ピクシブ百科事典

フォン・スパーク

ふぉんすぱーく

『機動戦士ガンダム00』をもとにした外伝作品に登場するキャラクター。
目次[非表示]

人物像

機動戦士ガンダム00F』の主人公。『機動戦士ガンダム00I』および『機動戦士ガンダム00P』2ndシーズンにもゲスト出演している。

本名はロバーク・スタッドJr。元テロリストという異色の経歴を持つガンダムマイスターで、アリー・アル・サーシェスとともに活動していたこともある。
彼を印象付けるのはやはり『あげゃげゃげゃ』というその特徴的な笑い方であろう。彼の名前の由来もこの笑い声(フォン=音・スパーク=爆発)からきている。
笑い方から一見すると精神破綻者にも思えるが、他人の素性を見分ける洞察力と大胆かつ正確な知性を持ち、ブリング・スタビティを見ただけでイノベイドと見抜くなど、テロリスト時代から培ってきたその頭脳は、他のテロリストをして「切れすぎる」と言わしめていたほどである。
また、自分らしい生き方を貫くため、あえて困難に立ち向かい、その困難な事実が困難であればあるほど意欲をかきたてられるという性格から、ソレスタルビーイングフェレシュテの行動理念に反することも厭わない。

『00P』の時代、13歳でテロリストのリーダーを務めていたが、ある事件をきっかけとしてガンダムラジエルを鹵獲しようとしたことから、グラーベ・ヴィオレントにその能力を評価されソレスタルビーイングに勧誘された。

そして『00F』において、18歳でソレスタルビーイング支援組織フェレシュテのガンダムマイスターとなるが、かつての経歴を危険視され、任務時以外常に手錠つき、さらに首には爆弾付きの首輪をはめられるなど、囚人に近い扱いであった。
やがてその技術を認められ、ガンダムアストレアタイプF2のパイロットとなるが、その戦いぶりは、ハヤナから『えげつない』と言われるほど非情かつ冷酷で徹底したものであった。
のちにフェレシュテが0ガンダムとその太陽炉を狙ったトリニティに襲撃を受け、その際にヨハン・トリニティによって首の爆弾を爆破され、重傷を負ってしまう。しかし、JB・モレノによって一命を取り留め、回復後にソレスタルビーイングと国連軍との決戦現場に赴き、中破したガンダムキュリオスの太陽炉を回収する役目を請け負っていた。

『00F』2ndでは、フェレシュテ創設者シャル・アクスティカと求める理念が違うとして決裂し、フォンはハナヨとガンダムとともにフェレシュテを脱走する。
そして、ソレスタルビーイングとは別に地球連邦軍を裏で操る何者かの存在を突き止めるため、各地の反政府ゲリラと手を組むなど独自行動を行うが、シャルにその行動を危険とみなされ、抹殺のため差し向けられたヒクサー・フェルミに追われることとなる。しかしフォンはその追撃をうまくかわし、戦艦エウクレイデスを強奪、イノベイドと手を結び太陽光発電妨害するためのアステロイド爆破テロを決行する。
しかしこの結託は、実はフォン自身の計画の内であり、太陽光発電を妨害して優先的に電力供給が行われている場所を特定することで、ヴェーダの所在と、地球連邦軍の黒幕リボンズ・アルマークの位置を突き止めようとしたのである。
そしてその目論見は見事に成功し、ヴェーダの場所に向かったが一足遅く、ヴェーダはすでにリボンズによって端末機能をソレスタルビーイング号に移された後で、フォンは抜け殻となったメインターミナルを持ち出し、ガンダムを残してハナヨとともに行方不明となった。

ちなみに、刹那・F・セイエイに対しては、『自分の力で先を切り開いていく人間』であることから共感を示すとともに、逆にリボンズに対しては『自分の認める生き方しか他者に認めない』として嫌悪感をあらわにしている。

メディアミックスへの出演

外伝作品のキャラであるため他作品への出演数は決して多くないが、漫画『ガンダムEXA』においては、その鋭い洞察力を生かし、『00F』世界にダイブしてきたGダイバーを、この世界の人間ではないのではないか、と見抜くなど、他のキャラとは一味違う部分を見せる。

さらに、『Gジェネレーション』シリーズでは、最新作『OVERWORLD』にて作品としても初参戦を果たした『00F』の代表として愛機アストレアタイプF2とともに参戦。
CVは岡本信彦。特徴的なその笑い声にはまさにうってつけの配役であるといえる。

関連タグ

機動戦士ガンダム00 機動戦士ガンダム00F ハナヨ シャル・アクスティカ

pixivに投稿された作品 pixivで「フォン・スパーク」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5480

コメント