ピクシブ百科事典

ラーフ

らーふ

ラーフ(Rāhu)はインド神話に登場する、日食と月食を引き起こす首だけの悪魔。またはインド占星術において月の昇交点を示す仮想惑星の名。
目次[非表示]

概要

ラーフはダーナヴァ(アスラと同一視される魔族)の首長ヴィプラチッティとシンヒカーの子で、名は“捕える人”を意味し、父と同じくダーナヴァの一人である。

ラーフは「マハーバーラタ」、「ラーマーヤナ」、プラーナ文献の“乳海攪拌”の場面に登場する。
神々とアスラが手を組んで大海を攪拌して不死の霊薬アムリタを作りだした後、アスラは霊薬を独占してしまった。しかし幻力によって美女に化けたヴィシュヌがアスラを惑わせてアムリタを奪い返し、結果神々だけが不死になることとなった。
そこでラーフは変装して神々の下に潜り込みアムリタを呑み始めたが、太陽(スーリヤ)と(ソーマ)はラーフの正体を看破して神々に侵入者の存在を告げ、ラーフの喉までアムリタが流れ込んだところで、ヴィシュヌがチャクラムを用いてその首を斬り落とした。
だがラーフは既に頭部が不死となっており、首のみで天に昇ると復讐のため太陽と月を相手に戦いを始めた。戦いの中で、ラーフが太陽や月を捕えて飲み込む時、日食や月食が引き起こされるのである。
このことから、ラーフは別名を“アブラピシャーチャ(天空悪魔)”、“マハーグラハ(偉大なる捕獲者)”といわれる。
切り離されたラーフの胴体もまた天に昇ったとされ、ケートゥ(Ketu)の名で呼ばれる。彗星流星を現し、ケートゥの出現は天災地変、敵の侵入、王の死などの凶兆を示す。またラーフの息子たちも32の彗星(ケートゥ)として現れるといわれる。
異説として、ラーフは空腹のあまり自分の体を頭部だけ残して食べてしまったことから、現在の姿になったという話がある。

図像においては頭部、もしくは胸部までの姿で、の特徴を以て描かれる。神話になぞらえて欠けた日月を手に持つ場合もあり、同じく日月食に関連してが強調されて表現される。(コナーラクのスーリヤ寺院に配されたナヴァ・グラハのレリーフ等)
これらの特徴からキールティムカ(寺院の入り口に飾られる鬼瓦に似た魔よけ)との関わりが深く、寺院によってはラーフをキールティムカとして配置する場所もあるという。
また、ラーフは世界を三歩で歩くヴィシュヌ(トリヴィクラマ)の像においても描かれ、ヴィシュヌが片足を大きく上げて天にいるラーフを威嚇するポーズが存在する。
「ナヴァ・グラハ」では、頭だけの姿で八頭の黒馬に引かれる戦車に乗り、南西の方角に宮が配置されている。

スヴァーバーヌ

「リグ・ヴェーダ」5巻の讃歌40にはスヴァーバーヌ(Svarbhānu,Swarbhanu)というアスラが登場する。
讃歌では、スヴァーバーヌがを用いて太陽(スーリヤ)に襲いかかり、太陽を暗闇の中に覆い隠してしまう。このために全ての生物は混乱し、太陽の姿を見失ってしまった。だが、インドラによってスヴァーバーヌは撃破され、聖仙アトリが祭祀を行ってスヴァーバーヌの呪法を払い、再び太陽は復活を果たした。
太陽を闇で覆い、日食を引き起こす悪魔スヴァーバーヌの別名に“サインヒケーヤ(シンヒカーの子供)”があるが、ラーフの別名にも同じものが存在し、スヴァーバーヌ(サインヒケーヤ)は後代の叙事詩やプラーナに登場するラーフとケートゥの源流といわれる。

女神転生シリーズのラーフ

初出は「真・女神転生デビルサマナー」で、種族は“魔王”。
頭部だけ不死になった悪魔ということから、チャクラムに似た円輪の上に据えられた一本角のある首というデザイン。なお角の先端の造形がアレそのものであり、PSP版では修正が入っている。
魔法継承タイプである電撃の他に念動・金縛系スキルを所持し、また古墳迷宮に出現するラーフは即死突撃スキル“まるのみ”を使用するため、全属性魔法反射の防御相性もあってかなり凶悪な仕様である。
初出作品以外での登場がほとんどなく「真・女神転生Ⅳ」のチャレンジクエスト『凶星堕つ』で存在が言及される程度の関連しかない。

デジタルデビルサーガのラーフ

登場キャラクターの一人、ミック・ザ・ニックが変身する悪魔
口と長大な尾を備える痩躯の頭部と、堅牢な両腕を持つ巨躯の胴体の二つで独立して活動できる特殊なアートマ。
戦闘では胴体が両腕と爪、前腕部に内蔵されたトゲ付きの円輪による通常攻撃を行い、専用スキル“ドラゴンクエイク”では両掌から引き出した杭状の機構を地へ打ち込んで地割れを起こす。
作中ではポイント136の最上階で策が破れてエンブリオンに追いつめられたミック・ザ・ニックが変身する。
合体した状態では回復・電撃属性スキルを使用し、分離後は頭部が相手を捕獲し体力を吸収する“ドラゴンヘッド”を使い、胴体が全体地変属性スキル“ドラゴンクエイク”や物理攻撃等で直接戦闘を行う。特に“ドラゴンヘッド”は捕獲状態の味方の番でもプレスターンが消費されるため厄介なスキルである。
「デジタルデビルサーガ2」でも太陽の第四層で情報体となった姿で再戦する。

五代ゆう著の「クォンタムデビルサーガ」にも上位アートマとして登場。
おおむねゲームと同じ姿だが胴体部にも口が存在するという差異があり、また当初は頭と胴体が分離していないが、後に多数の人間を喰らったことでさらに巨大化し、頭と胴がそれぞれ独立した姿になる。
頭部は電気操作、胴体はプリティヴィーに匹敵する重力制御能力を備え、両部位による双方向からの攻撃と撹乱、重力球の射出や一帯の地形を変えるほどの重力波、対象を焼き焦がす雷電を駆使する。
また六体の上位アートマの総攻撃を受けてなお活動できる高い生命力を持ち、胴体部を失った状態で他のアートマを喰らい飛行能力を獲得している。

関連タグ

インド神話 アスラ 日食 月食

関連記事

親記事

アスラ あすら

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ラーフ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 28992

コメント