ピクシブ百科事典

目次[非表示]

曖昧さ回避

  1. インド神話に登場する女神。
  2. 東京放課後サモナーズ』に登場するキャラクター。→ドゥルガー(放サモ)


概要

アスラ族を滅ぼすべく神々(デーヴァ)が生み出した戦闘女神

彼女の名前は元々とあるアスラ王のものであった。
彼女は顕現するや否や、アスラの軍勢を撃退し、ドゥルガー王を殺害。そしてその名を我が物としたのである。

彼女の起源についてのエピソードもまた、アスラと神々との戦いに関係するものである。
マヒシャ率いるアスラ軍に圧倒された神々は、自分達の中から出した光を一つに集め、一柱の女神を誕生させた。さらに自分達の持物を彼女に持たせ、完全武装の戦いの女神とした。
彼女はシヴァから授かった三叉戟でマヒシャを殺し「マヒシャースラマーディニ(マヒシャの殺害者)」の異名を得た。
しかしマヒシャを倒しても戦闘はさらに続いた。続くアスラとの戦いでドゥルガーは敵の姿を見て怒りにかられ、顔を真っ黒にした。そして額から殺戮の女神カーリーを出現させ、カーリーもまたこの戦闘で大活躍する。

乗り物は聖獣ドゥンライオンの姿で描かれる。

Durga Shakti
ドゥルガー



ネパールでは「クマリ」と呼ばれる生き神にドゥルガーが宿ると信じられている。

パールヴァティー、カーリーとの関係

ヒンドゥー教においてはカーリーと共にシヴァの妻パールヴァティーと同体とされ、同じ一人の女神(デーヴィー)の顕現とされる。
ドゥルガーの場合、その九つの相「ナヴァ・ドゥルガー」には、パールヴァティー(山の娘)と同じ語義の「シャイラプトリー」、スカンダの母を意味する「スカンダマーター」があり、パールヴァティーと一体であることが示されている。
同じく九相の一つ「カーララートリー」をカーリーと同じ意味で用いた文献が存在している。

持ち物

『マールカンデーヤ・プラーナ』所収「デーヴィー・マーハートミャ(参考)」によると以下の通り。

授けた存在授けられた物
破壊神シヴァトリシューラ(三叉戟)
維持神ヴィシュヌチャクラム(円盤)
水神ヴァルナ羂索(投げ縄)
火神アグニ
嵐神マルト弓と矢筒
雷神インドラ雷霆と騎像の鐘
死神ヤマ
創造神ブラフマー水瓶
太陽神スーリヤ彼女の全身全ての毛穴に光
カーラ(時・死、の意)剣と盾
乳海装身具と衣類
工匠神ヴィシュヴァカルマン手斧、様々な飛び道具、不壊の鎧
身につける萎れない蓮華の花輪、手に持つ蓮華
山神ヒマヴァット様々な宝石、騎獣ドゥン
財神クベーラ盃杯
この他にもバリエーションがあるようで、ヤマからは剣、クベーラからは棍棒、とする例もある(参考)。

仏教におけるドゥルガー

彼女の異名の一つに「チュンディー」があるがこれが仏教に取り入れられ、漢訳の際には「准胝観音」と表記された。
観世音菩薩がもつ相の一つであり、主要な変化身「六観音」の一尊である。
一方、女神としてのドゥルガー(突伽天女)の陰は薄い。

『大慈恩寺三蔵法師伝(慈恩伝)』によると、三蔵法師が仏典を求めて天竺インド)を訪れた際、突伽(ドゥルガー)を崇拝する賊たちに襲われ、生贄用に殺されそうになったという。
カーリーに仕えたサッグ団を思わせるエピソードである。

ナヴァ・ドゥルガーの一相「カーララートリー」は、仏教側では吉祥天(ラクシュミー)の姉妹である不幸の女神黒闇天となっている(ヒンドゥー教側で「ラクシュミーの姉妹の不幸の女神」なのはアラクシュミー)。

また、別名の「ヴィカラーラ」(恐ろしき者)が薬師如来の使い十二神将が一柱「毘羯羅大将」の由来となった。つまり、十二神将では唯一の女神が元となった存在である。
ただし、此方での姿は猛々しい男の武人という出立ちであり、図像によっては対応する干支であるの頭を持つ。

関連タグ

デーヴィー マートリカー
パールヴァティ カーリー女神

Fateシリーズとあるハイ・サーヴァントに組み込まれた神霊として登場。

関連記事

親記事

パールヴァティー ぱーるゔぁてぃー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ドゥルガー」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ドゥルガー」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 346475

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました