ピクシブ百科事典

ガンダムアストレア

がんだむあすとれあ

ガンダムアストレアとは、『機動戦士ガンダム00外伝』に登場する機動兵器である。
目次[非表示]

機体説明

型式番号GNY-001。第3世代機開発のための実働データ収集を目的に開発された第2世代ガンダムの1号機。エクシアの前身。マイスターはルイード・レゾナンスフォン・スパーク

0ガンダムの汎用性を強く受け継いだ機体で、フレームを複雑化することで人間と同様の可動範囲が実現されている。また他のガンダムよりも機体外部に多くのコードが展開されているため、機体制御をしやすい。
共通のフレーム構造を持つ後継機のエクシアとは高い互換性を持ち、専用武装である「セブンソード」の運用試験も本機で行われている。

武装

GNビームライフル

0ガンダムのGNビームガンの発展型。粒子の供給は前腕と接続されたコネクターから行われる他、GNコンデンサーを内臓したことによって威力が向上している。

GNビームサーベル

腰に2基を装備。柄はエクシアと共通のもの。

GNシールド

0ガンダムとは違い、コネクターにマウントアームを装備する形で使用する。

プロトGNソード

エクシアが装備するGNソードのプロトタイプ。GNソードと同じく折り畳み式ではあるが、シールドとビームライフルが省略されている。

プロトGNランチャー

高濃度圧縮したGN粒子を撃ち出す大型火器。肩のクラビカルアンテナを外して太陽炉に直結する構造のため粒子制御能力が低下し、出力が不安定な上に銃身の隙間から粒子が漏れるという欠点を持つ。ヴァーチェのGNバズーカの原型とも言える装備。後にGNコンデンサーの改良によって、太陽炉直結分2基と両手持ち2基の計4基での試験も行われ、セラヴィーのクアッドキャノンと同じ現象が確認された。

バリエーション

ガンダムアストレアTYPE-B

背部のスラスターを第3世代ガンダムと同じコーン型に改修した試験型。機体自体のバランスが崩れたため、元のスリースラスター型に戻された。

ガンダムアストレアTYPE-F

『00F』に登場。第3世代機の技術を用いた改良が行われているほか、機体色がトリコロールから深紅へと変更されている。第3世代機以外のガンダムの存在を隠すため、仮面型センサーマスクを装着して特徴的なツインアイを隠している。

ガンダムアストレアTYPE-F2

完成から15年以上を経て老朽化した部分をエクシアの予備パーツで改修した機体。頭部の仮面はフォンの嗜好で取り外されることが多い。またメカニックのシェリリン・ハイドによって、トランザム時に機体周辺の粒子をコントロールするGNリフレクションが追加されているが、使用タイミングの見極めが困難なため肉を斬らせて骨を断つと言う戦法を強要されることになる。

ガンダムアストレアTYPE-Fブラック

イノベイター勢力が複製した機体。月面にあるヴェーダを狙うフォンを迎撃するために出撃したが、トランザムを起動したアストレアTYPE-F改によって一撃で撃破された。戦闘後、フォンによって回収された。

ガンダムアストレアTYPE-F フォン・スパーク専用機

『00I』に登場。フォンが回収したブラックアストレアを専用機として改修した機体。カラーリングがオリジナルと同じ深紅に戻されており、同じく頭部に仮面型センサーマスクを装備している。擬似太陽炉搭載機であるため活動時間の制限があり、トランザムは使用不可となっている。
主にCBに関係した施設から回収した装備や連邦軍の機体から奪った武装をそのまま使用している。

ガンダムアヴァランチアストレアTYPE-Fダッシュ

『00P SE』『00I』に登場。エクシアのアヴァランチダッシュユニットを装備したアストレアTYPE-F。背部のオプションアームや腰部GNバーニアなどの接合部の形状が異なるため一部装着不可能なパーツも存在するが、GNコンデンサーの性能向上により機動性の強化・限界稼働時間の延長など、総合性能は向上している。

関連イラスト

ガンダムアストレアTYPE-F重武装型
焔@NECパソコンさんのリク



関連タグ

機動戦士ガンダム00 機動戦士ガンダム00P 機動戦士ガンダム00F 機動戦士ガンダム00I

pixivに投稿された作品 pixivで「ガンダムアストレア」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 56419

コメント