ピクシブ百科事典

目次[非表示]

「こいつが おれの きりふだっ!」

概要

ポケットモンスター ダイヤモンド・パール・プラチナ』に登場するキャラクター。
名前の由来は恐らく水草の「デンジソウ(田字草)」。また、でんきタイプの使い手であることから「電磁」をかけていると思われる。

シンオウ地方にあるナギサジムのジムリーダーでんきタイプのポケモンの使い手。
勝利すると「ビーコンバッジ」と「チャージビーム」のわざマシンが貰える。
キャッチコピーは「輝き しびれさせるスター」

容姿

デンジ


青いジャケットの他はトップス、ボトムス、靴は黒い色のものを身に着けている。
髪形は逆立てた金髪でもみあげが長め。目は青色。

人物

シンオウ地方最強のジムリーダーといわれる。
その自覚がある反面、当初は久しく手強い挑戦者が来ないからとジムの改造に没頭し、街に停電を起こしていた。
挑戦者と戦っても手応えがなくつまらないとして勝負に対する情熱が燻っていたが、主人公との勝負を通じてポケモン勝負の熱さと楽しさを改めて知った模様。

ジム戦前は「もし主人公が弱ければ自分はポケモンリーグで戦う」とまで発言していたが、やはり街の人々と触れ合えるジムリーダーのほうが素敵だと四天王になることはやめたという(部屋の改造禁止と怒られたのも理由の一つ)。
このとおりジムや灯台が多量の電気を使うため、街の道路は全てソーラーパネルとなっている。
一部の住民からは「電気を使いすぎだ」とこぼされることも。

デンジさんと愉快な仲間たち
∠(・∀-)


シンオウ地方の四天王オーバとは友人関係。『プラチナ』では主人公とライバルにタッグバトルをしかけてくるほか、別荘でも2人一緒に登場することがある。別荘では2人の漫才のようなやり取りを確認出来る。

BW2』ではPWTに参加するほか、イッシュ四天王シキミに挑んだことが彼女の小説の一文から窺える。その際「10万ボルトって知ってる?」と挨拶代わりに尋ねたらしい。

手持ちポケモン

『ダイヤモンド・パール』


『プラチナ』

ナギサジム


オーバとのタッグ時

  • サンダースLv.56
  • レントラーLv.56
  • エレキブルLv.58


強化後

  • サンダースLv.61
  • ライチュウLv.61
  • レントラーLv.62
  • ランターンLv.63
  • エレキブル(切り札)Lv.65


『ブラック2・ホワイト2』

シンオウリーダーズトーナメント


ワールドリーダーズトーナメント

  • エレキブル(切り札)
  • レントラー
  • ライチュウ
  • スピンロトム
  • サンダース
  • マルマイン


『ダイヤモンド・パール』では、なんと電気タイプではないポケモンが半分も占めている。
シンオウ図鑑の登録ポケモンで電気タイプが少ないことが理由なのだが、状況によってはみずタイプのオクタンを自身満々に切り札宣言しながら繰り出すことも。
うちオクタンは「チャージビーム」、エテボースは「でんげきは」とそれぞれ電気タイプの技を所持している。
『プラチナ』では登録ポケモンが増えたため全て電気タイプのポケモンに変更されており、エレキブルを最後に繰り出す仕様になっている。

オデン


「こいつが おれの きりふだっ!」

アニメ

CV:野島裕史阪口大助(幼少期)
ダイヤモンド&パール」第165話で初登場。
相棒はピカチュウ時代からのパートナーのライチュウ。

ナギサシティのジムリーダーだが、町の改造に没頭し、ナギサタワーを完成させた後は完全な腑抜けとなっていた。バトルを行わず、ジムの前にジムバッジを大量に放置して挑戦者に持ち帰らせていた。その行動は一部のモブやジュンは喜んでバッジを受け取ったものの、やはりジムリーダーとしてはどうなのかと大半のトレーナーが不満を抱いてしまっており、サトシは勿論あのシンジをも怒らせた程(シンジ曰く「最低のジム」)。
しかしナギサジムでサトシとオーバのバトルを見て心を開き、サトシとジム戦を行った。
手持ちのポケモンはエレキブルサンダースレントラーライチュウ。ジム戦のルールは3体勝負であり、サトシとの対戦ではライチュウを使わなかった。

新無印第77話で11年ぶりに再登場し、サトシと2度目のバトルを行う。「ポケモンワールドチャンピオンシップス」に参加しており、ハイパークラス27位に昇格している。この時は、レントラー、スピンロトム、エレキブルの3体を使用した。
このバトルでは、ピカチュウのエレキネットを食らって拘束されたロトムを即座にエレキブルと交代することで追撃の10まんボルト無効化すると同時にエレキブルのスピードを上げる、エレキブルのかみなりパンチの追加効果でルカリオまひになるとロトムに交代してたたりめとのコンボを決めるなど、ポケモンの交代を上手く使用した名バトルを繰り広げ、シンオウ最強のジムリーダーとしての実力を見せつけた。

かがやき しびれさせるスター



他媒体でのデンジ

ポケットモンスターSPECIAL

第7章(ダイヤモンド・パール編)、第8章(プラチナ編)に登場。
シンオウ最強のジムリーダーと言われるが、常に気怠そうにしており、集団行動には従わない。スモモ曰く、「時間にルーズで約束の時間に来ないことが多い」らしい。だが、一度強いと認めた相手との勝負では普段とは全く違った素振りを見せる。
トウガンからの連絡を受け、ギンガ団のジュピターに敗北したプラチナに興味を持ち、彼女にジムバッジを渡し、彼女やスモモスズナの稽古を引き受けた。
トウガンから緊急召集のメールを受けてはいたが、メッセージを削除し、他のジムリーダーが集まる中、唯一「やりのはしら」へは行かなかった。おくりの泉での異変に気づいた後、オーバからの連絡でバトルゾーンに渡る。そこでの1ヶ月間はオーバとのタッグで何戦もの勝負をこなし、共に「やぶれた世界」に入りギラティナと戦った。
オーバとのやり取りでは某漫才師のネタを小ネタで披露している。

手持ちのポケモンは切り札のエレキブルエレキッドライチュウ

DP物語

僅か1コマだけ登場。というのも、作者がゲームプレイ時ナギサシティまで到達していなかった為らしい。単行本では出番が無かったことをキャラがメタ発言的に呟いている。

ポケモンマスターズ

CV:浪川大輔
バディはレントラー。でんきタイプのテクニカル。
バディーズわざは「輝き痺れさせる かみなりのキバ」。

テクニカルとしてはエレキフィールドを展開しでんきタイプの味方の火力を底上げするというサポート寄りの個性を持つが、わざやボードの効果でわざの威力上昇が狙いやすいためアタッカーも任せられる。
また「妨害確率上昇4」と「異常確率上昇4」を持つため「かみなりのキバ」によるまひとひるみの両方を狙いやすく、テクニカルの本分ともいえる妨害役としての性能も優秀。

実装時にはエピソードイベント「電撃に魅せられた男」が開催され、ストーリーでは原作とは逆に勝負で燃え尽きたオーバを主人公と共に勝負で燃え上がらせるという姿を見せた。
イベントには同じく機械好きなでんきタイプのジムリーダーシトロンも登場し交流を果たした。しかしシトロンはデンジの電気を過剰に使う改造の仕方には驚いていた模様。

また、複数の自動販売機を何故か発光や変形するように改造したり、オーバがからておうから借りたトレーナーを鍛えるマシン(シトロンの作った量産型)を「壊れていたから」と修理ついでに改造したり、さらには街の電灯さえも無許可で改造したりとその機械類を改造したがる悪癖も相変わらずの様子である。
しかしマーマネ曰く内容はとても良く、電気流用システムなど目を見張るものもあるらしい。

ちなみに演者の浪川氏はアニポケでのロトム図鑑の声も当てている。

関連イラスト

デンジエレキブル
ジムリーダー


10万ボルトって知ってる?
えぐり込むように



関連タグ

ポケットモンスター ポケモン DPt
オーバ ジムリーダー(シンオウ)

他のでんきタイプの使い手

マチス テッセン カミツレ シトロン マーマネ

関連記事

親記事

ジムリーダー(シンオウ) じむりーだーしんおう

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「デンジ(トレーナー)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 213804

コメント