ピクシブ百科事典

グラハム・エーカー

ぐらはむえーかー

『機動戦士ガンダム00』の登場人物。 通称24世紀のガノタ(ガンダムヲタク)。
目次[非表示]

CV:中村悠一

※pixivではタグ『グラハム』の使用が一般的

プロフィール

生年月日2280年9月10日
星座おとめ座
年齢27歳(1st season)→32歳(2nd season)→34歳(劇場版)
身長180cm
体重62kg
血液型A
階級中尉→上級大尉(1st season)→不明(2nd season)→少佐(劇場版)


概要

ファーストシーズン

ユニオン軍所属のモビルスーツパイロット。階級は中尉(オーバーフラッグス結成後は上級大尉)。
当初はいたって普通の軍人だったが、次第にガンダムの性能に魅了されていったが為にその存在を歪ませていった人物。
ユニオン軍次期主力機トライアルにおいて、フラッグのテストパイロットに任命され、テスト飛行の際に空中変形マニューバー「グラハムスペシャル」を生み出した逸話を持つが、同時に模擬戦で相手機体のユニオンブラストを損傷させ、結果として上司だった相手パイロットを墜落・死亡させてしまうという悲惨な事故を起こしている。
実際は相手側の無茶な操縦(元々性能面で勝てると思っていなかった上司が自分の保険金で家族を養うためにワザとそのような操縦をした)が原因であり、グラハムに非はなかったのだが、事情を知らない周囲からは「上官殺し」と謂われぬ誹謗中傷を受けることもあった(アニメでは実際にジョシュア・エドワーズからそのことを指摘されている)。しかし本人は釈明することもなく、また気にも留めていないようである。

 MS操縦の腕前はトップクラスであり、接近戦を最も得意とする。
フラッグとは圧倒的性能差を誇るガンダムと(技術と精神力との力で)互角に渡りあい、視聴者を釘付けにした(ファーストシーズンでガンダムと互角に戦えたのは、実質、グラハム、サーシェス、ピーリス、アレハンドロの4人のみ)。
具体的には、
エクシアと激しく斬り合ったり、近距離戦でデュナメスの射撃を避けたりと凄まじい戦闘能力を見せ付けた。
主な搭乗機体はユニオンフラッグとその改造機がメイン。また、GNフラッグは、彼が搭乗するはずだったジンクスの疑似太陽炉を強引にフラッグに載せ換えた機体である。

セカンドシーズン

ファーストシーズン最終話において重傷を負い、全身に深い傷を負った為、それを隠すべく仮面を身に着け、脚色の入った武士道をかざす「ミスター・ブシドー」として再登場した。
また、ミスター・ブシドーというのは自称ではなく、その風貌から与えられた他称(所謂あだ名)である。
(元凶は親友であるビリー・カタギリの伯父、ホーマー・カタギリ。彼もまた間違った武士道をかざす人物である)
軍司令部から独自行動のライセンスを与えられており(このライセンスはリボンズ・アルマークが自分の手駒を自由に動かす為に用意した措置であるが、グラハムはホーマーの一存で特別にこのライセンスを与えられている)本人の自由意思で作戦行動から途中離脱する事も出来る。

四年前とは打って変わって(?)ガンダムへの執着心が」から「憎悪」へと変化しており、特に刹那の乗るダブルオーガンダムに対する執着は強く、友軍にも一騎打ちさせるよう念押しする程。
後半の搭乗機体であるマスラオスサノオトランザム対応であることもあって、イノベイター以外でトランザムライザーに対抗できた唯一の人物である。
その際の戦闘でダブルオーガンダムの量子空間を体験し、敗北したため最終戦闘には参加できずに終わる。
その後は終戦まで行方不明となっていたようだが、最終話で仮面をはずしてビリー・カタギリの研究室を訪れた姿が確認されている。

主な搭乗機体

サキガケ マスラオスサノオ
マスラオ=スサノオの頭部にはダリルの搭乗していたオーバーフラッグの頭部が隠されており、刹那との対決に敗れた際にその「素顔」が露出している。
これは「ミスター・ブシドー」がフラッグファイターたる「グラハム」に戻ったことの暗喩でもある。

A_wakening_of_the_Trailblazer

その後は連邦軍に戻り、階級は少佐となっている。
マスラオ/スサノオを元に旧ユニオン・旧AEUの技術陣が開発した新型可変機「ブレイヴ」に搭乗し、グラハム機を含む、6機のブレイヴで構成された新型MS部隊「ソルブレイヴス」の隊長を務めている。
パイロットとしての腕と道理を無理でこじ開ける性質は健在で通常は三機で囮と迎撃をローテーションで繰り返す戦闘パターンを一人で敢行するといった超人的な戦闘を披露した。
部下を率いて連邦軍先遣艦隊の援護に赴くが間に合わず、代わりにCBの窮地を救った。
プトレマイオス2改に乗船した際は、自らを「ガンダムを超えようと愚行を繰り返した男」と名乗り、過去の述懐と共に「超えるのはガンダムではなくこの少年(刹那)だ」と、自分の新たな決意を語ると同時に、刹那を救えなかった事を悔やんでいた。
部下思いでもあり、地球圏防衛の最終決戦に出撃する際には、彼らに生きて帰るよう諭し、目の前で部下の1人であるイェーガン・クロウが戦死した時には、「敢えて(死ぬなと)言ったはずだ」と嘆き、ELSに対して奮戦した。
その後は、対話を行うために超大型ELSへ向かう刹那のクアンタを援護し、刹那の攻撃で開いた穴を閉じさせないよう道を切り開くべく、機体や自分の体が侵食を受けて吐血する中、「これは死ではない」と語りながら、超大型ELSに特攻して戦死するという、壮絶な最期を遂げた。

名台詞の数々

劇中で名台詞を数多く残している彼。もはや台詞全てが名言と言っても過言ではない。

1stシーズン

  • 好意を抱くよ。興味以上の対象だということさ」
  • 「グラハム・エーカー……君の存在に心奪われた男だ!!」
  • 「よもや君に出会えようとは。乙女座の私には、センチメンタリズムな運命を感じずにはいられない」
  • 「モビルスーツの性能差が、勝敗を分かつ絶対条件ではないさ」
  • 「あえて言わせてもらおう、グラハム・エーカーであると!!」
  • 「人呼んで、グラハムスペシャル!!
  • 「身持ちが堅いな!ガンダム!!」
  • 抱きしめたいな、ガンダム!!
  • 「まさに、眠り姫だ」
  • 「堪忍袋の緒が切れた!許さんぞ!ガンダム!!」
  • 「私の顔に何度泥を塗れば気が済むのだ…ガンダムッ!」
  • 「彼は私以上にフラッグを愛していたようだな。ならばハワード・メイスンに宣誓しよう。私、グラハム=エーカーは、フラッグを駆ってガンダムを倒すことを」
  • 「そんな道理、私の無理でこじ開ける!!」
  • 「今日の私は、阿修羅すら凌駕する存在だ!!」
  • 「私は我慢弱い
  • 「会いたかった……会いたかったぞ、ガンダム!!」
  • 「やはり私と君は、運命の赤い糸で結ばれていたようだな。そうだ、戦う運命にあった!!」
  • 「君の圧倒的な性能に私は心奪われた……この気持ち、まさしく愛だ!!
  • 「だが愛を超越すれば、それは憎しみとなる!」


2ndシーズン

  • 「そうか、現れてくれたか。自分が乙女座であったことをこれほど嬉しく思ったことはない」
  • 「なんという僥倖……生き恥を晒した甲斐が、あったというもの!!」
  • 「興が乗らん!」
  • 「勝手にそう呼ぶ。迷惑千万だ」
  • 「ならば、君の眼を釘付けにする。とくと見るがいい、盟友が作りしわがマスラオの奥義を!!」
  • 「この私、グラハム・エーカーは、君との果し合いを所望する!!」
  • 「最早愛を超え、憎しみをも超越し……宿命となった!!」


劇場版

  • 「かつて、ガンダムを越えようと愚行を繰り返した男だ」
  • 「行け、少年!!生きて未来を切り開け!!」
  • 「未来への水先案内人は、このグラハム・エーカーが引き受けた!!」
  • 「これは死ではない、人類が生きるための……!!」


メディアミックスでの扱い

Gジェネレーションシリーズ

本編でも大真面目にはっちゃけていたグラハムではあるが、Gジェネではそのはっちゃけぶりに磨きがかかっている。
「グラハム・フィンガー!!」と叫ぶ様は、プレイヤーの腹筋を崩壊させるに十分すぎる破壊力を誇る。
ちなみに性能としては、全パイロット中屈指のインファイター。MP(スパロボで言うところの気力)及びクリティカル発生に上方補正をかける「グラハムスペシャル」により、超強気に持っていきやすく、大ダメージを奪いやすい。プレイヤーによっては本家本元のガンダムファイターよりシャイニングおよびゴッドガンダムのポテンシャルを引き出しやすいと評される。

スーパーロボット大戦

第2次スーパーロボット大戦Z破界篇においては、様々な作品の敵陣営エースパイロットと交流し、
特にAEU(OZ)のエースであるゼクス・マーキスとは陣営・部隊を超えた友情を育んだ。
第49話にて敵増援として登場した時にはエースボーナスを習得しており、
「体力が一定以下になると一度だけ精神コマンド『愛』の効果を得る」と言うシロモノであった。

続く再世篇ではミスター・ブシドーとして武士道を歩む切っ掛けの一つとして
『日本(エリア11)侵攻時に藤堂鏡志朗と戦い、敗れた為』というエピソードが追加されており、
ブシドーが現れた際に藤堂が注意を促すという一連の流れが定番化している他、ミスター・ブシドーは藤堂をして「真の武士道に辿り着けない」とも言われている。
また刹那には最初から正体がバレている。
ちなみに全編を通して早乙女アルトを空中戦におけるライバルと認定する中の人繋がりなネタがある。

第3次Z時獄篇においては、通常であれば名ありボスキャラが習得している「極(気力130以上で命中・回避・クリティカルに+30%補正)」を習得したまま自軍入りという快挙(暴挙?)をやらかしている。
また、プリペンターの一員でありコードネームは「ライトニング」。…仮にも火消しなのに雷で延焼しやしないんだろうか…。
中断メッセージでは念願のアルトとの絡みと、同じく仮面を被っていた者同士との絡みが用意されている。

スーパーロボット大戦UXでは劇場版設定で出演、主人公アニエス・ベルジュ
その相棒ジン・スペンサーの上官としてストーリーの序盤から登場している。
同じ乙女座であるシン乙女座の連携を持ちかけたらしく、シンの援護台詞では「本当にやるんですか!?」と驚かれている。
生存フラグが存在し、ELSに特攻する場面をガンダムマイスターやアーニーに助けられる。
雪崩込むそこからなだれ込むように自軍入りをする。
スーパーロボット大戦BXでも劇場版設定で出演。刹那がELS相手に無茶をしてからのフォローに入り、今作はUXと違い、ELSとの最終決戦ではマクロス・クォーターの連合艦隊のお披露目と共に無条件で生き残るようになった。
スーパーロボット大戦Vでもまた劇場版設定で出演。主人公のライバル、機体が飛行機に変形するなどの共通点からかかつては脱走兵である雷張ジョーを部下としており、現在は敵同士であってもジョーはグラハムを尊敬していることが伺える。ちなみにファーストシーズンの頃から部下にしており、ジョーの年齢はフラッグファイターの中では最年少と思われる。

ガンダムVSガンダムシリーズ

NEXTPLUSではユニオンフラッグカスタムで敵専用機として登場。
EXVSにて愛機スサノオと参戦。性能については他記に譲るが、注目すべきはやはり台詞。
なんと、射撃コマンドで発動する「入魂」という技に、台詞が20種類以上用意されているのである。
気になる人はすべて聞けるか試してみるといいだろう。

マキシブーストではスサノオに加え、劇場版に登場したブレイヴも参戦。
ガンダムバーサスではユニオンフラッグカスタムが参戦予定。

ドラマCD

アナザーストーリー「MISSION-2306」では、先生として登場。
美少年好きで、小太りである。おまけに、スタッフや声優のマネージャーの名前を叫びながらリボンズに迫るなど、もはや完全にキャラが崩壊している。
ハムパンチ!!ハムキック!!ちょりーっす!!

小説

こちらでも名台詞の数々は健在なのだが、注目すべきは彼の心理描写の部分である。
ガンダムと戦えることに対して、死した戦友への矜持や宣誓以前に悦びを感じている彼の内面がよくわかるが、それだけではなく、剣がぶつかった回数を正確に数えていたり、地の文にツッコミを入れたり、ジャイアニズムをぶっちゃけたりと、彼は彼で刹那とは違う方向に変革しているのではないか?と思えるほど。

ちなみに・・・。

・中の人ネタもあるが、アルトに「空の飛び方を知ってやがる……!」と言わしめるほどの操縦テクニックから、マクロスアルティメットフロンティアのWikiにある「次の作品にはどのパイロットを収録してほしいか」というアンケートにただ一人ガンダムシリーズから彼がエントリーされている(誰がしたのかは不明)。

・劇場版の彼の最期のシーンにおける生死について問われた際、水島監督は「あれで生きてたら気持ち悪い」と回答している。……が、一部のファンはこれを
  →「気持ち悪ければ生きている」→そして「グラハム = 気持ち悪い」→つまり「グラハムは生きている」と前向きに(?)解釈しているとか。

関連イラスト

BLUE。
Graham Aker


大丈夫だ、問題ない
【劇場版ガンダムOOキャプションネタバレ】グラハム・エーカー隊長


【187】ソルブレイヴズ隊長
スターダスト



ネタ

獅子座のセンチメンタリズム
グラハムスペシャル



関連タグ

他の表記

グラハム ミスター・ブシドー

同作品キャラクター

刹那・F・セイエイ ロックオン・ストラトス 
ビリー・カタギリ レイフ・エイフマン ハワード・メイスン ダリル・ダッジ ジョシュア・エドワーズ
ヴィクトル・レオーノフ ルドルフ・シュライバー アキラ・タケイ イェーガン・クロウ ネフェル・ナギーブ

搭乗機体

ユニオンフラッグ
ユニオンフラッグカスタム
GNフラッグ
アヘッド近接戦闘型サキガケ
マスラオ
スサノオ
ブレイヴ

カップリング

グラニル グラ刹 刹グラ ビリグラ

その他

機動戦士ガンダム00 ガンダム00 A_wakening_of_the_Trailblazer 
フラッグファイター ユニオン アロウズ
ライバル 仮面 変態仮面 武士道 阿修羅 阿修羅すら凌駕する存在
シャア・アズナブル ラウ・ル・クルーゼ ゼクス・マーキス
ナイジェル・ギャレット

pixivに投稿された作品 pixivで「グラハム・エーカー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1419981

コメント