2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

阿修羅すら凌駕する存在

あしゅらすらりょうがするそんざい

阿修羅とは三面六臂の戦いの神のこと。つまり、文字通りそれ以上の存在。
目次[非表示]
阿修羅を凌駕したセラヴィー


↑三面六臂+四脚のこれはスペック上、地味に凌駕している。が、こいつのことではない、多分。


概要

手段を選ばないガンダムスローネによる武力介入によって部下であるハワード・メイスンを失ったグラハムが、圧倒的に性能の劣るカスタムフラッグでガンダムスローネに挑みかかった際に自称した。

グラハムはこの台詞とともにヨハン・トリニティの狩るガンダムスローネアインのGNビームサーベルを弾き飛ばして奪い取り、スローネアインの腕を一本断ち切る活躍を見せる。
この事から、グラハム・エーカー及び、彼が怒る様相を指す言葉となった。

余談

後に革命機ヴァルヴレイヴにて、中村悠一氏が演じたキャラクター山田ライゾウが、腕を十本持つヴァルヴレイヴ三号機火神鳴に乗り活躍している。偶然か必然かは不明だが、センチメンタリズムな運命を感じざるを得ない一致である。

このシーンの直後、フラッグのガンプラが売り切れ続出したとか。

関連タグ

機動戦士ガンダム00 グラハム・エーカー
革命機ヴァルヴレイヴ 山田ライゾウ
武者頑駄無阿修羅丸(対峙していたヨハンの中の人がかつて演じていたキャラ、正しく阿修羅)

阿修羅

関連記事

親記事

グラハム・エーカー ぐらはむえーかー

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 221936

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました