ピクシブ百科事典

新無印編サブタイトル一覧

しんむじるしへんさぶたいとるいちらん

アニポケ第7シリーズ『ポケットモンスター』のサブタイトルの一覧。
目次[非表示]

概要

アニメポケットモンスター』(2019年~)の各話サブタイトル、及び概要をまとめたもの。
1stシーズンと区別するため、ファンの間で最も定着している略称「新無印」を採用することとする。

1、2話にはアイキャッチA、Bはなく(再編集、及び再放送でルギアと判明)、3話で初めて登場。
タイトルコールもこれ迄はサトシのみが担当していたが、ゴウと互い違いに(場合によっては単独、コハルも含めて)コールする。16話は一応ホラー回であるためか、某特撮じみた映像にゲンガーが現れ、ナレーションがコールを務めた。

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、23話以降の放送が一時中断されていたが、6月7日に再開された。

編集の際の注意

  • 概要は特に大事な場面を簡潔にまとめていただくようお願いします(ページが重くならないようにするための措置です)。可能な限り3~5行で収め、どうしても長くなる場合は個別ページを作成してください。
  • 未放送の内容のネタバレは、これから視聴する人の楽しみを奪うことになりかねないため禁止とします。


『ポケットモンスター』2019年

第1話「ピカチュウ誕生!」
4年前のサトシゴウコハルが登場。3人共オーキド博士主催のキャンプに申し込んだが、サトシが寝坊したため出会わずに終わる。ゴウとコハルはキャンプ中にミュウを目撃。また当時ピチューだったサトシのピカチュウガルーラ親子と共に暮らしており、彼らの負担にならないよう別れを決意した日に進化したと判明。
第2話「サトシとゴウ、ルギアでゴー!」
サトシとゴウ・コハル・サクラギ博士とがそれぞれ初対面。クチバシティにサクラギ博士の研究所がオープン。同日現れたルギアに飛びついたサトシとゴウの行動力が買われ、2人はサクラギ研究所の住み込みのリサーチフェローに任命される。
第3話「フシギソウってフシギだね?」
サトシとゴウがリサーチフェローとしての初調査へ。途中喧嘩になりながらも、力を合わせてフシギソウたちの不思議な行動の謎を解明する。ロケット団3人組が再登場し、今作では毎度本部支給のポケモンを使用するらしいと判明。
第4話「行くぜガラル地方!ヒバニーとの出会い!!」
ダイマックスの調査のため、サトシとゴウはガラル地方へ。街で盗みを働く野生のクスネたちと、そのリーダー格のヒバニーに遭遇。ピカチュウとのバトルを見たゴウはヒバニーの実力を認め、もっと自分の好きな生き方をすればいいと諭す。クスネたちに背中を押され、ヒバニーはゴウの後を追う。
第5話「カビゴン巨大化!?ダイマックスの謎!!」
ワイルドエリアに到着したサトシとゴウは、1体のカビゴンを発見。そこにヒバニーが追いつき、ゴウの仲間になりたそうな様子を見せるが、ミュウにこだわるゴウは断ってしまう。しかし、突如ダイマックス化し線路を塞いだカビゴンを退かすため力を合わせたことで、ゴウは考えを改める。晴れてヒバニーはゴウの最初のポケモンに。
第6話「ポケモン大量ゲットだぜ!ミュウへの道!!」
自分だけのポケモン図鑑完成のため、ゲットに燃えるゴウ。バトルを通してヒバニーとの絆を深めながら、カントー地方のむしポケモンのコンプリートに成功。終盤ではゴウの「全てのポケモンのゲット」、そしてサトシの「ポケモンマスターになる」という夢が改めて語られる。
第7話「激闘のホウエン地方!挑戦バトルフロンティア!!」
バトルフロンティア出場のため、サトシとゴウはホウエン地方へ。サトシはピカチュウの安定の実力と、バリヤードの意外な(?)活躍で見事優勝を果たす。一方、初戦で敗れたゴウは「ゲットの方が良い」と背を向けるが、サトシの戦いを見てバトルの面白さに気づく。


『ポケットモンスター』2020年

第8話「負けるなポッチャマ!シンオウ地方の流氷レース!!」
痩せ細ったポッチャマを保護したサトシとゴウは、トレーナーのミサキに返すためシンオウ地方キッサキシティへ。ポッチャマはミサキのもう1体のポケモンであるグレッグルにライバル心を燃やしていた。流氷レースで決着をつけようとするポッチャマとグレッグルだったが、ロケット団の襲撃から共にミサキを救ったことで互いを認め合う。
第9話「あの日の誓い!ジョウト地方のホウオウ伝説!!」
ホウオウ出現の噂を聞き、ジョウト地方エンジュシティへ向かったサトシとゴウは、オニドリルヒノアラシをホウオウに見せかけていた少年・クリオとその祖父・ジエイに出会う。ホウオウの存在を否定するジエイに、サトシは旅立ちの日のホウオウ目撃を語る。祖父に夢を取り戻してほしいクリオに、サトシとゴウは協力を申し出る。彼らの真っすぐさに胸を打たれ、ジエイは再びホウオウを探すことを決意。
第10話「カイリューの楽園、ハクリューの試練!」
カイリュー系統だけが暮らすと言われる島に漂着したサトシとゴウ。なかなか飛べずに苦しんでいたハクリューのため、サトシは身体を張って特訓に協力。見事飛べるようになったハクリューはロケット団との戦闘を経てカイリューへ進化し、サトシにゲットされる。同時に「カイリューへの進化で突然手足が生える」謎へのサトシなりの解答が語られる。
第11話「コハルとワンパチと、時々、ゲンガー」
コハルの母・ヨシノと弟・ソウタが初登場。ポケモンを好きとも嫌いとも言えないコハルは、周囲から「ポケモン博士の娘だから当然ポケモン好きで、将来は父の跡を継ぐ」と思われていることを気にしており、母に「焦る必要はない」と励まされる。その後研究所に出没したゲンガーと鉢合わせ、コハルは自分を守ろうとするワンパチの思いを知り、初めての指示を出す。
第12話「ダイマックスバトル!最強王者ダンデ!!」
ポケモンワールドチャンピオンシップス(以下ポケモンWCS)のファイナル観戦のため、再びガラル地方へ向かったサトシとゴウは、飛行機内からあのポケモンらしき影を目撃。ガラル代表・ダンデとカントー代表・ワタルによるファイナルは、壮絶なダイマックスバトルの末ダンデが制する。感銘を受けたサトシがダンデとのバトルを望む一方で、ロケット団に襲われたカジリガメが突如キョダイマックス化する騒ぎが発生。
第13話「サトシ対ダンデ!最強への道!!」
キョダイマックスカジリガメとのバトルの最中、サトシのピカチュウもキョダイマックス化を果たす。騒動解決後、ダンデはサトシの願いを聞き入れ、ピカチュウとリザードンとでバトルすることに。ダンデからダイマックスバンドをもらい、サトシはキョダイマックスピカチュウで挑むが、経験とレベルの差を見せつけられ敗れる。ダンデとの再戦のため、サトシは大会へのエントリーを決意。
第14話「初イッシュ地方!遺跡でレイドバトル!!」
巨神の遺跡の調査のため、サトシとゴウはイッシュ地方へ。BW編で放送中止の憂き目に遭ったリゾートデザート9年越しの登場を果たす。遺跡内の数々のトラップをくぐり抜け、巨神の正体である巨大ゴルーグにたどり着き、レイドバトルの末にゴウがゲットに成功する。
第15話「雪の日、カラカラのホネはどこ?」
ゴウの自宅と両親、祖母が初登場。共働きの両親の都合で、一人で過ごすことの多かったゴウの過去が明らかに。両親への届け物の途中、ゴウはカラカラに出会い、マンキーたちに取られた骨を取り戻す手助けをする。合流したサトシの力も借りて、無事骨を見つけたカラカラはゴウの仲間に。ゴウの両親は息子のポケモンたちやサトシを見て、息子にたくさんの友達ができたことを喜ぶのだった。
第16話「呪われたサトシ…!」
