ピクシブ百科事典

ミヅキ(トレーナー)

ぽけもんとれーなーのみづき

ミヅキとは、ゲーム『ポケットモンスター サン・ムーン』および『ポケットモンスター ウルトラサン・ウルトラムーン』の女主人公。
目次[非表示]

※『ダイヤモンド・パール・プラチナ』におけるボックス管理者はミズキ(ポケモン)を参照。

概要

ポケットモンスター サン・ムーン』およびマイナーチェンジ版『ポケットモンスター ウルトラサン・ウルトラムーン』の女主人公。

カントー地方出身で、母親と共にアローラ地方に引っ越してきた。
母親の手持ちに通常のすがたのニャースがいる。父親もいるようだが登場せず、詳細は不明。
年齢はアローラ地方の島巡りができる11歳。
従来と異なり家は町中ではなくハウオリシティはずれに建っており、近くの浜辺にはククイ博士の研究所がある。

前作『XY』と同様に髪形の変更や着せ替えが可能で、今作では帽子も外せるようになった。女主人公限定でリップも付けられる。
その一方でミニキャミソールなど『XY』に存在したへそ出しの衣装はなくなっている。ただし新要素のポケモンライドで着用する専用服ライドウェアにおいて、ラプラスサメハダーといった水上用ライドポケモンに乗る時のみへそ出しの衣装になっている。
『USUM』ではハウオリシティのブティック「グラシデア」の「ラランテスコーデ」だけだが、通常時に着られるへそ出し衣装が復活した。

ポケモン本編のゲーム開始時といえば、名前入力前に博士から「きみは男の子?それとも女の子?」という質問をされるのがお決まりだったが、今回はそのような設問はなく、
ククイ博士からは「どの写真がいいか教えてくれ」と、8種類のパターン(性別&肌色)を提示される。
ポケモンGOでいうところの「スタイル」に近い扱いと思われる。

名前について

由来はサン・ムーンの「ムーン()」。

「ミヅキ」という名前はデフォルトネームではなく、元々はPVの一つで使われていたものだったが、
後にフィギュア化の際に公式名称として採用され、以降のグッズや各種メディアでもこの名前が使われている。

しかし、マイナーチェンジ版の『USUM』ではPVで異なる名前が使用されていたことから、『USUM』の彼女を別人として区別するプレイヤーも多い
この辺の混乱に関してはSM♀主を参照。

タグ登録数はこちらの方が圧倒的に多く、USUM版も同一人物とする見解を含め、描かれているのがUSUMの姿であってもこちらのタグが使われる場合がある。

容姿

ミヅキとモクロー


初期状態の服装は、天辺に花が付いた赤いニット帽、花柄のカットソー、緑のホットパンツ
髪形は内向きのボブカット。

この衣装は『USUM』でもブティックで購入することで着られるようになる。フェスサークルは前作と連動しているので、そちらでフェスコインの購入も可能。

かまってちゃん


『USUM』では赤い花飾りの付いた麦わら帽子、橙地に花柄のホルターネック、白いショートパンツ。
髪形は三つ編みのおさげ髪。『SM』のボブカットにもヘアサロンで変更可能。
マイナーチェンジ版で服装だけでなく初期髪形も変わっているのは歴代初。

特徴

ゲーム中では「はい」「いいえ」以外の様々な選択肢が頻繁に登場する。
ハウリーリエ等の同年代以外の大人に対しては主に選択肢に敬語が加わるが、さりげなく年上のグズマに対してもタメ口である。

公式イラスト等では表情豊かに描かれている一方、ゲームのフィールド上では少し微笑んだデフォルトの表情のままでいることがほとんどのため、プレーヤーからは無表情だと言われることも。しかし、ムービーやZワザのモーションなどでは笑顔驚いた顔を確認できるため、決して「無」ではない。
この仕様については他のキャラクターの表情がはっきり表現されている分主人公だけが浮いて見えるという指摘も多く、改善が望まれていたが『USUM』でも変わりはなかった。
(この時の反応を受けてか、次回作の『ソード・シールド』では主人公もムービーやフィールド上で場面に合った表情に変わる仕様になっている)
ネタにされがちだが、表情いじりについては快く思わない人もいるため注意。
なお、二次創作では普通に喜怒哀楽が描かれた作品が大半である。

今作では他の家のベッドで寝ることができ、その際に詳細すぎる感想を述べるため、アニポケデントの○○ソムリエに準えてベッドソムリエと称されることも。
メインキャラクターでは、リーリエマオスイレングズマルザミーネ等のベッドの寝心地を確かめることが可能。

各島の食堂やレストランで食事をする際、メニューごとに詳細な食レポを披露する。
しかし、クセが強かったり極端に量が多かったりするスペシャルメニューは完食できず、途中でギブアップしてしまう。和食の店と思しきマリエシティの「ローリングドリーマー」でのみ全てのメニューを残すことなく食べられる。
物語をある程度進めると、特定のキャラクターと一緒に食事を取れるようになる。

他媒体におけるミヅキ

公式フィギュアなどを含め、モクローを手持ちとしている場合が多い。

ポケットモンスターSPECIAL

どくタイプが好きな薬剤師。
詳細はムーン(ポケスペ)を参照。

MV「GOTCHA!」

泣いたり笑ったりする時


歴代主人公と共にシルエットで登場したほか、リーリエと共に笑顔でノーマルZのポーズを取る様が描かれた。
直前のヨウハウグラジオのシーンと同様、作中の関係性を想起させるような微笑ましい描写には反響も大きく、この2人の場面を描いたイラストも多い。

ポケモンマスターズ

色違いミヅキちゃん


(画像はEXカラー衣装)

「やる気 十分! 負けないよー!」
CV:三森すずこ

ゲームでは初となる「ミヅキ」の固有名・セリフ付きでの登場。
好奇心旺盛でフレンドリーな少女。細かいことはあまり気にせず、直感的に動く。
ヨウと同時期に実装され、実装時にはエピソードイベント「パシオの試練に挑戦!?」が開催された。

バディはモクローフクスロージュナイパー
レアリティがEXになるとジュナイパーに合わせた緑+オレンジを基調としたカラーリングの衣装が追加される。

当然ながらこちらでは原作以上に表情のバリエーションが増えている。また、上記の原作でフィールド上で表情が変わらない点について、イベントのサブエピソードにて「考え込んだりのんびりしていて、たまに反応が遅れてしまう」というキャラ付けに昇華されている。
カミツレ例によって得意のダジャレをぶちかましてきた際にミヅキとヨウは硬直してしまい、流石のカミツレもこのノーリアクションぶりには「ひょっとして しびれさせ過ぎちゃった?」と心配(?)の表情を見せるが、ミヅキは少ししてダジャレに気づき、「やっと意味が わかったよ! カミツレさんって すっごく おもしろい人 なんだー!」と返した。

そのおおらかな性格ゆえかロイヤルマスク正体には全く気付いていないものの熱心なファンであるらしく、同じくレスラーであるマキシを慕うジュンとどちらが強いか言い争いになったほど。
また、ロイヤルマスクの訓練は「朝はキテルグマと取っ組みあい、昼はカイリキーと腕立て伏せ、夜はずっとガオガエンDDラリアットを受けてる」と見たことはないけどきっとそうだと思い込んでいた。

その他、サブエピソードではカレーの調理に悩むズミユウリに食レポによる的確なアドバイスをしたり、モクローの生態に興味を示すクリスハルカのためにモクローへ首を曲げてくれるよう頼むなど、他の地方のトレーナーとの様々な交流が描かれた。

タグについて

現状、「ミヅキ(トレーナー)」「コウミ」「SM♀主」3つのタグが使用されています。

USUM版の姿を描いたものでも投稿者が主人公の名前に特に言及せず最初に作品名タグのみを付けて投稿した作品などには、3つ全てもしくは「ミヅキ(トレーナー)」と「コウミ」両方、もしくは「SM♀主」が付けられていることがあります。

なお、『USUM』の姿を別人として扱うかどうかは人によって異なるため、例として『USUM』の姿の「ミヅキ」を描いた作品に投稿者自身が「ミヅキ(トレーナー)」のタグを付けたりタイトルやキャプションで明言している場合には、他ユーザーが「コウミ」タグを付けるのは不適切となり得ます。

また、プレイヤー独自の命名がなされていたり、髪形や服装を好みのコーデに変えたアバターとしての主人公が描かれた作品には「ポケモン女主人公」や「SM♀主」などが併用されていることがあります。

同一人物とみなして彼女のイラストを検索する場合は「ミヅキ(トレーナー) OR コウミ(トレーナー) OR SM♀主」の形が最も望ましいと言えるでしょう。

関連イラスト

サン・ムーン

モクロー!アローラ!
ここで待ってる。


アローラ!
アローラ散歩


行くぞ!
わだつみ



ウルトラサン・ウルトラムーン

なでなでして!
2017_09_01 ポケモン


ウルトラサンムーン
うるとらあろーら!



『SM』版と『USUM』版を「別人」として描いたもの

アローラ!
アローラの月



関連タグ

ポケモン ポケモンSM
女主人公 ポケモン女主人公
カントー アローラ
アローラ組

ヨウ(トレーナー):同作の男主人公
SM♀主:デフォルトネームが無かったことから作られたタグ
コウミ:『USUM』版の通称の一つ

関連記事

親記事

ポケモン女主人公 ぽけもんおんなしゅじんこう

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ミヅキ(トレーナー)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 58872625

コメント