ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

DP物語

ぽけもんだいやもんどぱーるものがたり

伊原しげかつによる『ポケットモンスター ダイヤモンド・パール』をベースとしたコミカライズ作品。
目次 [非表示]

概要

シンオウ地方に住む少年ハレタが、神話に挑む物語である。


『月刊コロコロコミック』においては『ポケットモンスター金・銀 ゴールデン・ボーイズ』以来の本格的なストーリー作品であり、北米でもViz Media社によって英訳され、全8巻が発売されている。


基本的な設定は『ポケットモンスターダイヤモンド・パール』に準じているが、以下の設定のように原作との差異が大きいのが特徴であり、プラチナ編はほぼオリジナル展開である。


これ以外にも主人公がバトルに参戦したりと一見すると破天荒な展開が目立つが、基本的にはポケモンと人間がバトルを通じて交流・成長して行く王道的な少年漫画である。


初期タイトルは『ポケットモンスターダイヤモンド・パール外伝 ポケモンDP』(「物語」ではなく「外伝」)だったが、単行本では『ポケットモンスターダイヤモンド・パール物語 ポケモンDP』に修正されている。


単行本のカバーを外すと表側は一コマ漫画、裏側はカバーと連動したイラストを見る事が出来る。5巻の表側は読者を驚かす一コマ漫画になっている。


本作の作者、伊原しげかつ先生は2005年に劇場版ポケットモンスター『ミュウと波導の勇者ルカリオ』を連載していたことがある。

また、先生にとっても思い入れのある作品だったようで、pixivでも関連イラストを投稿している他、Twitter(現:X)では第7巻の一コマをパロディし、アカギをギャグキャラとして描いている(リンク)。


登場人物

ハレタ

ポケモンDPから ハレタとみんな

本作の主人公である少年。ディアルガに出会うために旅立ち、ポケモンジムポケモンコンテストにも挑戦していく。

原作男主人公がモデルだが、容姿や髪形は大きく異なる。

元気いっぱいの野生児。森で育ったためか、最初はモンスターボールの開け方も知らなかった。

一人称は「オイラ」で語尾に「〜ぞ」「〜だぞ」と付けることが多く、良くも悪くも性格が純粋である為、メリッサを「おばちゃん」と呼ぶなどデリカシーに欠ける面がある。


加えてポケモン界でも屈指の身体能力の持ち主であり、イワークを持ち上げ、ドサイドンを背負投げしたりゴウカザルの拳を受け止め、ギラティナレジギガスといった禁止級準伝説相手でも臆する事なく立ち向かう。まさに歩くかたやぶり

しかし、彼の真骨頂はポケモンと心を通わすことが得意な事にあり、シンオウ三龍の他にもデオキシスやそれまで好戦的で誰も御せなかったレジギガスとも仲良くなるという実績を挙げている(デオキシスに至っては本編開始前の話である)。


父のカイセイも破天荒な性格であり、世界中を旅した末にやぶれたせかいにたどり着いてしまい、ギンガ団や国際警察にマークされる身となっている。彼の相方はプラスルである。

父の名前が「快晴」から来ているようにハレタの名前も「晴れ」から来ている。


エンペルトポッチャマポッタイシエンペルト

ハレタがパートナーに選んだみずタイプのポケモン。中盤まで長らくポッチャマのまま進化しなかった。非常にプライドが高く、負けず嫌い。

そのほかの手持ちにコリンク(→ルクシオレントラー)、ムウマ、タマゴから孵化したリオル(→ルカリオ)やマイナンイワークレジギガスイシツブテズバットユンゲラーがいる。

なお、デオキシスは本人の意思を尊重してゲットしていない他、パルキアマスターボールで捕獲しようとして失敗しているので結果として手持ちにいる伝説のポケモンレジギガスのみとなっている。


ミツミ

ミツミとゴウカザル

ナナカマド博士の助手をしている少女。

服装こそ原作の女主人公と同じだが、緑髪のポニーテールで高身長かつ巨乳であるなど容姿は全く異なる。

ハレタのお姉さん的存在で、あまり表には出さないがコンテストなどの華やかな舞台が好き。

実は幼い頃ギンガ団に拉致され戦うマシーンとして育てられた過去を持っており、その戦闘力たるやトーナメントでシロナと互角に戦って見せたほど(結果はミツミの棄権により、シロナの勝利となった)。

一度はギンガ団を裏切ったがイーブイを人質に取られたためにギンガ団に戻り、やむを得ずハレタと戦うことになってしまう。最後はハレタとの激闘の末にギンガ団と完全に決別した。


ゴウカザル

ミツミのパートナーのほのおタイプのポケモン。

シロナガブリアスと対等に渡り合う実力を持つ。ギンガ団在籍時に、ナナカマド研究所を襲来した時にナナカマド博士から譲られたヒコザルが進化した(おそらくこの時に、ナナカマド博士に説得されて、ギンガ団脱退に至ったと思われる)。

この他にもグレイシアリーフィアミロカロスエレキブルヨノワールムックルを手持ちとしている。


ジュン

ポケモンDPからライバル・ジュンくん

ハレタのライバル。名前の由来は『ダイヤモンド』の名前候補の一つであり、後にアニメ版でもこの名前が採用されている。

ミツミに惚れているがあまり相手にされずよく殴られている。


ドダイトス

ジュンのパートナーのくさタイプのポケモン。 おそらく、ナナカマド博士から貰ったポケモンだと思われ、ナエトルから時代から大切に育成している。

この他にもムクバード(→ムクホーク)やカイリューが手持ちとして登場。


コウヤ

ポケモンDPより 国際警察のコウヤくん

ポケモンリーグに出場していたエリートトレーナーで国際警察の一員。本作のオリジナルキャラクター。

アブソル1匹でジュンの手持ちを3タテできるほどの強さを持っており、この他にもメタグロスマンムーを所持。

かつてはバトル好きの明るい少年だったが、ガーディに無理をさせすぎてしまったトラウマから現在の冷徹な性格が形成された。


K-2

この作品のある意味名物ともいうべきキャラ。

ギンガ団のしたっぱ(男性)で、ハレタにケツを噛まれて以降、ケツが弱点となっている。(よく見ればなかなかの美尻の持ち主である。)

登場する度にケツを攻撃されたり、ケムッソを間違えて『ケツッソ』と言い間違えるなど本作屈指のネタ要員であり、K-2というコードネームは物語後半で判明したものである。

手持ちはケムッソアゲハントゴローングレッグルと如何にも下っ端っぽい人選だが、ドラピオンも有しており、時として強敵にも描かれる。

ちなみに、作者によってしたっぱ(女)をベースに女体化イラストが描かれている(リンク)。


関連イラスト

ポケモンDP衣装なマミさんセンシティブな作品

センシティブな作品落書き配信 ポケモンDPからミツミとハレタのコンビそしてアカギ

※原作者本人によるイラストの一例。以前、頒布していた同人誌では巴マミとハレタを共演させている。


関連タグ

ポケモン ポケットモンスター DPt


ジムリーダー(シンオウ):スモモマキシメリッサ戦がダイジェスト扱いとなっているが、リッシ湖との戦いで再登場する。


レジ系/デオキシス/三湖/シンオウ三龍/ヒードラン/シェイミ:作中で活躍する伝説のポケモンたち。

関連記事

親記事

伊原しげかつ いはらしげかつ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 137938

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました