ピクシブ百科事典

新無印編サブタイトル一覧

しんむじるしへんさぶたいとるいちらん

アニポケ第7シリーズ『ポケットモンスター』のサブタイトルの一覧。
目次[非表示]

概要

アニメポケットモンスター』(2019年~)の各話サブタイトル、及び概要をまとめたもの。
1stシーズンと区別するため、ファンの間で最も定着している略称「新無印」を採用することとする。

1、2話にはアイキャッチA、Bはなく(再編集、及び再放送でルギアと判明)、3話で初めて登場。
タイトルコールもこれ迄は略サトシのみが担当していたが、ゴウと互い違いに(場合によっては単独、コハルも含めて)コールする。16話は一応ホラー回であるためか、某特撮じみた映像にゲンガーが現れ、ナレーションがコールを務めた。

26、27話は短編2話の予定であるが、肝心の放送は23話以降中断している(原因は言わずもがな)。

編集の際の注意

  • 概要は特に大事な場面を簡潔にまとめていただくようお願いします(ページが重くならないようにするための措置です)。可能な限り3~5行で収め、どうしても長くなる場合は個別ページを作成してください。
  • 未放送の内容のネタバレは、これから視聴する人の楽しみを奪うことになりかねないため禁止とします。


『ポケットモンスター』2019年

第1話「ピカチュウ誕生!」
4年前のサトシゴウコハルが登場。3人共オーキド博士主催のキャンプに申し込んだが、サトシが寝坊したため出会わずに終わる。ゴウとコハルはキャンプ中にミュウを目撃。また当時ピチューだったサトシのピカチュウガルーラ親子と共に暮らしており、彼らの負担にならないよう別れを決意した日に進化したと判明。
第2話「サトシとゴウ、ルギアでゴー!」
サトシとゴウ・コハル・サクラギ博士とがそれぞれ初対面。クチバシティにサクラギ博士の研究所がオープン。同日現れたルギアに飛びついたサトシとゴウの行動力が買われ、2人はサクラギ研究所の住み込みのリサーチフェローに任命される。
第3話「フシギソウってフシギだね?」
サトシとゴウがリサーチフェローとしての初調査へ。途中喧嘩になりながらも、力を合わせてフシギソウたちの不思議な行動の謎を解明する。ロケット団3人組が再登場し、今作では毎度本部支給のポケモンを使用するらしいと判明。
第4話「行くぜガラル地方!ヒバニーとの出会い!!」
ダイマックスの調査のため、サトシとゴウはガラル地方へ。街で盗みを働く野生のクスネたちと、そのリーダー格のヒバニーに遭遇。ピカチュウとのバトルを見たゴウはヒバニーの実力を認め、もっと自分の好きな生き方をすればいいと諭す。クスネたちに背中を押され、ヒバニーはゴウの後を追う。
第5話「カビゴン巨大化!?ダイマックスの謎!!」
ワイルドエリアに到着したサトシとゴウは、1体のカビゴンを発見。そこにヒバニーが追いつき、ゴウの仲間になりたそうな様子を見せるが、ミュウにこだわるゴウは断ってしまう。しかし、突如ダイマックス化し線路を塞いだカビゴンを退かすため力を合わせたことで、ゴウは考えを改める。晴れてヒバニーはゴウの最初のポケモンに。
第6話「ポケモン大量ゲットだぜ!ミュウへの道!!」
自分だけのポケモン図鑑完成のため、ゲットに燃えるゴウ。バトルを通してヒバニーとの絆を深めながら、カントー地方のむしポケモンのコンプリートに成功。終盤ではゴウの「全てのポケモンのゲット」、そしてサトシの「ポケモンマスターになる」という夢が改めて語られる。
第7話「激闘のホウエン地方!挑戦バトルフロンティア!!」
バトルフロンティア出場のため、サトシとゴウはホウエン地方へ。サトシはピカチュウの安定の実力と、バリヤードの意外な(?)活躍で見事優勝を果たす。一方、初戦で敗れたゴウは「ゲットの方が良い」と背を向けるが、サトシの戦いを見てバトルの面白さに気づく。


『ポケットモンスター』2020年

第8話「負けるなポッチャマ!シンオウ地方の流氷レース!!」
痩せ細ったポッチャマを保護したサトシとゴウは、トレーナーのミサキに返すためシンオウ地方キッサキシティへ。ポッチャマはミサキのもう1体のポケモンであるグレッグルにライバル心を燃やしていた。流氷レースで決着をつけようとするポッチャマとグレッグルだったが、ロケット団の襲撃から共にミサキを救ったことで互いを認め合う。
第9話「あの日の誓い!ジョウト地方のホウオウ伝説!!」
ホウオウ出現の噂を聞き、ジョウト地方エンジュシティへ向かったサトシとゴウは、オニドリルヒノアラシをホウオウに見せかけていた少年・クリオとその祖父・ジエイに出会う。ホウオウの存在を否定するジエイに、サトシは旅立ちの日のホウオウ目撃を語る。祖父に夢を取り戻してほしいクリオに、サトシとゴウは協力を申し出る。彼らの真っすぐさに胸を打たれ、ジエイは再びホウオウを探すことを決意。
第10話「カイリューの楽園、ハクリューの試練!」
カイリュー系統だけが暮らすと言われる島に漂着したサトシとゴウ。なかなか飛べずに苦しんでいたハクリューのため、サトシは身体を張って特訓に協力。見事飛べるようになったハクリューはロケット団との戦闘を経てカイリューへ進化し、サトシにゲットされる。同時に「カイリューへの進化で突然手足が生える」謎へのサトシなりの解答が語られる。
第11話「コハルとワンパチと、時々、ゲンガー」
コハルの母・ヨシノと弟・ソウタが初登場。ポケモンを好きとも嫌いとも言えないコハルは、周囲から「ポケモン博士の娘だから当然ポケモン好きで、将来は父の跡を継ぐ」と思われていることを気にしており、母に「焦る必要はない」と励まされる。その後研究所に出没したゲンガーと鉢合わせ、コハルは自分を守ろうとするワンパチの思いを知り、初めての指示を出す。
第12話「ダイマックスバトル!最強王者ダンデ!!」
ポケモンワールドチャンピオンシップスのファイナル観戦のため、再びガラル地方へ向かったサトシとゴウは、飛行機内からあのポケモンらしき影を目撃。ガラル代表・ダンデとカントー代表・ワタルによるファイナルは、壮絶なダイマックスバトルの末ダンデが制する。感銘を受けたサトシがダンデとのバトルを望む一方で、ロケット団に襲われたカジリガメが突如キョダイマックス化する騒ぎが発生。
第13話「サトシ対ダンデ!最強への道!!」
キョダイマックスカジリガメとのバトルの最中、サトシのピカチュウもキョダイマックス化を果たす。騒動解決後、ダンデはサトシの願いを聞き入れ、ピカチュウとリザードンとでバトルすることに。ダンデからダイマックスバンドをもらい、サトシはキョダイマックスピカチュウで挑むが、経験とレベルの差を見せつけられ敗れる。ダンデとの再戦のため、サトシは大会へのエントリーを決意。
第14話「初イッシュ地方!遺跡でレイドバトル!!」
巨神の遺跡の調査のため、サトシとゴウはイッシュ地方へ。BW編で放送中止の憂き目に遭ったリゾートデザート9年越しの登場を果たす。遺跡内の数々のトラップをくぐり抜け、巨神の正体である巨大ゴルーグにたどり着き、レイドバトルの末にゴウがゲットに成功する。
第15話「雪の日、カラカラのホネはどこ?」
ゴウの自宅と両親、祖母が初登場。共働きの両親の都合で、一人で過ごすことの多かったゴウの過去が明らかに。両親への届け物の途中、ゴウはカラカラに出会い、マンキーたちに取られた骨を取り戻す手助けをする。合流したサトシの力も借りて、無事骨を見つけたカラカラはゴウの仲間に。ゴウの両親は息子のポケモンたちやサトシを見て、息子にたくさんの友達ができたことを喜ぶのだった。
