ピクシブ百科事典

きんのたまおじさん

おじさんのきんのたまだからね

ポケモンに登場する神出鬼没なおじさん。お金が少ない子供の主人公に優しく○○○○○をくれるよ!
目次[非表示]

概要

ゲーム「ポケットモンスター」にのみ登場するNPCの一人。
高額換金アイテム「きんのたま」をくれるおじさんの俗称。第2世代から登場する。
年齢はおそらく中年ぐらいで、ジェントルマンだいすきクラブのようなおじさんではなく、小太りなおじさんが多い。
アニポケには登場しない。そもそも「きんのたま」が登場しない。理由は…お察しください

各シリーズの「きんのたまおじさん」

シリーズ毎には、きんのたまをくれる「きんのたまおじさん」が登場する。
初代ではきんのたまおじさんは登場しないが、ゴールデンボールブリッジというものが登場する。

金・銀

ポケットモンスタシリーズの「きんのたま」を語る上で外せないのが彼のことだ。
初登場したのは第二世代(金・銀・クリスタル)の頃・・・トキワの森の家にその人はいた・・・
話しかけると馴れ馴れしく、

「それは おじさんの きんのたま!」

「おじさんの きんのたま だからね!」

と強調してまで手渡された。
多くのプレイヤーがこの「きんのたま」になんともいえない感情を覚えたのではなかろうか。

ファイアレッド・リーフグリーン

続く第三世代(ルビー・サファイア・エメラルド)には登場しなかったが、第三世代のエンジンを流用して作られた初代のリメイク(FR・LG)では3の島の洞窟に登場。例の台詞と共にきんのたまをプレゼントしてくれる。
4年ぶりの復活に驚愕したプレイヤーも多いだろう。
だが、ポケモン図鑑を全国図鑑にアップグレードした後にこの洞窟をアイテム「ダウジングマシン」で調べてみると、何の因果かきんのたまをもう1つ手に入れることができる。

( ゜Д ゜)どういうことなの・・・

ダイヤモンド・パール・プラチナ

ハードがニンテンドーDSに移った第四世代(ダイヤモンド・パール・プラチナ)。
殿堂入り後に行けるリゾートエリアに…その人はいた。
しかも話しかけると堂々と、

「さがしたかい? まちかねたかい?」

「きんのたま おじさん だよ」

と、お前らこの言葉を望んでいたんだろと言わんばかりのゲーフリの思惑たっぷりの台詞と共にきんのたまをプレゼントしてくれる。
プラチナバージョンでは

「とくべつに もういっこ あげよう  だって きんのたま だからね!」

の台詞と共にもうひとつプレゼントしてくれる。
その理由?お察しください

プラチナ限定でリゾートエリアでは右下にある別荘の入口手前にきんのたまが落ちている。
この別荘の元々の所持者は名前こそ出ていないものの『めずらしいいし』のキーワードから推測すると間違いなくあの人の別荘であろう。
つまり、入口手前に落ちているあのきんのたまの持ち主は・・・・・・

ちなみに、このリゾートエリアには、池の中央にある木を挟むようにして2つのきんのたまが落ちている箇所がある。
これは何を表しているかって? お察しください。


もちろん、第二世代リメイクのハートゴールド・ソウルシルバーにも彼が登場したのはいうまでもない。

ブラック・ホワイト

さて、舞台一新・ポケモンも一新した第五世代(ブラック・ホワイト)。
プラズマ団を追いかけ突入した電気石の洞穴。そこに意味有り気に並ぶ二人のおじさん。
敵トレーナーかと思って話しかけると…いつものきんのたまおじさんだった。
しかもこの二人は双子だったという驚愕の展開。Nの過去とかそういうのを考える余裕が吹っ飛んだ人も多いではなかろうか。
もちろん一人ひとつ、合計二つもらえるのはいうまでもない。
しかもこの二人、お互いが

「兄より 立派な きんのたま だからね!」

「弟より 凄い きんのたま だからね!」

と言う始末。
もはや想像の斜め上の更に斜め上を突っ走っていると言わざるを得ない。
ちなみに今作では特定に場所にいるNPCに持って行くと、10000円で買い取ってくれる。

さらに、きんのたまのグレードアップ版として、「でかいきんのたま」というアイテムが登場。
もちろん換金用のアイテムであり、その価値はきんのたまの3倍
「おおきい」きんのたまじゃなくて、「でかい」きんのたまなのがミソだ。
他にも、サザナミタウンにはひときわ大きな石柱と、その根元付近に岩2つが何ともなく置いている。
それが何を表しているかって?お察しください。
他にも、おだんごしんじゅという連なった真珠(換金用)があるが、それが何を示すかについてもお察しください
また、ホドモエシティの南東にある波乗りでいける場所にこれまたあからさまな岩二つと灯台が建っている。しかも街の名前からしても狙っているとしか言いようがない。

ブラック2・ホワイト2

BW2でも電気石の洞穴にてもおじさんは登場した。
今度は双子ではなく、子供を引き連れて。
いつものようにおじさんがきんのたまをプレゼントしてくれるのに対し、子供がプレゼントしてくれるのは何とでかいきんのたまである。そして曰く、

「それは ボクが みつけた でかいきんのたま だよ!!」

・・・・・・もはや何も言うまい・・・・・・。

X・Y

ポケモンもついにハードを3DSへと変えて発売されたポケモンXY
物語の中盤、主人公と友達らはクノエシティにあるボール工場を見学しようとしていたのだが、その工場がフレア団に占拠されていた。
社長がフレア団幹部に言い寄られていたところ、間一髪で主人公とライバルのおかげで救出に成功する。
社長はお礼に二つのアイテムのうちのどちらかを渡そうと言ってくるのだが。

そのアイテムがマスターボールでかいきんのたま

・・・・・・工場を救ってちょっとした余韻に浸っている中、何の前触れもなくでかいきんのたまが出てくるのである。しかもあのマスターボールと同列の扱いで、である。
ここは普通ならマスターボールを選択するだろうが、ネタ的にでかいきんのたまの方を選んだらどうなってしまうのだろうか、と思う人も少なくない。ある意味で究極の選択である。

だが安心してほしい。どちらを選んでも社長は両方くれるのだ。
勿論ライバルにも両方渡してくれるので、ボール工場社長は工場の危機を救った少年少女に二つのでかいきんのたまとマスターボールを渡したことになる。
なお社長はすぐ後に「でかいきんのたまの使い方は私にもわからない」とやたら念押しに言ってくる。
ひょっとしたらこの人もきんのたまおじさんの血筋なのかもしれない・・・・・・。

また、キナンシティにもきんのたまが落ちているが、そのすぐ傍には連なった茂みが二つ、高所には木が生えている。
最早こういった「なにか」を彷彿とさせるものは恒例となってきているが、キナンシティでこの茂みが生えているのはここだけである。
ここまでくるとそのこだわりっぷりは異常である。

ちなみに殿堂入り後に行けるあるダンジョンの最深部にも登場。
こちらは部屋の隅に落ちているのだが、同じ部屋の残りの隅には「しらたま」「こんごうだま」「はっきんだま」が落ちている。
何故それらのアイテムと一緒に落ちているのか・・・謎は深まるばかりである。

※以下ネタバレがあります

オメガルビー・アルファサファイア

ルビー・サファイアから実に12年越しのリメイクとなったポケモンORAS。何とゲーム発売一ヵ月前から配信が開始されている特別体験版から公式がやらかした。

体験版では主人公(オメガ)がダイゴと出張先の島で困ってる人を助ける手伝いをするのだが、何度も手伝いを繰り返しているとある日、ダイゴから「ある しまに ある おじさんが しゅつぼつ するって ウワサなんだ なにやら あぶない よかんが するので オメガくんにも ついてきて ほしいんだ」と見慣れない内容を頼まれる。

ラティオス(ラティアス)に乗って行き着いた先はこれまでの任務では見た事のない四角螺旋状に道が引かれた島。ぐるぐると道を回り最奥部に辿り着くとそこには後ろを向いた謎のおじさん。話しかけると突然「はいっ おいっ そこのっ しょうねんっ」と言って主人公を威圧してくる。

・・・・・・と思いきや、
「おじさん いっぱい もってきたぞ! きんのたまを! ホウエンに!」とお約束のきんのたまを渡し、「まだまだ たまは たーんと あるぞー よーし どんどん くばるぞー」と言いながらそこを立ち去ってしまった。いつものきんのたまおじさんでした。というかわざわざホウエンまで配りに来たのかアンタ・・・・・・

