ピクシブ百科事典

ヴァルナ

ゔぁるな

ヴァルナ(Varuna)はインド神話に登場する神。
目次[非表示]

概要

ヴァルナはアーディティヤ神群の最高神で、デーヴァの代表インドラに対してアスラの代表とされる。
「リグ・ヴェーダ」では、天則(リタ)と掟(ヴラタ)を護持して世界の秩序と運行を守り、人間を監視して悪行に裁きを下す司法神として最も重要な神とみなされた。さらに幻力(マーヤー)で三界を創造した始原神、降雨や水流を幻力で操作して万物を養う維持神とされ、ヴァルナの息は太陽であり、彼は天を支えて己が創造物を運行させ、その中に遍在する存在である。
特にヴァルナは天則や掟を侵す者を裁く司法神としての性格は恐れられている。ヴァルナは“千の目()”や間諜を用いてあらゆる時・場所で人間の行為を監視し、欺瞞に満ちた悪人を縄索で縛り、水腫をもたらして罪人を罰したという。さらに、人を縛るヴァルナの縄索から身を守り解放するために多くの讃歌や儀礼が設けられたとされ、ヴァルナの名をインド・ヨーロッパ族の“wer-(縛る)”という語根に見る説も存在する。
厳格な存在ではあるが、一方で悔悟した者を許し、医薬を用いて人間の命を守る慈恵の神でもある。
天空神でもあり天地に雨を降らせて豊穣をもたらし、夜間の太陽の進行を支配するとされ、天上の水に住むことから水神ともされた。

時代が移ると共に上記の神格はブラフマーやヤマに奪われ、西方を守る護世神や風神を経て最終的に水神、海上の神の地位に落ち着いた。
海、水の神としてのヴァルナは、水中に純白の城壁と天界の樹木に囲まれた領土で数多の従者をかしずかせて妃と玉座に就いている、もしくは海底のプシュパギリという山の上に宮殿に座し、千頭の白鳥を従者に地界の海を巡って、海の闇に潜む悪魔を監視しているという。なお、海はの出立地であることからヴァルナは月神ソーマの父ともされる。
また契約の神ミトラと強く結び付けられ、ミトラが太陽とに関連付けられると、ヴァルナは月とに関連を持つ神とみなされるようになった。
ヴァルナはマカラという海の怪獣に乗り、ナーガパーシャ(の縄)を武器にするとされ、妻にヴァルナーニ、ガウリー、ジェーシュターがいる。

ヴァルナの起源は異説も多いがインド・イランの最高神とされ、ゾロアスター教のアフラ・マズダーと同根の存在である。この為に“アスラ”の長たるヴァルナの成立経緯を根拠にして、アフラ・マズダーと大日如来を同一視する説が存在する。
またギリシャ神話の天空神ウラヌス、水神としてポセイドンネプチューンと同一視する説もある。
語源は明確化されておらず、ヴァルナの語は『覆う』『全てを包容する』という意味で、星空もしくは星空の背後にある存在を意味するという説、ウラヌスに関連して『蒼穹、青い空』を意味する説、アッシリアの月の神に由来するという説(あまり一般的ではない)があるという。
また、宗教学者ミルチア・エリアーデはヴァルナとヴリトラの近似・同一性を唱えている。エリアーデは両者の特徴として、“原初の閉じ込められた水”としての属性、ヴァルナの縛りつける力とヴリトラの水をせき止める力、「マハーバーラタ」におけるヴァルナをナーガの王の一柱と数える記述と悪蛇アヒと同一視されるヴリトラの性格を挙げている。

仏教では十二天の一柱で西方の守護者、水天になった。水を司る龍神で、右手に剣を左手に羂索を執り亀の背に乗る姿で描かれる。

デジタルデビルサーガのヴァルナ

主要キャラクターの一人、サーフが変身する悪魔
姿は水の王冠に似た頭部と鰭状の装飾が特徴の引き締まった体躯を持つ。
戦闘では、両手の前腕部から引き出す長大なブレードを用いて攻撃する。両刃なのに加えて稼働域が広いことから、手首に垂直に固定して斬りつける、拳の先にブレードを固定しての刺突・斬撃、さらに自身の高い運動性能を利した跳躍からの斬撃など幅広い攻撃法を備える。
ちなみに羅刹モード時の攻撃モーションが他の主要キャラクターより一つ多く、身を捻って右手を突き出すという魔法スキル用のモーションも実装されている。

神話の水神としての性格を反映して氷結属性の魔法に長け、女神転生シリーズの主人公としてプレイヤーが任意に能力値を割り振れる。

五代ゆう著の「クォンタムデビルサーガ」では、炭素セラミック並の硬度を持つ腕のブレードと周囲の温度を瞬時に極低温にまで低下させる能力を持つ『上位アートマ』とされ、外界や直接相手の体内の水分を凍結させる冷気操作、大気中の水蒸気を氷結させた投擲武器を駆使する。アートマのリミッターが解除された楽園編では、身体能力と冷気操作能力がさらなる向上を見せ、周囲約二百メートルを氷柱の槍と氷の嵐で覆い尽くし多数の敵を一瞬で凍結させる場面がある。
戦闘では驚異的な瞬発力と両腕のブレードから繰り出す鋭い斬撃、万物を氷結・破砕する冷気操作能力によって無類の強さを誇り、アートマの中でもトップクラスの実力を有する。


リアルヴァルナ
サーフ・シェフィールドが変身する悪魔。
黒を基調とした体色、鰭状のベールが垂れ下がった頭部以外は上記のヴァルナに似たデザイン。また両腕の刃まで黒一色で、切っ先が山刀のような形状になっている。

フェイクヴァルナ
箱庭AIのサーフが変身する悪魔。
白と灰を基調とした体色、トサカ状の装飾がついた頭部以外は上記のヴァルナに似たデザイン。ヴァルナ、リアルヴァルナの刃が緩やかに湾曲しているのに対し、フェイクヴァルナの刃は真っ直ぐな形状をしている。

ヴァルナは俺の主神



夢幻戦士ヴァリスIIのヴァルナ

夢幻界の女王ヴァリアの娘で、夢幻界の王位継承者。
実は優子の双子の妹だが、姉と異なり戦士の素質を持っていなかったためか、メガスの侵攻を防ぐことが出来ず母を失う。

メガスが優子の手で打倒された『III』では母の後を継いで夢幻界の女王に即位するが、魔界の統治者グラメスの侵攻を防ぐことが出来ず囚われてしまう。優子に救われた後、魔導師としての力で姉をサポートすべく戦いに同行する。

『IV』ではやはり魔幻衆の侵攻を防ぐことが出来ずに囚われてしまい、処刑の危機に晒されている。プレイヤーキャラとしては使用出来ない。

パソコン版『II』ではストーリーに直接関わらないチョイ役であり、優子との血縁設定は存在しない。
エンディングシーンにおいて、戦いを終えた優子の元に現れて労をねぎらうとともに、母のあとを継いで夢幻界の女王に即位することを告げる。


関連タグ

インド神話 アスラ DDSAT

pixivに投稿された作品 pixivで「ヴァルナ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 91857

コメント