ピクシブ百科事典

阿修羅すら凌駕する存在

あしゅらすらりょうがするそんざい

阿修羅とは三面六臂の神のことであり、三面六臂+四脚のこれはスペック上、地味に凌駕している。が、こいつのことではない、多分。
目次[非表示]

上画像のセラヴィーガンダムとは発言の時点では関係ない。
また、あしゅら男爵を毎度フルボッコにしているマジンガーZの事ではない。

概要

手段を選ばないガンダムスローネによる武力介入によって部下であるハワード・メイスンを失ったグラハムが、圧倒的に性能の劣るカスタムフラッグでガンダムスローネに挑みかかった際に自称した。

グラハムはこの台詞とともにガンダムスローネアインのGNビームサーベルを弾き飛ばして奪い取り、スローネアインの腕を一本断ち切る活躍を見せる。
この事から、グラハム・エーカー及び、彼が怒る様相を指す言葉となった。

余談

後に革命機ヴァルヴレイヴにて、中村悠一氏が演じたキャラクター山田ライゾウが、腕を十本持つヴァルヴレイヴ三号機火神鳴に乗り活躍している。偶然か必然かは不明だが、センチメンタリズムな運命を感じざるを得ない一致である。

関連タグ

機動戦士ガンダム00 グラハム・エーカー
革命機ヴァルヴレイヴ 山田ライゾウ
武者頑駄無阿修羅丸(対峙していたヨハンの中の人がかつて演じていたキャラ、正しく阿修羅)
あしゅら男爵
悪魔将軍アシュラマンすら凌駕する存在)

pixivに投稿された作品 pixivで「阿修羅すら凌駕する存在」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 75316

コメント