ピクシブ百科事典

ガンダムナドレ

がんだむなどれ

ガンダムナドレとは、TVアニメ「機動戦士ガンダム00」に登場するモビルスーツである。
目次[非表示]

機体データ

分類第3世代ガンダム
形式番号GN-004
全高18.1m
重量54.0t
装甲材質Eカーボン
動力GNドライヴ
マイスターティエリア・アーデ


ティエリア:
「ガンダムナドレ、目標を消滅させる!!」
「まだだ、まだ死ねるか…計画の為にも…、ロックオンの為にも…!!」

機体説明

第2世代機「ガンダムプルトーネ」の後継機である第3世代ガンダム。

ガンダムヴァーチェの装甲の中に秘匿されているため、ソレスタルビーイングのメンバーでもごく一部の者しかその存在を知らされていない。
ヴェーダとリンクした機体を全て制御下に置く事が出来る「トライアルシステム」を装備した機体であり、ソレスタルビーイングで内紛が起きた際のカウンターとして存在している。当初このシステムはナドレの前にもプルトーネで搭載テストが行われる予定だったが、様々な事情が絡み結局はナドレに実験的に搭載された。

性質上、対ガンダム戦に於いて一方的とも言える優位性を持つ事から、敵対勢力にその存在を知られないように外装を施し偽装した機体がヴァーチェである。

無駄なパーツのないアスリートのような外観を成しており、まるで長い髪のような赤色のGN粒子供給コードもあってどこか女性的な雰囲気を醸し出している。
その外観に加え、外装をパージする事で現れる機体性質もあり、パトリック・コーラサワーからはセミヌードと呼ばれる事もあった。

ヴァーチェや他の機体と比較してGNコンデンサーの容量が少なく、GNフィールドが張れないため単体での戦闘能力は低い。ただし装甲をパージした分、機動性は向上している。

その特殊性から、本来であれば厳重に秘匿するべきであったが、人類革新連盟のガンダム鹵獲作戦の折にその存在を表した。後にガンダムスローネの台頭を許したティエリアが、ソレスタル・ビーイングの理念から離れたスローネを停止させるべくトライアルシステムを使用。スローネアイン及びスローネドライを一時的に行動不能にするも、リボンズ・アルマークの介入によってその優位性を失う事になる。
なお本機を後述の装備換装をせずに発生させるトライアルフィールドの発生範囲は非常に狭く、少し離れたところでエクシアと戦闘していたスローネツヴァイは引き続き動いていた。

国連軍によるフォーリン・エンジェル作戦でヴァーチェの外装が破壊された事もあり、最後の戦いに於いてはやむを得ずこの状態で運用された。トランザムを使い、アルヴァトーレの粒子ビーム攻撃で大ダメージを受けながらも、コーラサワーのGN-Xを撃破。だが相打ちで戦闘不能となり、その後GNドライヴを放出しティエリアも救助され機体は放棄された。

武装

作戦プランの中にもガンダムの鹵獲や組織内の裏切りによる対ガンダム戦が想定されていたため、本機専用の装備も同時に開発されていた。

  • GNビームライフル
前身のガンダムプルトーネの装備を改良した高出力ビームライフル。GN粒子の供給は前腕と連結したコネクターによって行われる。銃口からビームサーベルを発生させることが可能。
  • GNシールド
同じくプルトーネの物を発展させた細身かつ大型のシールド。本機はGNフィールドが張れないため、取り回しに優れる本兵装が貴重な防御手段となる。エクシアやアストレアのものと酷似した形状で、機体に合わせ白と赤のカラーリングとなっている。
  • GNビームサーベル
両膝装甲内に格納されている格闘戦用装備。ヴァーチェの状態でも使用可能。
  • GNキャノン
ヴァーチェのバックパックに装備されていたGNキャノン。GNキャノンには持ち手がある為、ヴァーチェから装甲をパージした場合これを携行武装とする事が出来る。

バリエーション

GN-004/te-A02 ガンダムナドレ アクウオス

00V』に登場。
トライアルシステムの有効範囲を広げる為の装備を施したナドレ。アクウオス装備の2型仕様だが、前の1号機は試作中止となっていた。
対ガンダム戦を想定してか実体剣「GNマスクソード」も装備しており、これを専用シールドと合体させる事でトライアルシステムの有効範囲を数十倍に広げるガンダムフェイスを展開させることが出来る。また、コード部分がGN粒子発振用のアンテナに換装され推力と防御性能の向上を目的とした増加パーツも装備されている。トライアルシステムが必要とされる事態が発生した場合、ヴァーチェを最寄りの基地などに退避させ、この装備に換装し再出撃させる運用方法も考えられていたという。

本装備はラグランジュ1にて放棄されていたが、フェレシュテのメンバー(名前は出ていないがほぼ間違いなくフォン・スパーク)が回収したという。このガンダムフェイスは後のセラフィムガンダムに受け継がれており、アルテミーにもトライアルフィールドの拡張技術が採用されている。

ガンダムプルトーネ

ガンダムプルトーネを参照。
『00P』に登場する第2世代機でヴァーチェとナドレの試作機。

ガンダムアルテミー

ガンダムアルテミーを参照。
『00P』に登場する第3世代機。トライアルシステムの試験機でありナドレと一部のパーツも似ている。というかアニメ本編にも形を変えて登場している。

ガンダムナドレパルティータ

ガンダムビルドファイターズAに登場するガンダムナドレを改造したガンプラ。
ガンプラ塾講師エレオノーラ・マクガバンの使用するガンプラであり、ガンダムヴァーチェのバックパックを背負っており、GNコードは後部にポニーテール状に纏められている。
また、携行武装であるGNビーム・ライフルにはスタビライザとグリップを増設しており、これを展開する事によって「鎌」に変形出来るよう改造が施されている。
GNコンデンサの作り込みによってトランザムシステムもアニメと同じく三倍にも及ぶ機体性能を発揮しており、コンデンサに蓄積された粒子を用いてバトルシステムに介入する事でトライアルシステムも再現している。

余談

元々ガンダムヴァーチェはあのメタボ体型が素で裏表ないデザインで設計されていたが、画稿を見た水島精二監督の「外装を脱がせられないか」という提案からナドレが新たにデザインされたという経緯がある。

また、頭部から長髪(のように見える装飾)が生えているという女性的なデザインから放送当時「機動武闘伝Gガンダム」のノーベルガンダムを連想した人も多かった模様。実際後発のゲーム「ガンダムVSガンダムNEXT」でティエリアとノーベルを共演させた場合、「ナドレ?!そこの友軍機!貴様、どこからナドレの情報を手に入れた!」とナドレのデータが盗まれたと誤解し動揺する場面がある。

関連項目

機動戦士ガンダム00 ティエリア・アーデ
ガンダムプルトーネ ガンダムヴァーチェ ガンダムアルテミー
セラヴィーガンダム セラフィムガンダム  ラファエルガンダム

関連記事

親記事

ガンダムヴァーチェ がんだむゔぁーちぇ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ガンダムナドレ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 261695

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました