ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

虹とポケモンマスター!

にじとぽけもんますたー

アニメ『ポケットモンスター』第7シリーズ(めざせポケモンマスター)のエピソードの1つ。
目次 [非表示]

※この記事は第7シリーズの第147話(「めざせポケモンマスター」第11話)のネタバレが記されています。未視聴の場合は閲覧注意。






概要

「虹とポケモンマスター!」とは、テレビ東京系列局等で放送されているアニメ『ポケットモンスター』の第147話(「めざせポケモンマスター」の第11話)として2023年3月24日に放送された回であり、正真正銘の「第7シリーズの最終回」でもある。


この回をもって約25年8ヶ月間・1240話(※)続いたサトシの物語に終止符が打たれる


この回では長年の謎であった「ポケモンマスター」の定義について、ついに一つの解答が示されることになった。


※放送期間はポケモンショックによる放送休止期間を除外。放送話数は欠番・特別編・番外編を含むが、未放送回と最強メガシンカ遥かなる青い空を除いた放送話数。


あらすじ

ラティアスラティオスと別れたサトシはマサラタウンへの帰還を決め、帰り道の途中でカスミタケシと別れる。


マサラタウンへと帰郷したサトシはシゲルから「チャンピオンになったキミは、どれだけポケモンマスターに近づけたのかな?」と問われる。


果たしてサトシとピカチュウが見つけた「ポケモンマスター」の答えとは?



少年が長旅の末に導き出した一つの答え


※以下、本エピソードのネタバレ注意





ラティアス達と別れた後、マサラタウンに帰ることを決意したサトシ。

カスミとタケシも、それぞれハナダシティニビシティに帰るため、3人は別れた。



サトシは帰宅後、母親であるハナコに再会する。

その後、お風呂に入り、ハナコの手料理を食べながら旅の思い出を彼女に話す。


翌日、あの時と同じように寝坊し、「オーキド研究所」を訪問する。

研究所に到着したサトシはかつて旅をした仲間であり、オーキド博士の助手を務めるケンジと再会する。

おつかいがあるケンジと別れ、博士と再会すると見せてもらう予定の新人トレーナー用の三匹のうちのヒトカゲが行方不明になり、捜索することに。


その後、穴に落ちたヒトカゲも無事に見つかり、幼馴染みでありライバルでもあるシゲルと穴から出る時に再会する。

無事にヒトカゲを研究所に送り届けた後、シゲルから「チャンピオンになったキミは、どれだけポケモンマスターに近づけたのかな?」と問われたサトシはふと考える。


以降、新たなポケモンとの出会いを求めてマサラタウン近くを毎日外出しながらのんびり過ごすサトシ。

そんなある日、再起したロケット団との騒動(以下参照)によって、かつて「オレンジ諸島のポッポとピジョンの群れ」を見守るために別れたピジョットと再会し、群れが立派になったことを認めたピジョットはそのまま群れと別れ、再びサトシの元に戻る(もちろんサトシの方も大歓迎している)。


後日、とある外出の最中に大雨に降られ雨宿りをする。

そこでサトシはピカチュウに語る、シゲルの問いの答えを。


「チャンピオンはゴールじゃない」


「オレはまだチャレンジャーなんだって思っている」


「もっとたくさんの冒険をして、ポケモンに出会う」


「毎日起こること全部一つも無駄なことなんかない」


「あのラティオスとの出会いもね」


「オレ、世界中全部のポケモンと友達になりたい」


「それがきっと、ポケモンマスターってことなんだ!」



サトシが思いの丈を語った時、その思いを祝福するように雨は止み、空に虹がかかる。


サトシ「ピカチュウ、いつかオレがポケモンマスターになったとき、そこにいてくれよな!」

ピカチュウ「ピカチュウ!」

サトシ「よし!行こう!」


新たな旅を決意したサトシは、これまでの旅でボロボロになった靴を母親が買ってくれた新品に履き替え、再び出発する。



夢はいつかホントになるって


誰かが歌っていたけど


つぼみがいつか花開くように


夢はかなうもの




こうして、サトシピカチュウその仲間達、そして画面の向こうのポケモントレーナー達共に歩む長い旅は幕を閉じた。


しかし、サトシとピカチュウの旅はまだまだ続く、


続くったら、続く

旅の途中

NEXT TIME…A NEW BEGINNING!(訳「次回 新たなる始まり」)



