ピクシブ百科事典

デーヴィー

でーゔぃー

デーヴィーとは、サンスクリット語でデーヴァ(神)の女性形、すなわち女神のことである。

代表的なのはブラフマンと対なる女性原理シャクティシヴァの妻ウマーとその諸相(パールヴァティードゥルガーカーリー)、そしてヴィシュヌの妻ラクシュミーとその化身(シーターやラーダー]])である。
ヴェーダにはその他、地母神プリティヴィー、死の女神ニルリティ太陽神たちの母にして無限の女神アーディティー、暁の女神ウシャス、夜の女神ラートリーインドラの妻シャチーなどが登場する。

その他七女神サプタ・マートリカーなどがいる。聖典に登場するメジャーな女性神格以外にも女神はおり、その多くはヴェーダを携え西方からやってきたアーリア人の知らなかった土着の神である。
ヒンドゥー教の歴史において、そうした女神たちは有名な神の妻とされたり、妻神の諸相や別名として吸収、習合されている。

女神たちは神話において、貞淑な良妻賢母として、また荒々しいまでの形相と神力によって怪物魔神たちを打ち倒す戦女神として活躍する。

pixivに投稿された作品 pixivで「デーヴィー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1764

コメント