ゲンガーが再び現れ、サクラギ研究所内で悪さをする。建物が研究所になる前からゲンガーが棲みついていたことや、その理由がトレーナーに捨てられたためであることが明らかに。その元トレーナーとの再会で人間不信に陥ったゲンガーだが、自分を狙ったロケット団を協力して追い払ったことをきっかけに、サトシを認め自らゲットされる。
第17話「ヒバニー、炎のキック!明日へ向かって!!」
ヒヒダルマに挑発され、ヒバニーは炎技の習得に燃えるが上手くいかず、今使える技で十分と考えるゴウと喧嘩になってしまう。サトシの助言もありヒバニーの強い思いを知ったゴウは、ロケット団とのバトルの中で、炎を小石に纏わせて蹴る独自の「ひのこ」を指示。見事成功させたヒバニーはラビフットに進化する。
第18話「サトシ参戦!ポケモンワールドチャンピオンシップス!!」
ポケモンWCSにエントリーしたサトシは、かつてマチスと戦ったクチバジムを訪れ、ジムリーダー代理のビスケスとバトルすることに。鍛えられたライチュウマルマインに苦戦するが、初陣となったゲンガーの善戦や、サトシの奇策に応えたピカチュウの活躍により勝利。
第19話「ワタシはメタモン!」
サトシたちが出会ったメタモンは完璧な変身ができる役者だが、スランプで逃げ出してしまう。アジトに迷い込んだメタモンをロケット団に加えるべく、ムサシたちはあらゆる特訓を施し克服させる。だがメタモンがクビになったわけではないと知った3人は、わざと悪役を演じメタモンを返す。メタモンは3人との思い出を胸に、見事演技を成功させるのだった。
第20話「夢へ向かってゴー!サトシとゴウ!!」
サクラギ博士主催のポケモンオリエンテーリングで引率役になったサトシとゴウ。参加者の子供たちよりもはしゃぎながら、サトシはダンデとのバトルの夢を、ゴウはミュウゲットの夢を改めて語る。ゴールのクチバの港でロケット団に襲われ、サトシとゴウはピカチュウとラビフットのタッグで撃退。喜ぶ彼らをルギア……に変身したミュウが見守っていた。
第21話「とどけ波導!サトシと不思議なタマゴ!!」
ポケモンのタマゴ探しの最中、誰かに呼ばれたような気配を感じたサトシは、立ち寄ったポケモンセンターで保管されていたタマゴを預かることに。その夜孵ったリオルはいきなり外へ飛び出し、森のポケモンたちに攻撃を仕掛ける。駆けつけたサトシに自分と同じ波導を感じたリオルは、共に戦うことを望みイワークとのバトルに勝利。そのままサトシのポケモンとなった。
第22話「さよなら、ラビフット!」
ホウエン地方ミシロタウンアゲハントの渡りを調査する一方で、ゴウは素っ気ない態度のラビフットを気にしていた。夜な夜な出かけるラビフットが近所のポケモンたちの面倒を見ていたことを知り、自分には見せない楽しそうな笑顔を見たゴウは、ラビフットを残して帰ろうとする。だがラビフットは出会ったばかりの頃のように、しっかりゴウを追いかけてきたのだった。
第23話「大パニック!サクラギパーク!!」
サクラギパークのポケモンたちがなぜか餌を食べられず、彼らの間で争いが勃発。進化を控えたマユルドたちを守ろうとしたゴルーグの胸の封印が外れ、暴走状態に。封印はサトシたちが元に戻すが、ゴルーグの「あまごい」で天候が荒れ、マユルドたちが危機に陥る。しかし争いを止め団結したポケモンたちに守られ、無事ドクケイルへ進化。餌を隠した犯人も判明した。
第24話「休め!ロケット団!!」
サカキから休暇を取るよう命じられたムサシたちは、シンオウ地方リゾートエリアを訪れるが、サトシとゴウに遭遇し成り行きで何度も手助けする羽目に。そんな中、マトリがポケモンの大規模捕獲作戦から自分たちを締め出すために休暇を命じたと知ったムサシたちは、再びサトシたちに協力して作戦の阻止に成功。珍しく最後まで正体を明かさなかった。
第25話「命爆発バトルフェス!VSメガルカリオ!!」
バトルフェスに参加するためカロス地方シャラシティを訪れたサトシは、シャラジムのジムリーダー・コルニと再会。リオルはコルニのルカリオに憧れの視線を向ける。コルニの祖父・コンコンブルとゴウが見守る中、サトシはコルニのコジョンドとルカリオ(→メガルカリオ)にゲンガーとカイリューで挑み、辛くも勝利。ポケモンWCSスーパークラスへの仲間入りを果たした。
第26話「はねろ!コイキング」/「かぶれ!ヤドキング」
はねろ!コイキング」:カオス回2本立ての前半にして、カスキング登場回。コイキングハイジャンプ大会にエントリーしたゴウは、コイキングと共に特訓に励む。決勝戦でカスキングの「キンキング」と激突したゴウのコイキングは、宇宙空間に到達するほどの超ジャンプを見せるが、そのまま戻ってこなかったため記録なしとなってしまうのだった。
かぶれ!ヤドキング」:カオス回2本立ての後半。ヤドンだらけの島で1体のヤドキングに遭遇したサトシは、カップ麺と引き換えによこされたシェルダーを被り、「サトキング」と名乗り始める。その後シェルダーはゴウ、ピカチュウ、ラビフット、そしてまたサトシへと移り、手がつけられなくなったところでゴウのコイキングが宇宙から帰還。シェルダーもヤドキングの頭へ戻った。
第27話「英雄伝説!ダンデ最強バトル!!」
ポケモンWCSマスタークラスの公式戦を観るため、サトシとゴウはガラル地方のシュートシティへ。ダンデのリザードンとキバナジュラルドンとのダイマックスバトルで大いに盛り上がった後、ソニアからガラルの英雄伝説を教えられる。それから橋でガラルカモネギと遭遇し、ギリギリのバトルの末サトシがゲットする。
第28話「めそめそメッソン」
前話に続きシュートシティにいた2人は、自身の朝食が無くなっていた事がきっかけでメッソンと出会い、ゴウがメッソンをGET。早速スナヘビ相手にバトルをさせてみようとしたが、砂をかけられた事で怯え、逃げてしまう。逃げた先でロケット団に捕らえられ弱虫と挑発されたのに対しゴウは反論。彼の期待に応えメッソンは自力で脱出し、自身の催涙能力でロケット団撃退に協力。ゴウが自身の臆病さの本質を理解してくれた事でメッソンも彼に心を開いたのだった。
第29話「パチパチやきもち!ワンパチのきもち」
某日、サクラギ家に羽を怪我したマメパトが墜落し、一家は暫くマメパトの面倒を見る事に。一家、特にコハルがマメパトにばかり構う事に飼い犬のワンパチが嫉妬する。困り果てたコハルだが、自身もワンパチが自宅に来た当初同じく嫉妬していた事を聞き驚くと同時に、その後お互いの事を思い行動し、今のように仲良くなるまでの紆余曲折を思い出す。そしてワンパチも嫉妬ではなく思いやる事を学び、コハルと共にマメパトを襲ったオニドリルを退治した。
第30話「いやいやピカチュウ、やれやれバリヤード」
サトシがリオルとばかり特訓し自分に見向きもしないことに拗ねたピカチュウは、可愛がってくれるハナコの元へ行くべく家出を決行してしまう。放っておけずついてきたバリヤードとの長旅の末マサラタウンの家に到着するが、そこにはピカチュウを心配して先に帰っていたサトシが。彼はピカチュウを放ったらかしにしていたことを謝り、ピカチュウもサトシが大好きだと改めて思うのであった。
第31話「ヒンバスのきれいなウロコ」
コハルは弟のソウタから、彼の友人のナミの飼っているヒンバスが他の友人から変なポケモン呼ばわりされている事を聞き、ヒンバスの良さが理解されるよう、ポケモンコンテストに出場するよう提案。特訓の末に良いパフォーマンスを見せるが、そこにロケット団が登場、出場ポケモンを奪い去ろうとする。その拍子にヒンバスの綺麗なウロコが剥がれてしまうが、それを付け直した事でミロカロスに進化、ロケット団を撃退。その功績を称えられ、特別賞を得た。
第32話「セレビィ 時を超えた約束
当該記事を参照。
第33話「ポケモン交換しませんか?」
ポケモン交換イベントにやってきたサトシとゴウは、「シンオウのむしクイーン」を自称する少女・コロミと出会う。彼女のヘラクロスと自分のカイロスとの交換を持ちかけられたゴウは、交換の代わりに彼女のカイロスゲットに協力。作戦を邪魔したロケット団との交戦の中で、ゴウのカイロスがコロミのヘラクロスに惚れる。その後ゴウが新たにゲットしたカイロスと交換する形で、ヘラクロスはゴウの仲間に加わった。
第34話「孤高の闘士サイトウ!オトスパスの脅威!!」
ヤマブキシティの空手道場を訪れたサトシは、ガラル地方のジムリーダー・サイトウとバトルをすることに。ポケモンWCS連戦連勝で波に乗っていたサトシだったが、ガラルカモネギをルチャブルに倒され、続くリオルも動きの読めないオトスパスに翻弄され、初の敗北を喫する。自分の戦法が全く通用しないサイトウに、サトシはリベンジを誓うのであった。
第35話「ピカチュウ、ゲットだぜ!」
ゴウのピカチュウゲットのため、ピカチュウ大量発生が噂される山を訪れたサトシたち。ゴウはそこで出会った世話好きの♀のピカチュウをゲットする。彼女が見つけた「かみなりのいし」によって危うくサトシのピカチュウが進化しそうになる場面も。その彼女は後半、ロケット団に捕まったサトシのピカチュウや他の仲間たちを助けるため、自ら望んでライチュウに進化する。
第36話「サトシとゴウ、砂地獄から這い上がれ!」
ポケモンWCS連敗とランクダウンに落ち込むサトシを引っ張り、ゴウはホウエン地方キンセツシティへ。そこでは砂嵐の中から歌声が聞こえる謎の現象が起きていた。砂嵐の中に入ったサトシとゴウは、ナックラービブラーバに続き、歌声の主のフライゴンを発見。サトシから学んだ“ムチャクチャ戦法”でフライゴンゲットに成功したゴウを見て、サトシは一から出直すべく心を切り替えるのだった。
第37話「ただいま、はじめましてアローラ!」
ゴウのアローラナッシーゲットのため、サトシたちはアローラ地方メレメレ島へ。サトシはククイバーネット夫妻(息子・レイは初登場)やポケモンたち、元クラスメートたちとの再会を喜ぶ。一方、カキはサトシのライバルとしての適性を見極めるため、ゴウにバトルを申し込む。ゴウはカキのバクガメスZワザの前に敗れるが、自分はサトシのライバルではない、自分には自分の夢があると主張。カキはその熱さを認めるのだった。
第38話「奇跡の復活、化石のポケモン!」
ニビシティで行われた大化石ポケモン展にやってきたサトシ達。コハルもはば強引に誘われた形で一緒だ。偶然ゴウは「ひみつのコハク」を発掘。装置を使って復元しようとしたが、ロケット団に装置を壊されてしまう。事態を知ったサトシはロケット団を撃退。ゴウも琥珀から甦ったかせきポケモン、プテラを落ち着かせてゲットする事にも成功。コハルはサトシやゴウの活躍を見て、また少しポケモンの素晴らしさを知っていくのであった。
第39話「サトシ対サイトウ!攻略たこがため!!」
ポケモンWCSに挑戦中のサトシは、スランプを乗り越えてスーパークラスへ再昇格。サイトウがジョウト地方のタンバジムで修行していることを知り再戦する事に。前回惨敗したオトスパスVSリオルのバトルでは、たこがためを攻略することが出来たものの、あと一歩のところで両者戦闘不能となり、引き分けに終わってしまう。サトシとサイトウはそれぞれの高みを目指して、ポケモンWCSへ挑戦し続けていく。
第40話「VSサンダー!伝説レイドバトル!!」
サクラギ研究所が停電してしまった。ゴウは伝説の鳥ポケモンサンダーの仕業と思い、サトシと一緒に無人発電所に向かう。サンダーを発見し、偶然鉢合わせたロケット団とレイドバトルをするが、またしてもピカチュウが狙われる。サトシの機転でロケット団を撃退し、ラビフットも新たな技ブレイズキックでサンダーを追い詰めたが、ゲットは出来なかった。