きんのたまを貰い元の場所に戻るとダイゴから「オメガくんが ぶじで あんしん したよ」と心配される主人公。完全に変質者扱いですよおじさん…
ダイゴもダイゴで「ついてきてほしい」と言いながらわざわざ子供の主人公に依頼としておじさんに会いに行かせる辺り自分がおじさんに会いたくなかったのが本音だろう。大人って汚い。
ちなみにきんのたま入手後、ダイゴに「プレゼントをかくにん」のコマンドできんのたまを選ぶと「ぴかぴか まるんまるん とした うるわしの たま」という石マニアらしい素晴らしい説明をしてくれる。
なお、おじさんがいる島にはなぜかキノココしか出現しない模様。お察しください。

もちろん、製品版にも登場している。
製品版においては、リメイク前から大きな変化を遂げたキンセツシティの屋上に登場するのだが、その現れ方が前代未聞のものとなっている。

キンセツシティの屋上、南側を歩いていると、突如主人公が足を止め、画面外から1人のおじさんが歩いてくる。
主人公と向き合うや否や「はいっ 手を 出してね!」と催促するおじさん。
選択肢が出る事もなく、おじさんは「・・・・・・あー! 手に 持っちゃった! それじゃ それは いまから キミの ものだね!」とのたまう。
主人公が手に持ったそれは、案の定きんのたまであった・・・・・・
「いやー! よかったね!」と言い残し、きんのたまおじさんは去っていく。
去り際に、

「それは おじさんの きんのたま! ゆうこうに かつよう してくれ!」

「おじさんの きんのたま だからね!」

と、いつもの決まり文句を添えて・・・・・・

早い話が、きんのたまおじさんに自発的に話しかけずとも、きんのたまおじさんの方からきんのたまを渡してくれるのである。『NPCに話しかけることで貰えたりする』と言ったな。アレは嘘だ。
さらに、きんのたまおじさんが現れる場所のちかくには、やはりというか巨大な電波塔がそびえ立っている。

また、きんのたまおじさんとは直接関係は無いが、ハジツゲタウンのフレンドリィショップにはきんのたまに言及しているNPCが存在する。
曰く、

「拾った きんのたま・・・・・・ やっぱり 売るしか ないのかなあ・・・・・・
 あんなことや こんなこと・・・・・・ 色々 使い道は 浮かぶけど・・・・・・
 人として どうかと 思うしなあ・・・・・・

・・・・・・彼はきんのたまで何をするつもりなのだろうか?
ちなみに...
製品版ORASのシーキンセツの倉庫内でもきんのたまは出てくる。
が、ここでは今までとは比べようもないほどの数を手にすることになる。
きんのたまが4個、でかいきんのたまは8個合計なんと12個も手に入れることができる
幸い、おじさんは出てこないものの、異様な数である。ここで思い出してほしい。
体験版ORASでおじさんは
「おじさん いっぱい もってきたぞ! きんのたまを! ホウエンに!」
「まだまだ たまは たーんと あるぞー よーし どんどん くばるぞー」
と言っている。そして製品版の倉庫にはおじさんの姿はなく、きんのたまが散らばっている。
つまりおじさんは...お察しください。

サンムーン

今回はおじさんではなくお兄さんから手渡される。
ポニ島のポケモンセンターにいる観光客のお兄さんに話しかけると突然バトルを申し込まれる。
しかも使用ポケモンはまさかの色違いのタマタマ。そしてこのバトルに勝つとなんときんのたまが6個も貰える。しかも丁寧に一個ずつ手渡される。その後再び話しかけるとタマタマはなにかの石で進化すると言うが、きんのたまは進化してでかいきんのたまにならないと発言する。お察しあれ。

また、マリエ庭園では初代のゴールデンボールブリッジのイベントが再現されており、6人目に勝てばでかいきんのたまを貰える。

ウルトラサンムーン

発売前から公式サイトで存在が明言されている。「『ポケットモンスター』シリーズ作品に毎回登場するなじみ深い登場人物といえば、きんのたまおじさんを挙げる人も多いのでは?」という記述までしてきた。

まさかの他シリーズ

その作品はドラゴンボールヒーローズと、話はポケモンから離れるが、ゴールデンフリーザがやらかしてしまう。
なんと必殺技「ゴールデンデスボール」ででかいきんのたま投げつけてくる。公式はデスボールを金にすることに抵抗はなかったのだろうか。
なお、2回使ったら必殺技が発動しなくなる…なんてことはない。

「フリーザの きんのたま だからね!」


関連タグ

ポケモン きんのたま おじさん 黒い任天堂 黒いゲーフリ

pixivに投稿された作品 pixivで「きんのたまおじさん」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 32146

コメント