ラブリーチャーミーな敵役の明日


第10話でロケット団本部に各々帰還後、ムコニャの3人は本部の食堂で仕事をしつつも、喧嘩をしたままであった。

しかし、3人とも未だにピカチュウのゲットを諦められず、サトシとピカチュウの跡を付けてトキワの森に集まり、考えることはみんな同じだと気付き仲直りする(因みに、名乗り口上の際のBGMも初代のものが使われていた)。

例の如く電気の通らないロケット網でピカチュウを捕獲し、更にサトシがこの時ピカチュウ以外のポケモンをオーキド博士の所に預けていたと言う致命的なミスをおかしてしまい、直後にムコニャからは揃って「油断しすぎ~!」と笑われてしまった。そして遂にピカチュウゲットに成功した……かに思われたが、そこに突如サトシのピジョットが助けに入った事でピカチュウを逃してしまい、いつも通りの10万ボルトを食らって真っ黒コゲになりながら吹っ飛ばされ、結局失敗してしまうが。

しかし、ピカチュウゲットの夢を諦めることはなく、再び旅に出たサトシの跡を彼らもこっそりつけて行くところで、サトシとピカチュウ、そしてロケット団3人の25年間に渡る物語は終わりを迎えたのだった。


ニャース「ビリビリにはなるけれど!」


ムサシ「やっぱり欲しい、あのピカチュウ!」


コジロウ「夢は大きい!」


ムサシ「ロケット団!」


ニャース「みんなで目指す」


ムコニャ「「「良い感じ〜!!」」」


ソーナンス「ソーーーナンス!!」



余談

みんなの物語ココ遥かなる青い空は、時系列が不明で『独立したパラレルワールド』と解釈されていたが、今回の最終回で再びサトシとピカチュウ(とついでにロケット団の3人)の旅が続いて行く形となった為、これら3つのストーリーは『最終回後のサトシとピカチュウの旅の話ではないか?』と考察する事も出来る(全てのストーリーでピカチュウ以外に手持ちのポケモン及び他の旅の仲間がいない点や、ロケット団も登場している為、辻褄としては合っている)。


長年サトシ役を務めた松本梨香氏は本話の放送から2日後に収録の状況を自身の心境を共にTwitterで明かしている。それによると収録は2023年1月27日に行われたのだが、最後の台詞(「どっちに行こうか」、ピカチュウ「ピーカ」)で声が出ず、収録が一時中断したという。


この回の放送後、匿名掲示板やまとめ動画から「サトシが最終回で『マサラタウンを出てもうすぐ1年かあ』と言った」とのデマが拡散し、「サトシの旅は1年」と思いこんで話題にする人が続出した。実際はそのような言及は全く無いので注意(短編映画のピチューとピカチュウのラストでサトシが1年経った事を仄めかすセリフがあるので、そこから誤想されたと思われる)。

とはいえ、この話の中で「スイカを食べて種マシンガン」→「凍った池の上で滑って遊ぶ」→「つぼみが花開く」という流れがあるため、セリフは無いにしてもマサラタウンに帰還してから1年経過した、と考えること自体は可能。



さようなら、全てのポケモントレーナー

かくして、サトシの旅シリーズはこれにて完結したが、これでサトシの旅そのものが完結したかと言うとそうでもない。

サトシの物語を締めくくる本作のエンディングには、「タイプ:ワイルド」が選ばれた。

最高のボロボロ靴を新たなものに履き替え、本当の夢を目指してこれからもサトシは旅を続けていくことだろう。

そして、夢にたどり着いた彼はこういうであろう。

''ハローマイドリーム''

 

関連タグ

アニポケ 最終回

ポケットモンスター(アニポケ第7シリーズ) めざせポケモンマスター(アニポケ)

新無印編サブタイトル一覧


真の最終回:アニポケのサトシが旅をするシリーズの大きな締めくくりが本話

ポケモンの没プロット:もう1つの最終回。

エンディングまで、泣くんじゃない:別の任天堂ゲームのキャッチコピー。多くの視聴者はこの気持ちになるであろう。

関連記事

親記事

新無印編サブタイトル一覧 しんむじるしへんさぶたいとるいちらん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 425712

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました