ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

カントー地方の序盤で登場。トキワシティニビシティの間に位置する。

中は迷路状になって入り組んでおり、草むらには様々なむしタイプポケモンが生息する。

またむしポケモン目当てに訪れたむしとりしょうねんに勝負を挑まれる事もある。

理由は不明だが、このダンジョンはあなぬけのヒモや「あなをほる」で離脱出来ない

そのため、ひでんわざそらをとぶを入手かつ、当該のジム戦を終えてないと離脱は不可能。

ポケモン21周年

野生のピカチュウが低確率で住んでいることでも有名であり、捕獲するにはある程度の根気を必要とする。ピカチュウバージョンでは、最初にピカチュウがもらえて野生には存在しないことから、代わりにアニメ準拠でポッポピジョンが生息する。


金銀クリスタルでは容量の関係で消えてしまったが、リメイク版のHGSSでは復活しており、キノココタネボーまでもが生息している(木にずつきする事で出現)。


初代ポケモンではシオンタウン程ではないものの気味の悪いBGMになっており、曲の一部にロケット団アジトのアレンジが入っている。HGSSでは明るいBGMに変化した。


他媒体

位置が同じだが生息ポケモンが大きく変わっている。野生でガルーラモルフォンコラッタが出現することになっているほか、一時期はロケット団が余所から持ちこんだミニリュウゴローニャマタドガスなども生息する魔境と化していた。

ゲームでこんな仕様だったらまともに通れないどころか、何度もゲームオーバーにされ絶望するトレーナーが後を絶たなかったであろう。

10年に一人「ポケモンの心を読み、癒す者」が生まれるという設定が追加されており、能力者はモンスターボールを動かしたり自身の気持ちとシンクロさせ手持ちや周囲のポケモンを強化することもできる。

該当者はイエローワタル

またロケット団ボスサカキと第3章主人公のシルバーの出身地でもある。


資料不足のためか細部が異なるものもいるが、ビードルの他にパラセクトゴローニャゲンガーペルシアンさらにはミュウツーが生息している。


主人公のサトシが初めてポケモンをゲットした場所であり、最終話ではロケット団と最後に戦った場所でもある。


関連タグ

ポケモン アニポケ

カントー地方

ピカチュウ


他シリーズの森ダンジョン

トウカの森

ハクタイの森

ヤグルマの森

ハクダンの森:『ポケモンXY』の舞台となるカロス地方にある。トキワの森に酷似した迷路状となっている。生態系もトキワの森に似ており、むしタイプが中心となっているほか、低確率でピカチュウに遭遇する。

関連記事

親記事

トキワシティ ときわしてぃ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 108036

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました