ピクシブ百科事典

ガブリアス

がぶりあす

『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)。
目次[非表示]

基礎データ

図鑑ナンバーNo.445
分類マッハポケモン
タイプドラゴン / じめん
たかさ1.9m
おもさ95.0kg
とくせいすながくれ / さめはだ(夢特性)


他言語版の名称

英語 Garchomp
イタリア語Garchomp
スペイン語Garchomp
フランス語Carchacrok
ドイツ語 Knakrack


進化

フカマルガバイトガブリアス

フカガバガブ


メガシンカ

ガブリアスメガガブリアス

容姿

外見的特徴として、青い肌に鋭い目つき、二本足で立ち、の様な容姿をしている。
また、をイメージさせる鰭(ひれ)の様なものを背中や腕に見ることが出来る。
頭部には撞木鮫(しゅもくざめ)の様な突起物が左右対称に付いている。
ちなみに、雌は背鰭に切り込みがないが、雄には切り込みがある。イラストは雄のほうが多い。公式絵は雌なのだが。

  • 当初は、水タイプの複合にする予定だったので鮫らしくなったが、パルキアと被るから変更されたらしい。
腕の先端が爪だからなのか、切断系の技は使えるものの、拳を使う技は全く使えない。でも「かわらわり」はできる。

ガバイトの色違いは鮮やかな青色だったのに対し、何故かガブリアスの色違いは殆ど全くと言っていいほど変化がない。
全身の色が変わってはいるのだが、通常色と見比べてようやくちょっと違うかなーという程度である。


概要

600族ドラゴンタイプの宿命で、進化させるまでに手間はかかるが、初心者が非常に扱いやすいポケモンである。
シンオウ地方のチャンピオンであるシロナも切り札として使用していることから、その実力は高い。

ゲーム上の特徴

基本スペック

HPABCDS
種族値108130958085102


耐久面としては、HP種族値が108、物理防御が95、特殊防御が85ある。
その水準は、遅い代わりに耐久が多めに振られているポケモンと十分タメを張れるほど。具体的な例を上げると、あくまで種族値上の話ではあるが、ローブシンを微妙に上回る物理耐久ランクルスと同等の特殊耐久なのである。

攻撃面としては、ほとんどの相手に等倍以上のダメージが通るドラゴン/じめんの複合タイプであり、怒涛の攻撃種族値130からタイプ一致の高威力技をバンバン繰り出せる。
じしん」が効かない相手には「げきりん」、「げきりん」が効かない相手には「じしん」と、2つの技の相性補完がこの上なく優れている。これら双方の技を半減以下に抑えることのできるポケモンは少ない(エアームドエルフーンなど)。それら数少ないポケモンでさえも、大体はサブウェポンで弱点を突くことができる。
特殊アタッカーと比較すれば相対的に低いとは言え特攻種族値も80あり、主に利用される特殊技の「だいもんじ」の威力の高さや、その「だいもんじ」を撃ちたい相手の多くが防御に依存していて特防がお粗末という点から、決して無駄なステータスではない。他のドラゴンとのタイマンや物理受け対策として、「りゅうせいぐん」を入れた二刀流が採用されることもある。
おまけに、ただでさえ高い火力を増強する手段として「つるぎのまい」も使用できる。

そして、最大の目玉は素早さ種族値102。激戦区である素早さ種族値100のポケモンをわずかに2上回るという何とも露骨な速さになっている。第6世代に入り、大幅な強化手段であるメガシンカを習得したポケモンがどっと増えたが、その中でも素早さ種族値102を超えるポケモンは決して多くない。つまり、強大なメガシンカポケモンを相手にしても先手が打てる可能性があるというわけだ。こだわりスカーフを持たせればほとんどの相手を上から叩くことができる。
ぶっちゃけガブリアスの強さの半分はこの素早さであると言っても過言ではない

しかしその一方、攻撃・素早さを同時に上げる「りゅうのまい」は覚えない。ドラゴンタイプではもはやお馴染みのこの補助技、流石にガブリアスに与えるとゲームバランスが崩壊しかねない・・・とゲーフリは判断したのだろうか。
と言うか分類に反してこうそくいどうそらをとぶ、先制技すら一切覚えない。
分類を見直した方が良いのではなかろうか。

通常特性は「すながくれ」。
天候が「すなあらし」の時に発動し、発動中は相手の技の命中率を2割減させるため、技を思うように当てられず鬱陶しいことこの上ない。持ち物「ひかりのこな」(相手の命中率を1割減)と組み合わせれば命中100の技も「かみなり」などとほぼ同等の72まで落ち込んでしまう。
この間に「みがわり」を連打し、相手の攻撃が外れた所で「つるぎのまい」を積み、上がった攻撃力で全抜きを目指すのが通称「粉ガブ」「砂ガブ」である。
みがわりに攻撃が連続で当たる確率は、1回目72%、2回目51%、3回目37%、4回目26% 5回目19%、麻痺状態に陥ろうものなら、命中100%の技でも身代わりに4回連続で当たる確率は8.5%にまで落ちてしまう。
このガブリアスとセットで使われるのは「でんじは」と「きあいのタスキ」を持ったバンギラスが主で、すなあらしがターン無制限だった第5世代までは、害悪戦術の一つとして挙げられるほどの凶悪なコンビであった。
・・・が、第6世代現在においては、天候の持続ターン数が制限されたことでこの戦術は事実上弱体化してしまった。

夢特性は「さめはだ」。現在ではこれが主流となる。
その効果は、こちらが直接攻撃を受ける度に相手のHPが1/8ずつ削られるというもの。
ガブ持ち前の耐久力も相まって敵がむやみに「ねこだまし」や連続技を使おうものなら、むしろ使った側が追い詰められるという恐怖の現象が起きる。先制を仕掛けることのメリットより、仕掛けた側のタスキや特性「がんじょう」が潰されるというデメリットの方がはるかにデカい。
おまけに、ガブリアスほどの火力があれば、相手の体力が1/8削れるだけでそこから易々とトドメを刺すことができてしまう。

もちろん、ガブリアスにも苦手なものはある。
目立った弱点としてはやはり、こおりタイプの技が4倍ダメージであること。
この弱点のせいで、思いも依らない所からこおり技が飛んでくることがある。
れいとうビーム」を覚えないポケモンでも「めざめるパワー(氷)」を仕込んでいることが多く、不意の一撃で致命傷を負う危険性もなくはない。

加えて第6世代では、ドラゴンタイプそのもののメタとしてフェアリータイプが登場。フェアリータイプはドラゴンタイプの技を完全に無効化してしまう。その一方、フェアリータイプの技はドラゴンタイプに効果抜群である。

そして、第7世代。
当初はポケモン自体が300種類+αしかおらず、カプ及びテッカグヤとの相性が優れていた為一向に数が減らず、やはり今回もガブリアスがトップメタを大驀進する物だと思われていた
(実際第7世代のシーズン1では同作で初登場のカプ神の名前をもじってレートの守り神ガブ・リアスとまで呼ばれてしまう程)

ところが環境が煮詰まり、様々な地方からポケモンがやってきて800種類近いポケモンが戦い合う環境が完成すると、その評価に陰りを見せる事になる。
その主な理由は

  • 強力なフェアリータイプの追加によるフェアリー環境
主にドラゴンタイプを抑えるべく誕生したフェアリータイプの強力なポケモンの追加。それも第6世代の時とは比にならないほど強力なポケモンばかりなのである。各フィールドを発生させるカプ神や特性によりほぼ確実に一回は安定して動けるミミッキュ、アローラ御三家にして桁外れの火力を生み出せる専用Zワザを持つアシレーヌ等、圧倒的なフェアリータイプの蔓延によるドラゴンタイプであるというデメリットが響くようになってしまった。氷タイプのポケモンや既存のフェアリータイプのポケモン達相手にしてもZワザという新たな選択肢を得たり、メガシンカ時の素早さの仕様が変更されたりした以上、今まで以上に不利。
存在する型の殆どが物理型である為げきりんの搭載率が高く、下手に撃ったものなら確実に止まってしまう点も痛い。

  • 環境の素早さのインフレ
特性サイコメイカーによる圧倒的な火力と先制技耐性を持ち、こだわりスカーフで微妙な素早さを補うことの多いカプ・テテフが環境を取り巻くと状況は一変。ゲッコウガラティオス、果ては130族であるはずのカプ・コケコやそれ以上であるフェローチェまでもがこだわりスカーフを持つようになった。
さらにメガシンカ時の素早さの仕様変更によりメガボーマンダメガメタグロスが初手からこちらを抜き去って来るようになってしまった。
高速環境の中では素早さ102など半端でしかなく、ならばもう抜けないと割り切ってランドロスメガガブリアスで良いと言う結果に陥ってしまっている。

上記のような環境としてのガブリアスの欠点が明確に表れるようになってしまった結果、2017年1月20日で首位から陥落し、その後も落ち方は留まらずランドロスやボーマンダマンムーにも抜かれ2017年7月現在は何と2桁に突入してしまった
ちなみに長らくガブリアスの特等席だった1位にはミミッキュがいる。
大幅に順位を落としたメガガルーラファイアローと比べるとまだ踏ん張っているものの、この先どうなっていくかは見物である。

ダブルにおけるガブリアス

ここまではシングルの話、ダブル・トリプルとなるとイマイチ活躍しづらい印象がある。
メインウェポンの「じしん」は、敵2匹or3匹を相手にする都合上、威力がやや抑えられている上に味方を巻き込んでしまう。
もう一つのメインウェポン「げきりん」も、敵2~3匹の内から攻撃対象を任意で選ぶことができない。代わりに「ドラゴンダイブ」や「ドラゴンクロー」で代用するという手もあるが、それぞれ命中率や威力に難がある。
かつてはバンギラスカバルドンと組んで砂パ構築にして活躍させることもできたが、ターン制限によってこの戦法も使いづらくなった。

