確認されており、手持ちに2体以上ポケモンがいる際に特定の動作をすると、(仕様上ほぼ全ての技が使えるドーブルやわざマシンかタマゴでしか覚えられない技はともかく)本来であればそのポケモンが覚えられない筈の技を覚えさせられてしまうバグが発生する。これにより、りゅうのまいガブリアスや、ノーガードぜったいれいどカイリキースキルスワップケッキングレジギガス擬似的なそらをとぶピカチュウといった、環境破壊間違いなしの化け物が次々と生み出される事態となった。

零度カイリキー

さらに、「バトルタワー」の難易度が大幅にダウンし、これによりBPと交換できるアイテムの値打ちが大きく崩壊することになるため、やはりゲームバランスを考える上ではあまりにも問題のある存在であることには間違いない。


  • その他

致命的ではないもののテキストバグ、名前バグ、主人公のグラフィック増殖バグなども確認されている。

例を挙げるとテキストバグでは、バトル時における特性かたやぶりのテキストが「かたやぶりだ!トバリシティへ行こう!」など別のテキストが追加されてしまったり、バトル時の技名に別の文字が加わって「たいあたりおめでとう!」「あまごい勝負をしかけてきた!」などの文章になってしまう。また、オートセーブ時のテキストにも別の文字が加わってしまい「レポート中…うわー!」などの文に、バッグの道具名が「レジアイスげんきのかけら」、個数が「のろい」などになってしまったりする。


…と、このように、本作はここ最近のシリーズ作品と比較してもバグが極めて多い


公式側の対応

 発売から13日後のアップデートでようやく修正パッチが配信され、メニューバグを起点としたこれらの裏技の類は完全に実行不可能になり、増殖・融合・技のバグは排除された。

(余談だが、上記のアプデから12日後にVer1.1.2で別の方法によるメニューバグと増殖バグが発見されたが、こちらは間を置かずにすぐに修正されている。)

 その後も数回に分けて修正パッチが配信され、2021年12月22日(3回目)に行われたアップデート(Ver. 1.1.3)により、上記で述べたバグや不具合は概ね修正されている。

 更に、2022年に入ってようやく脆弱性を補うための更新データが2月22日(4回目)に配信されたVer. 1.2.0から本格的にポケモン交換や対戦への不正行為への対応(対策)を施された。


具体的な修正内容と更新Ver.

こちらでは、バグや不具合修正、未実装機能の追加関連のアップデートについて具体的に紹介している。

現在、最終更新Ver.が配信されている。

内容は以下の通りである。


更新データVer. 1.1.0(2021年11月11日)


  • 殿堂入り後の要素が追加され、「ハマナスパーク」などの殿堂入り後の要素を追加。
    • すでに殿堂入りをしているセーブデータから始めても更新データのダウンロード中にプレーした後にソフトを再起動すればそれらが実装された状態になるので問題はない。

  • ソフト起動時のタイトルデモやエンディングを含む、一部のゲーム内ムービーと演出を追加。セーブデータがある状態でゲームを再起動すると視聴できる。
    • エンディングムービーは演出が新たに追加され、すでに殿堂入りしているセーブデータでも、再度殿堂入りをすることで視聴できる。そのほか、ゲームを快適に遊べるように、いくつかの問題を修正。

更新データVer. 1.1.1(2021年11月18日)

  • 更新データVer. 1.1.0の最適化。

更新データVer. 1.1.2(2021年12月2日)

  • 特定の条件下でゲームが進行できなくなる不具合を、いくつか修正される。そのほか、ゲームを快適に遊んでいただけるよう、いくつかの問題を修正。

  • 当時有名なものとしては、バグを用いたプレイでシェイミが居る「花の楽園」へ行けるというものがあったが、まずこのアップデートの段階でシェイミを花の楽園から排除した。

更新データVer. 1.1.3(2021年12月22日配信)

  • ゲームを快適に遊べるように、いくつかの問題を修正。(詳細不明)
  • この段階で、前のバージョンから続く形で、バグを通して「花の楽園」へ行くプレイそのものができなくなった。後にアイテム『オーキドのてがみ』が期間限定で配信され、それを使うことで正規的に「花の楽園」へ行けるようになる。

更新データVer. 1.2.0(2022年2月22日)

  • 「ユニオンルーム」の機能が以前Verから拡張され、交流できる最大人数をローカル通信時は8人、インターネット通信時は16人に拡張。交流時に「あいさつ」や「ボールデコ」のやり取りができる様になった。お互いのトレーナーカードやボールデコを見せ合えるようになった。

  • ポケモンセンターの2階に対戦部屋「コロシアム」の追加

  • ポケモン交換や対戦への不正対応。
    • 本来意図されない方法や、不正な改造(ツール)などで入手した一部のポケモンが、通信交換や通信対戦で使用できなくなる。
    • インターネットを用いた「ユニオンルーム」「コロシアム」には、Nintendo Switch Online(有料)への加入が必要。

  • そのほか、ゲームを快適に遊べるように、いくつかの問題を修正。(詳細は不明だが、不正ポケモンへの対策関係)

更新データVer.1.3.0(2022年3月16日)

Pokémon LEGENDS アルセウス』連動イベントの追加。

メイン任務のクリアデータを記録したセーブデータがあるSwitch本体のユーザーで、『BDSP』を起動すると、幻のポケモン・アルセウスと出会える特別なイベントを追加。


コトブキシティの施設、通信交換機能「グローバルミラクルステーション」の追加。インターネットを使ったポケモンの通信交換が可能になる。


  • そのほか、ゲームを快適に遊べるように、いくつかの問題を修正。(詳細は不明だが、前回バージョンでは対処しきれていない分の不正ポケモンへの対策関係の更新)

以上、最終更新の修正内容である。


騒動の爪痕


ここから先は不快になる方は特に閲覧注意です。


しかし、これらのバグが残した爪痕はあまりにも大きすぎるものだった


そもそもこれらのバグの修正はアップデートにより行われているため、アップデートを行わなければ依然として利用できるという問題がある。そのため、アップデート後もあえてアップデートを拒絶することでこのバグを利用し続けたプレイヤーは世界中で相当数いたものと推測されている(現在は対策が進んだことや、一通りバグが利用しつくされたためそこまでではないと言われているが)。


また、バグにより増殖させたポケモンやアイテム、本来覚えない技を覚えたポケモンはそのまま残すことができるため、完全にバグを利用するだけ利用した者が得をする事態になっていた

現在は、こうした不正な手段で何かしら手を加えられたポケモンに関しては、交換およびポケモンHOMEへの送信ができないというペナルティを課すことで一応の決着がついているが、増殖させたアイテムに関してはこれといった対策もできないまま放置されているのが現状(ポケモンとは異なり、検知が極めて困難で、事実上対策できないというべきか)。


このように、一連のバグ騒動は一応の終結を見たものの、円満解決とは程遠い事態となってしまったと言える。


その後のユーザーからの反応

修正パッチを配信するまで公式がバグに対する声明を一切出さなかったことを「説明責任の放棄」として問題視する意見もある。もちろん、本来であればバグのないゲームを作るのが一番であるが、せめてバグの存在を早期に認め、バグを用いた不適切なプレイイングが横行していることを警告したり、それを防止するために近日中に何かしらの対応を取ることをプレイヤーに対して告知するなどしていれば、まだプレイヤーからの心象は違ったものになっていたかもしれない。

結局、対応が後手後手に回ってしまったことで、開発側はプレイヤーから強い不信感を抱かれることになってしまったのである。


また、結局のところバグを利用するだけ利用した者が得をするという事態を完全に是正できなかったということであり、プレイヤーからの批判は大きい。


そのため、上記の修正パッチ配信後も、プレイヤーの間では「どうせ修正してもすぐに別のバグが見つかるのだろう」という冷めた見方が広がっており、これ以降もしばらくは(さすがにここまで深刻なものはなかったものの)散発的にバグの発見報告が行われ続けていた。


ユーザー側が出来る対策

最近のどのゲームでも言える事だが、まずはともかく最新のアップデートを適用させる事。

また、報告されているバグは基本的に故意的に起こさなければ発生しない物が大半のため、通常のプレイでは(偶然踏む事はあるかもしれないが)特に気にせずプレイする事を推奨する。

それでも致命的なバグを踏むのではないかと不安な方は、念のためにオートセーブ機能をオフに変更してプレイし、バグを踏んでしまったら前にセーブした場所からやり直すという手段を使うといい。

また、本作では詰み防止のために隠しコマンド(タイトル画面で↑、X、Bボタン同時押し)が用意されており、このコマンドを入力する事で少し前のセーブデータのバックアップを引き出す事が可能なため、オートセーブでプレイしている人でも最悪やり直す事が可能。



そして、歴史は繰り返す…

元々『ポケットモンスター』シリーズは(近年でこそインターネットで後天的に修正データを配信しているものの)初代から致命的なバグ達が散見されるシリーズとして有名であり、やはりというか次回作以降もユーザーを騒がすバグやデータ問題が散在されている。