第41話「ピカチュウアテレコ大作戦!」/「半分、ヌマクロー。」
ピカチュウアテレコ大作戦!」:26話以来の2本立て。ロケット団のニャースが風邪をひいてしまった。そこでムサシ達はピカチュウが、なんと言っているのか、自分なりに翻訳してみることに。
半分、ヌマクロー。」:サトシとゴウは地面に埋まっているヌマクローを発見する。救出を試みようとするが上手くいかない。そこに鉢合わせた野生のルンパッパが現れ、あまごいを出してヌマクローを救出するが・・・。
第42話「ソード&シールドⅠ『まどろみの森』」
ある日の夜、ダンデからもらったダイマックスバンドが光り出すのを発見するサトシ。同じ頃、ガラル地方でポケモンが巨大化し暴走する事件が発生する。サクラギ博士の知り合いでダイマックス研究の第一人者でもあるマグノリア博士を訪ね、ガラル地方へと向かった。
第43話「ソード&シールドⅡ『ブラックナイト』」
まどろみの森ではぐれてしまったサトシとゴウ。そんな時サトシはダンデに、ゴウはソニアと再会する。サトシはダンデとともにダイマックスで暴走するポケモンを救出していき、ゴウはソニアとともに、ガラルの英雄伝説の謎を解明するため、行動を開始する。
第44話「ソード&シールドⅢ『ムゲンダイナ』」
ザシアンザマゼンタが、ガラルを救った英雄と断言したゴウ達は、サトシと合流することにする。しかしサトシはナックルシティで暗雲に立ち込めた一つの光を目撃する。それはガラルを壊滅の危機に落としたポケモン、ブラックナイト=ムゲンダイナだった。
第45話「ソード&シールドⅣ『最強の剣と盾』」
事件の首謀者であるローズや秘書のオリーヴが繰り出したポケモンにサトシとゴウは悪戦苦闘。そんな時、サトシのリオルがルカリオに、ゴウのラビフットがエースバーンへと進化し、ローズたちのポケモンに勝利した。サトシとゴウは再会し、ムゲンダイナに立ち向かう。
第46話「バトル&ゲット!ミュウツーの復活」
絶海の孤島「セロアイランド」でミュウらしき反応を見つけた。サトシとゴウは様々な苦難を乗り越えて、ミュウのいるべき場所に着いた。しかしそこにいたのはミュウではなく、ミュウツーだった。それぞれの夢をかけて、サトシたちはミュウツーとポケモンバトルをするのだが・・・。
第47話「ポケモンチャンピオン!大食い王決定戦‼︎」
ゴウのホシガリスの食欲を見て、クチバシティのポケモン大食い王決定戦に参加することになったゴウ。キクナいわくクチバの大食い王戦は強豪が集まる事で有名らしい。知識を活かしたゴウの作戦で決勝戦まで勝ち進んだホシガリス。さらに競技中にヨクバリスへと進化し、見事優勝した。
第48話「ほぼほぼピカチュウ危機一髪!」
大食い王決定戦の優勝商品でイッシュ地方へやってきたサトシたち。しかし先回りしていたロケット団が、「ほぼほぼピカチュウ」というメカを使って、サトシのピカチュウすり替えようと企む。ピカチュウを盗み自転車で逃げる姿を目撃したルカリオとエースバーンが、ロケット団を追いかけて撃退するも、本物のピカチュウはサトシとずっと一緒にいたため、無駄骨を折ってしまった。
第49話「コハルと不思議な不思議なイーブイ!」
『イーブイ進化研究所』には、どのブイズにも進化しないメスのイーブイがいた。そんなときイーブイは偶然ワンパチと出会い、コハルとゴウが通っているスクールに迷い込む。偶然コハルはイーブイを見つけて、保護をすることに。ところがまたしてもロケット団が現れ、スクールにいるポケモンを無理矢理捕まえようとする。イーブイとワンパチとのダブルバトルでロケット団を撃退。イーブイはコハルに懐いたため、研究員はイーブイをコハルに託すことにした。コハルはイーブイをゲットした事によりポケモントレーナーとなった。

『ポケットモンスター』2021年

第50話「ガラルの化石!がっちゃんこ!!」
以前、ニビシティの化石展で知り合いとなった博物館の館長が、ガラル地方の化石を調査してくれないかと依頼があった。サトシとゴウ、そしてコハルはガラル地方のワイルドエリアにやってきた。そこで3人は調査員のウカッツとガサッツに出会い、様々な化石を掘り起こして組み合わせ、復元してみることに。復元されたポケモンはウオノラゴンパッチルドンだった。サトシはウオノラゴンを、ゴウはパッチルドンをゲットする。
第51話「カモネギ大いなる試練!」
ポケモンWCSに挑戦中のサトシとカモネギは、特訓とゴウのイシツブテゲットも兼ねてイワヤマトンネルにやってきた。そこで偶然出会ったトレーナーのゲンバとドテッコツと公式バトルをし、結果サトシの勝利となった。しかしその様子を見ていたエルレイドを連れたトレーナー、リントが『カモネギは力があるが大事なものが見えていない』というアドバイスをする。
第52話「農業体験!ディグダはどこだ!?」
サクラギ博士の教え子であるエンドウから、ディグダ達が大量発生して困っているという手紙が来た。サトシ達はエンドウの畑を調査することにしたが、原因は他にもあるのではと考え、元々ディグダ達が住んでいた丘に行くことに。するとそこにはロケット団が。今回も彼らの仕業であった事が判明。野菜が育つように大音量で音楽をかけていた事が、ディグダたちがエンドウの畑までやってきてしまったのだ。ロケット団を撃退し、ゴウは畑のお手伝いとしてゲットしたダグトリオをエンドウに託すのだった。
第53話「伝説ゲット!?水の守護神スイクンを探せ!!」
世界中を巡り、汚れた水を綺麗にする力を持つ伝説のポケモン、スイクンがジョウト地方のとある湖に留まっている情報が出た。調査に向かったサトシ達だが、目にしたのはポケモンハンター軍団と、傷だらけになっていたスイクンだった。ゴウはモンスターボールを投げスイクンをゲットし、必死に看病をするのだが、ポケモンハンター達は、ゴウとスイクンに迫っていた。
第54話「メッソン・イン・ポッシブル!」
メッソンの最終進化系であるインテレオンが、スパイとして活躍する映画の撮影現場を見学しにきたサトシ達。そこにロケット団が乱入しインテレオンを強奪しようと企む。しかしインテレオンのねらいうちによってロケット団は撃退される。ゴウのメッソンはインテレオンに強い憧れを持ち、研究所で特訓をするが臆病な性格が幸いし上手くいかない。その時懲りないロケット団が映画スタッフの手持ちポケモンゴチムを誘拐し、インテレオンとの交換を要求。メッソンは特訓の成果を発揮できるのだろうか。
第55話「君とルミナスメイズの森の物語」
ある日、研究所で「君とルミナスメイズの森の物語」という本を見つけたコハル。そこには、ガラルポニータガラルギャロップの姿が描かれていた。2匹に会ってみたいと思ったコハルは、サトシ達と一緒にガラル地方のルミナスメイズの森に行くことに。森の中を捜索していると、コハルとイーブイの前に1匹のガラルポニータが。どうやら親であるガラルギャロップが怪我をして助けを求めていた。コハルは本に書いてあった虹色の花を探すことにした。
第56話「四天王ガンピ!騎士道の館!!」
カロス地方の四天王ガンピが、真の強さを求めて熱血指導をしている話を聞いたサトシとゴウ。リントのエルレイドにバトルで負けてしまったサトシのカモネギと、自ら強くなりたいと思うようになっているゴウのストライクをつれて、カロス地方の騎士道の館へやってくる。様々な修練を重ね、カモネギはみきりを覚え、さらにゴウのストライクはガンピの提案により、ハッサムへと進化させた。
第57話「恋はコダック」
第58話「パニック!ゴクリン球!!」/「カモンカムカメカメレース!」
第59話「迷子のサルノリ!トレーナーは誰だ!?」


関連タグ

アニポケ ポケットモンスター(アニポケ第7シリーズ)

他シリーズサブタイトル一覧

関連記事

親記事

子記事

兄弟記事

コメント