ピクシブ百科事典

ヨハン・トリニティ

よはんとりにてぃ

ヨハン・トリニティとは、アニメ『機動戦士ガンダム00』の登場人物。
目次[非表示]

CV:小西克幸
舞台版キャスト:坂垣怜次

概要

トリニティ兄妹の長男で、ガンダムスローネアインのマイスター。冷静沈着な性格で、言動もきわめて穏やかである。刹那エクシアに急襲された際にはまず説得を試み、ジンクス部隊に対して不利を悟った際は迷わず撤退するなど、精神的に幼いミハエルネーナをまとめるリーダーとして、高い能力を見せた。反面、自分達やその使命を特別なものであると強く意識しており、使命と関係のないことに対しては冷淡で、あまり興味を示さない。ネーナが故意に民間人を攻撃した際にも軽い注意程度に留めており、プトレマイオスチームの方針に対しても、世論の反応を気にしながら武力介入を行っていると批判している。

三ヶ国合同軍事演習の初登場時では、AEU軍に鹵獲されかけていたヴァーチェの窮地を救った。兄妹でユニオンのMSWAD本部の襲撃も行い、その際はエイフマン教授を殺害している。アイリス社の軍事工場を襲った時は、出撃してきたグラハムの猛攻に会い、乗機の片腕とビームサーベルを失うという苦渋を味わった。その後も戦争根絶のためと信じて疑わず、与えられた任務を忠実に実行し続けたが、役目を終えたことでアレハンドロから切り捨てられた。そして彼からの抹殺指令を受けて接触してきたサーシェスにミハエルが射殺され、自身も銃で撃たれて負傷した身でスローネアインに搭乗し、ミハエルの仇討ちを試みるものの、力及ばず撃墜されて死亡した。最期の台詞は、信念を打ち砕かれた失意を訴えるものであった。

SDガンダムシリーズでは

SDガンダムザ・ラストワールド』にて敵として登場。
何と、
ムウ・ラ・フラガ
デシル・ガレット
マスク
ガエリオ・ボードウィン
という『機動戦士ガンダムSEEDDESTINY』以降のライバルや悪役達を纏めるリーダーとして手腕を振るっている(ライバルがマスクしかないのは置いといて)。
更にはリボンズ・アルマークの直接的な配下となっており、本編の不遇な扱いから一転して大役を与えられた。最終的に倒されてしまう悪役ではあるが、ファンは必見と言える。

関連タグ

機動戦士ガンダム00 ガンダム00 
チームトリニティ ミハエル・トリニティ ネーナ・トリニティ
アレハンドロ・コーナー ラグナ・ハーヴェイ アリー・アル・サーシェス ガンダムスローネアイン

関連記事

親記事

チームトリニティ ちーむとりにてぃ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ヨハン・トリニティ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 40838

コメント