第16話「呪われたサトシ…!」
ゲンガーが再び現れ、サクラギ研究所内で悪さをする。建物が研究所になる前からゲンガーが棲みついていたことや、その理由がトレーナーに捨てられたためであることが明らかに。その元トレーナーとの再会で人間不信に陥ったゲンガーだが、自分を狙ったロケット団を協力して追い払ったことをきっかけに、サトシを認め自らゲットされる。
第17話「ヒバニー、炎のキック!明日へ向かって!!」
ヒヒダルマに挑発され、ヒバニーは炎技の習得に燃えるが上手くいかず、今使える技で十分と考えるゴウと喧嘩になってしまう。サトシの助言もありヒバニーの強い思いを知ったゴウは、ロケット団とのバトルの中で、炎を小石に纏わせて蹴る独自の「ひのこ」を指示。見事成功させたヒバニーはラビフットに進化する。
第18話「サトシ参戦!ポケモンワールドチャンピオンシップス!!」
ポケモンワールドチャンピオンシップスにエントリーしたサトシは、かつてマチスと戦ったクチバジムを訪れ、ジムリーダー代理のビスケスとバトルすることに。鍛えられたライチュウマルマインに苦戦するが、初陣となったゲンガーの善戦や、サトシの奇策に応えたピカチュウの活躍により勝利。
第19話「ワタシはメタモン!」
サトシたちが出会ったメタモンは完璧な変身ができる役者だが、スランプで逃げ出してしまう。アジトに迷い込んだメタモンをロケット団に加えるべく、ムサシたちはあらゆる特訓を施し克服させる。だがメタモンがクビになったわけではないと知った3人は、わざと悪役を演じメタモンを返す。メタモンは3人との思い出を胸に、見事演技を成功させるのだった。
第20話「夢へ向かってゴー!サトシとゴウ!!」
サクラギ博士主催のポケモンオリエンテーリングで引率役になったサトシとゴウ。参加者の子供たちよりもはしゃぎながら、サトシはダンデとのバトルの夢を、ゴウはミュウゲットの夢を改めて語る。ゴールのクチバの港でロケット団に襲われ、サトシとゴウはピカチュウとラビフットのタッグで撃退。喜ぶ彼らをルギア……に変身したミュウが見守っていた。
第21話「とどけ波導!サトシと不思議なタマゴ!!」
ポケモンのタマゴ探しの最中、誰かに呼ばれたような気配を感じたサトシは、立ち寄ったポケモンセンターで保管されていたタマゴを預かることに。その夜孵ったリオルはいきなり外へ飛び出し、森のポケモンたちに攻撃を仕掛ける。駆けつけたサトシに自分と同じ波導を感じたリオルは、共に戦うことを望みイワークとのバトルに勝利。そのままサトシのポケモンとなった。
第22話「さよなら、ラビフット!」
ホウエン地方ミシロタウンアゲハントの渡りを調査する一方で、ゴウは素っ気ない態度のラビフットを気にしていた。夜な夜な出かけるラビフットが近所のポケモンたちの面倒を見ていたことを知り、自分には見せない楽しそうな笑顔を見たゴウは、ラビフットを残して帰ろうとする。だがラビフットは出会ったばかりの頃のように、しっかりゴウを追いかけてきたのだった。
第23話「大パニック!サクラギパーク!!」
第24話「休め!ロケット団!!」
第25話「命爆発バトルフェス!VSメガルカリオ!!」
第26話「はねろ!コイキング」/第27話「かぶれ!ヤドキング」
第28話「英雄伝説!ダンデ最強バトル!!」
第29話「めそめそメッソン」
第30話「パチパチやきもち!ワンパチのきもち」


関連タグ

アニポケ ポケットモンスター(アニポケ第7シリーズ)

他シリーズサブタイトル一覧

関連記事

親記事

兄弟記事

コメント