ピクシブ百科事典

皆本光一

みなもとこういち

皆本光一「絶対可憐チルドレン」の登場人物(主人公)。
目次[非表示]

CV:中村悠一 / 釘宮理恵(幼少期)

概要

9月18日生まれ / 乙女座 / B型 / 身長181cm / 体重67kg
ザ・チルドレンの現場運用主任で階級二尉。幼少から突出し過ぎた知力であったため特別教育プログラムへと進学し、のちにバベルに入局することになる。そして、特別待遇を受ける子供の疎外感を理解できるであろうと、ザ・チルドレンの現場主任に抜擢。中間管理職の悲哀を味わう日々を送ることになる。なお、マジギレさせると止められるものはいない。

ただし物語の進行により、バベルの最高権力者の蕾見不二子がサポートチームの一員となったことから、現場限定だがバベルの全権を行使できるようになっている。

チルドレンを始めとするエスパー達との交友関係も深くなっていく一方、薫が本能的にエスパーを敵・味方見境無く守ろうとする行動に不安を抱いたり、「エスパーの苦しみはエスパーにしか分からない」という兵部京介の言葉に否定しきれない現実、そして自身が高い知力を持ちながらも超能力を持っていない事から肝心な時に仲間のエスパー達の足を引っ張ってしまうという無力感に苦悩を見せる事も少なくなかった。
そして、そういった内側の苦悩を黒い幽霊のギリアムに漬け込まれてしまった結果、高校生篇では催眠能力によって「薫との悲劇の未来」を追体験させられた上で、薫がエスパーの立場を捨てられない、それ故に普通人の勢力から仲間を守る為に戦う事も回避出来ないと突きつけられ、「悲劇の未来」への可能性に対する恐怖心が一層増してしまう事になる。
そして、「未来を変えるには、ザ・チルドレンを超える力を手に入れるしかない」という結論にまで誘導された結果、ギリアムが用意した最新鋭のファントム・チルドレンであるドロシー(スケアクロウの正体)を連れ、B.A.B.E.L.と決別してしまう。

本来、未来予知のビジョンでこの時にあったのは、「薫がエスパー達を助ける為にB.A.B.E.L.を捨てる」という展開で、「悲劇の未来」に向かう決定的な分岐点とも言えるものだったのだが、ギリアムの催眠による介入の結果、「皆本自身が悲劇の未来を回避する為にB.A.B.E.L.やチルドレンのメンバーを捨てる」という真逆な展開を迎える事になってしまった。


関連イラスト

ザ・チルドレン+主任1
よあけのこーひー



皆本ハーマイオニー」さんの図。

皆本ハーマイオニちゃん



関連タグ

絶対可憐チルドレン B.A.B.E.L
明石薫 野上葵 三宮紫穂
賢木修二 蕾見不二子 兵部京介

カップリング

皆薫 皆葵 皆紫

カップリング(BL)

賢皆 兵皆

関連記事

親記事

B.A.B.E.L ばべる

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「皆本光一」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1442801

コメント