ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴
ジェントルマン
4
主に紳士を意味する。曖昧さ回避あり。

ポケットモンスターシリーズのジェントルマン

第1世代から初登場し、サントアンヌ号などと言ったセレブ向けのエリアに出没する事が多い。この世代ではカントー地方中のポケモンセンターにもいる。

その外観はスーツ姿をした老人で、紳士と言うイメージを持っている。

そのためか、第2世代以降では外国人の名前が付けられる事が多くなっている。

4世代以降ではマダムと登場する事が多くなり、一部のエリアではチームを組んでダブルバトルを行う場合もある。

第6世代のXYではシナリオ中、バトルシャトーのみに登場するが、これの場合はバロンやヴァイカウントなどと言う爵位名を肩書きにしている。

しかし、ジェントルマンであるにもかかわらず金の亡者だったり、好戦的だったりと、かなり大人気ない性格を持ったタイプが多くなっている。どうしてこうなった


また、物語の舞台にちなんだ要素を取り入れていることもある。

XYではカロス地方がフランスモチーフであることにちなみ、肩書きがジェントルマンからムッシュに変更された。シナリオ中、ムッシュの肩書きを見られる場所はないが、本編クリア後のバトルハウスでムッシュの肩書きが登場する。

SM/USUMではハワイの正装がアロハであることからジェントルマンの服装もアロハシャツに変わっている。ただしアロハが正装であることを知らない人からはジェントルマンがやたらラフな格好になったと思われたようだ。迷言として知られる「…テメエは全国のシルバー世代を敵に回したぜ」は本作のバトルツリーで聞けるセリフである。


使用ポケモン

本人ら曰く『外国から連れて来たポケモン』と言われているが、どれも認識されているポケモンばかりで、それほど珍しくはないポケモンを所持している事が多い。

だが、戦略的には属性が別々に分けられた、バランスの良いパーティを所持している。

因みに珍しいポケモンを使う設定であり、そのためか赤緑青ではクチバシティの民家にいるジェントルマンがカモネギをゲーム内交換でくれる。


関連タグ

ポケモントレーナー マダム 一般トレーナー


ポケットモンスターシリーズのジェントルマン

第1世代から初登場し、サントアンヌ号などと言ったセレブ向けのエリアに出没する事が多い。この世代ではカントー地方中のポケモンセンターにもいる。

その外観はスーツ姿をした老人で、紳士と言うイメージを持っている。

そのためか、第2世代以降では外国人の名前が付けられる事が多くなっている。

4世代以降ではマダムと登場する事が多くなり、一部のエリアではチームを組んでダブルバトルを行う場合もある。

第6世代のXYではシナリオ中、バトルシャトーのみに登場するが、これの場合はバロンやヴァイカウントなどと言う爵位名を肩書きにしている。

しかし、ジェントルマンであるにもかかわらず金の亡者だったり、好戦的だったりと、かなり大人気ない性格を持ったタイプが多くなっている。どうしてこうなった


また、物語の舞台にちなんだ要素を取り入れていることもある。

XYではカロス地方がフランスモチーフであることにちなみ、肩書きがジェントルマンからムッシュに変更された。シナリオ中、ムッシュの肩書きを見られる場所はないが、本編クリア後のバトルハウスでムッシュの肩書きが登場する。

SM/USUMではハワイの正装がアロハであることからジェントルマンの服装もアロハシャツに変わっている。ただしアロハが正装であることを知らない人からはジェントルマンがやたらラフな格好になったと思われたようだ。迷言として知られる「…テメエは全国のシルバー世代を敵に回したぜ」は本作のバトルツリーで聞けるセリフである。


使用ポケモン

本人ら曰く『外国から連れて来たポケモン』と言われているが、どれも認識されているポケモンばかりで、それほど珍しくはないポケモンを所持している事が多い。

だが、戦略的には属性が別々に分けられた、バランスの良いパーティを所持している。

因みに珍しいポケモンを使う設定であり、そのためか赤緑青ではクチバシティの民家にいるジェントルマンがカモネギをゲーム内交換でくれる。


コメント

コメントはまだありません

pixivに投稿されたイラスト

すべて見る

pixivに投稿された小説

このタグがついたpixivの作品閲覧データ

おすすめ記事

pixivコミック 週間ランキング

  1. 1

    まつお

    読む
  2. 2

    原作:みなと 漫画:吉たか結衣 キャラクター原案:霧夢ラテ

    読む
  3. 3

    原作:当麻リコ・櫻田りん・鬱沢色素・雨傘ヒョウゴ 漫画:春木ハル・根子真依・小森タヲ・麻呂ねこ

    読む

pixivision

カテゴリー