次回作以降での類似現象

本作の次作となる正規ナンバリング作品『ポケットモンスター スカーレット・バイオレット』においても、SVの開発協力に「ILCA」が携わっているためか、プレイヤーが再びバグ問題に悩まされることとなった。


・プレイヤーがワープする

・プレイヤーの表情が変わらなくなる

・NPCに話しかけるとフリーズする

・ポケモンなどの3Dモデルが埋まる

・ポケモンなどの3Dモデルの色が変わる(主にコライドン、ミライドン)

・3Dモデルのサイズや動作がおかしくなる

・3Dモデルの処理が正常に処理されない

・空を超高速で移動できてしまう

・技「すてゼリフ」を特定条件で使用するとセーブデータが破損する


などのものに加え、BDSPでも話題になったアイテムやポケモンを増やす「増殖バグ」なども存在していた。


加えて、通信関連でも様々なバグが発生しており、

・ランクマッチで切断となると無効試合もしくは切断された側が負けになる場合がある

・ランクマッチで特定の技が必中か必ず外れる、あるいはパターンが固定されるなどの乱数調整ができる


などのバグで話題沸騰となった。


ただ、バグが幾らか修正された後でも、テラレイドバトルなどの通信面やPOKEMON HOMEとの連動でも新たにバグが出てくる状態となっている。

・アップデートパッチ(ver1.2.0)を適用すると、セーブデータが破損する場合がある

・テラレイドバトルで何故かタマゴが相手になる

・テラレイドバトルの報酬でアイテム名「なし」の道具が入手でき、これを手に入れるとエラー落ちとなりバトルが無効となる

・POKEMON HOMEで過去作から持ってきたポケモンが確定で「ちっちゃい証」が貰えるサイズ判定となる


さらには公式大会でも

国内公式大会「PJPS2023」においてもバグが発生するという事態。


・”続けて戦う”メッセージが表示されず、対戦中断ができない

・上記状態により、自分が対戦した回数やレートの確認ができない

・一度対戦した相手とレートが近しい場合、再度マッチングしてしまう

・通常の大会とは異なる画面の遷移などでユーザー側が困惑


などのバグが立て続けに発生し、本戦がまともに機能しておらず参加者から批判が殺到。

公式側はアップデートパッチで修正を図るが、そこで問題になってくるのは、この大会での世界大会への出場権。

本来は本大会で上位64位以内に入賞していればそれだけで世界大会への出場権が得られていたのだが、今回の大会でのバグの修正とその後の対応として、公式側は新たに別枠で64人の入賞者を設け、バグ発生中の大会で入賞した64人と、バグ修正後の別枠で入賞した64人の、計128人からさらに世界大会への出場権を得られる64人に絞り込むという措置をとった。

当然ながら、何の落ち度もなくバグの中で真面目に上位に食い込み世界大会への出場権を得たと思っていたプレイヤーにとって不満は大きいものであり、再び大きな炎上を招く形となっていた。


なお、このバグは韓国でも同様に発生していた。

これに対し、世界大会予選である韓国大会PTC2023のファイナルラウンドで、出場者の全4人が、改造(チート)を使い、パーティーのポケモン全てに「ゆびをふる」だけを覚えさせた状態でエントリーしファイナルラウンドをボイコットする抗議を行った。

余談だが、抗議自体はともかくとして「改造」「談合による示し合わせ」の手段を取った事自体は大会運営上でも不当な行為だったためか、公式は出場者4人全員の大会出場権を剥奪(失格)としている。


これらの問題はインターネットで様々なメディアが記事にしている。



関連動画

現在でも未知なるバグを探し求めているユーザーについてはYouTube上には相変わらずいるのを確認できる。


関連イラスト

例の増殖バグヒカリ増殖バグ壁紙


関連タグ

ポケモンBDSP バグ ダイパリメイク


スーパーロボット大戦30ポケモンBDSP同じ年に発売された同じく重大なバグで話題になってしまったゲーム。


コーエーテクモバンダイナムコ…ポケモンや任天堂のゲームの下請けを数多く行っている大手メーカーでありILCAではなくこれらのメーカーに開発させるべきだったという意見もある。


モノリスソフト…こちらはILCAとは違いバグ問題とはほぼ無縁である為か今後のポケモンはモノリスに開発させるべきという意見も出ている。


ポケモンシリーズで過去にあった有名なバグ

バグポケモン…初代にあった「元祖バグだらけスペシャル」。

なぞのばしょ…こちらはリメイク前バグ技である。


最新作にあった稀なバグ

どうぐプリンターの壁抜けバグ:ポケモンSV

関連記事

親記事

ダイパリメイク だいぱりめいく

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 86910

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました