ピクシブ百科事典

シュモクザメ

しゅもくざめ

軟骨魚綱・メジロザメ目・シュモクザメ科に属する鮫の総称。漢字表記は「撞木鮫」。
目次[非表示]

概要

に迫り出した形状が撞木(しゅもく、鐘・半鐘・磬(けい)などを打ち鳴らす棒状の仏具。多くはT字型をしている)を思わせる事から名付けられた。
英語名は「ハンマーヘッドシャーク」(金槌状のを持つ鮫)と言い、これも頭部の形状に由来する命名。
独特の形状を為す頭部は視覚・嗅覚範囲の拡大の為の他、獲物の生体電気を感知するロレンチーニ瓶という感覚機関が下部一面に張巡らされている一種のアンテナレーダーの様なものであり、この感知器を利用しての中に潜ったエイヒラメなどを金属探知機の要領で探り当て、捕まえて食べる事が知られている。

シュモクザメ科にはインドシュモクザメ属とシュモクザメ属の2属が含まれる。
ヒラシュモクザメは同科最大の種で、体長は6mに及ぶ。

ウチワシュモクザメなど、多くの種類は小型で2mに満たないが、日本近海に生息するものは全て大型の種類なので注意が必要。
少ないが、シュモクザメによる事故はあり、中には出没海域が遊泳禁止の処置になる事例があったり、漁業にも少なからず悪影響が出ている。
一方で、何故かシュノーケリングの泡を嫌う性質がある。
日本近海にはアカシュモクザメ、シロシュモクザメ、ヒラシュモクザメの三種が分布する。
アカシュモクザメやシロシュモクザメなどは群れを成して行動し、その数は時には数百匹の単位に及ぶ事がある。
また、ウチワシュモクザメは2001年にアメリカ水族館単為生殖を行うことが確認された。

注意

念の為に述べておくが、なんぼその頭部がハンマーに似ているからと言って、その両端には目が付いている(それどころか前述の通り感覚神経の密集地帯である)為、頭部を横に振って「相手を殴打する攻撃」なんて行動は間違っても起こさない。
(ただし、ヒラシュモクザメのみは例外で、実際に頭部で獲物を殴打して弱ったところを捕食する)
魚類共通の全身を左右に振って泳ぐ姿がそれを彷彿とさせるのは仕方ないが、急所云々以前にそもそも軟骨魚類であるサメにとって体当たりという行為は自殺行為でしかない。(これはある種のサメが打撃攻撃用に尾びれを長く進化させるほど深刻な弱点である)


関連イラスト

ウミゾラ


Blue Gradient



関連タグ

 とんかち ハンマー
ガレオス/ドスガレオス アビスハンマー ハンマーヘッド メタルシャーク・プレイヤー- シュモクザメをモチーフとしたキャラクター

pixivに投稿された作品 pixivで「シュモクザメ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 228720

コメント