但しやはりスペック自体は優れている為か、数自体は決して少ないわけではない。
とは言えダブルにおいてはトップメタにランドロスが君臨している為さすがに上位トップ10にねじ込むのは難しい。

しかし第7世代ではZワザ登場のあってか使用率は上昇傾向がある。今までダブルではランキングにあまり乗らなかったことを考えるとこっちの方が印象深いという声も多い。使用ポケモンやメガシンカが制限されているWCSルールではベスト3に食い込んでいるほどである(これに関しては上記のランドロスなどが使えないというのもあるのだが)。

メガシンカ

時はポケットモンスターXY、ドラゴンタイプの天敵フェアリータイプの登場でドラゴンタイプが逆風を受ける中、ガブリアスは恐るべき力を手にして帰って来た・・・。

そう、メガシンカである。

メガガブリアスのドラゴンクロー!!



攻撃と特攻が大幅に上がり、特性は「すなのちから」になった。
この特性は、「すなあらし」状態ではいわ、じめん、はがねの技の威力が1.3倍になるというもの。つまり、強化された攻撃種族値170から繰り出されるタイプ一致の威力100のじしんがさらに強化されるというわけだ。
さらに言うと、不一致ではあるものの、サブウェポンである「ストーンエッジ」や「いわなだれ」、採用はまれだがフェアリータイプの弱点を突ける「アイアンヘッド」の威力も増す。まさに砂パで戦うこと前提のメガシンカである。しかも、それなりにあった特攻種族値も120に跳ね上がるので両刀型としても活躍でき、「りゅうせいぐん」をぶっ放した後に「じしん」をかますなんて芸当も可能。
耐久もさらに上がり、特化すると不一致「れいとうビーム」ではHPが赤ゲージにさえ行き届かなくなる程にもなる。

ただし、最大の短所として、メガシンカ前と比べて素早さ種族値が下がってしまう。分類上の「マッハポケモン」の称号がますます空虚なものに。さらに言えば、メガストーン以外の道具も持てなくなってしまうので、通常状態のガブリアスと違った戦略が必要になる。
むしろ、通常のガブリアスを併用できないことがデメリットとなるだろう


余談

第4世代前半まではその真価を発揮させる技を覚えさせるのに色々と苦労が絶えないポケモンであった。じめんタイプのタイプ一致技はあなをほるすなじごくしか自力習得できないため、じしんを覚えさせるには1回限りの貴重な技マシンを使わなければならなかった。タマゴ遺伝でげきりんを覚えさせようにもこれまた手間がかかり、最短ルートですら、ミニリュウ♂を進化させないままレベル50以上育てるという修羅の道である。

第5世代以降は、技マシンが無限に使用できるようになり、技マシンをどのポケモンに使うかで悩む必要がなくなった。「げきりん」の方も、プラチナBW2ORASで教え技として覚えさせることができる。

ちなみに繰り返すが、「りゅうのまい」はいつまで経っても習得できない

ポッ拳でのガブリアス


ポッ拳 POKKÉN TOURNAMENTにおいても、2016年3月発売のWiiU版より参戦。

近距離戦を得意とするパワータイプ。一部鉄拳ブライアン・フューリーの技を引用している。
突進系の技が多く、中距離から一気に距離を詰めて戦うのが得意。
あなをほるによって相手の攻撃を避けつつ奇襲をしかけることもできる。
ブロック攻撃の「ストーンエッジ」により切り返し能力も高い。
反面まともな飛び道具を持たないため遠距離での撃ち合いは苦手。
対空技のリターンも小さく、空中から攻めてくる相手にリスクを負わせづらい。
また、強力な技が多い反面ガードされると反撃確定の場面が多い。
闇雲に強い技を振るのではなくキャンセル行動を交えて相手の裏をかいていきたい。

共鳴バーストを発動するとメガガブリアスにメガシンカする。
バーストアタックは猛烈な勢いで暴れ回る「大逆鱗クラッシュ」。
ガードされるとガードブレイクが発生するが、それでもつかみ攻撃を確定で通されてしまうため使い所が難しい。

使用トレーナー

関連イラスト

アニメありがとう


ガブたんで表情練習【イメレス】
ガブリアスとケロマツ



関連タグ

ポケモン一覧 DPt メガガブリアス
600族
サメハダー(同じ鮫モチーフのポケモン)
フライゴン ジガルデ(地・竜複合タイプの同僚)
クリムガン(鮫肌ドラゴンの仲間)
ガブリエル(名前の由来がおそらく同じ)
ドスガレオス(砂・シュモク鮫・竜)

pixivに投稿された作品 pixivで「ガブリアス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6426610

コメント