ピクシブ百科事典

ヒレトガリザメ

ひれとがりざめ

ヒレトガリザメとはメジロザメ目ヒレトガリザメ科ヒレトガリザメ属のサメの一種。
目次[非表示]

概要

学名はHemigaleus microstoma、英名はSicklefin weasel shark
日本には生息していない。東南アジアからインド大陸棚に生息。
体長は最大でも1.1mほど。近縁種に同属のオーストラリアヒレトガリザメがいる。

生態

なんといっても、その食性に最大の特徴がある。
食べる餌の殆どがタコまたはイカ。胃の中から出てきた内容物の90%がイカ・タコだったという記録もある。

生殖方法は胎盤を使うタイプの胎生。

見分け方

第二背鰭は大きく、第一背鰭の約2/3。他のヒレトガリザメ科のサメに比べ鰓孔が短い。
同属のオーストラリアヒレトガリザメとは、鰓の長さと歯の数で見分けられる。
鰓孔がより長く、下顎の歯の数がより少ないほうがヒレトガリザメ。

関連タグ

コメント