ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

ルクシオ

るくしお

『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)の一種。
目次 [非表示]

基礎データ

全国図鑑No.0404
シンオウ図鑑No.018
ヨロイ島図鑑No.026
ヒスイ図鑑No.016
パルデア図鑑No.095
ローマ字表記Luxio
ぶんるいでんこうポケモン
タイプでんき
たかさ0.9m
おもさ30.5kg
せいべつ50%♂・50%♀
とくせいとうそうしん/いかく/こんじょう隠れ特性
タマゴグループりくじょう

各言語版での名称と由来

言語名称由来
日本語ルクシオlux(ラテン語で光)+Lynx(学名、オオヤマネコ属)+leo(ラテン語でライオン)
英語・ドイツ語・スペイン語・フランス語・イタリア語Luxio日本語名に同じ
韓国語럭시오日本語名の音写
中国語(簡体字)勒克猫勒克斯(ルクス)+猫
中国語(繁体字)勒克貓勒克斯(ルクス)+貓(猫)

進化

レントラー親子

コリンクルクシオ(Lv.15) → レントラー(Lv.30)


概要

コリンクの進化形。初登場は同じく『ポケモンDPt』(第4世代)。

順当に大きくなり、目つきも多少鋭くなった。顔周りの毛は大きく伸び、♂も「♀も」状になった。ただし、進化前と同じく♂の方がより長い。この部分は下半身と同じい毛になっている。

逆に下半身の黒い範囲は進化前より狭くなっており、♂が♀のコリンクと同等にまで、♀はさらに上方向に切り上がってレギンスのような形状となっている。

色い模様は耳部分では外周に沿うような形に、前足部分では数が倍になっている。色違いの変化パターンは進化前と変わらない。

Shiny Luxio


名前の由来は、おそらく照度の単位である「ルクス(lux/lx)」。この単語は元々ラテン語で「」を意味しており、コリンクの由来の一つと考えられる「Lynx=オオヤマネコ(属)」とは同語源とされている。また、同じラテン語の「Leo=ライオン」がかかっている可能性もある。



ルクシオは数匹のグループで暮らしている。

前足で仲間の体に触れて、爪先から流す電流のリズムで気持ちを伝えあっている。

爪先の電気は攻撃にも用いており、少し触れるだけでも相手を一発で気絶させるほど強力。加えて仲間と尻尾を繋げるとより出力が上がる。その威力は実に100まんボルトに達するとか。


ゲーム上の特徴

中間進化形としては「こうげき」が高い。

反面、耐久面の伸びは悪いが、対物理に関しては「いかく」で補う事が可能。


もっとも、第4世代当時はスパーク」の後は同威力効果違いの「かみなりのキバ」しかタイプ一致の物理技が無いという課題を抱えていた。

そのためどうしても火力が不足気味で、ストーリーも後半になると相手を倒しきれない事もしばしばであった。これは進化でどうにかできる類の話ではなく、根本的な解決は次の世代を待たなければならなかった。



コリンクの項でも触れたが、近年の作品ではコリンクよりも攻撃的になっており、トレーナーを見つけると意図的にぶつかってきて戦闘に入る。もっとも、見つけてから動き出すまでにかなりの猶予があり、近寄る速度も遅めなので、同様のポケモンの中では回避しやすい部類である。


SV』(第9世代)では、ハッコウシティジムリーダー・ナンジャモが繰り出してくる。ジムテストの段階でも戦う機会があるため目新しさは無いが、本編でボス級トレーナーの手持ちに入るのは出身の第4世代にも無かった事で特筆される。

ナンジャモ


野生出現一覧


使用トレーナー

ゲーム版


アニメ版


漫画版


番外作品

ポケモン+ノブナガの野望

進化時にオリジナル特性「しゃかりき」が、同じくオリジナル特性「じょそう」に変化する。効果は「攻撃前に移動した距離に応じて火力上昇」というシミュレーションゲームならではのもの。

その他の特性はコリンク時代のものを引き継ぐ。


使用技は自身の周囲全体を攻撃する「ほうでん」に変わる。本編では特殊扱いの技であるが、本作は物理/特殊が未分化のため、火力に問題は無い。「まひ」の追加効果・発動確率は本編を踏襲しているため、順当に物理技を使うよりむしろ強くなっている。

ちなみに、同じくオリジナル特性持ちのモココも「ほうでん」を使用している。モココに比べると、火力は高いが耐久が低いという、本編通りの関係になっている。

もっとも、最終進化形の癖が強いという似なくていい所まで似てしまっており、レントラーへの進化はあまり推奨できない。

ギンチヨちょいつめ。

ユニークブショーギンチヨのベストリンクポケモンでもある。ギンチヨは元々コリンクを連れていたので、難なく達成できる事だろう。

ちなみにこのギンチヨ、衣装こそコリンク系統に合わせて新調したものであるが、顔立ちや髪型については元からこのような風貌である。おまけに原作の段階から雷属性持ちでもある。出会うべくして出会ったという事だろうか。


ポケモンGO

実装当初は設定ミスにより10kmタマゴから生まれる事があった。コリンクではなくルクシオが、である。現在は修正されており、コリンクのみが生まれるようになっている。

その後はコリンクからの進化でのみ手に入る。野生出現が無い事もあり、印象が薄くなりがち。

次の進化までアメが100個も必要なので、地道に集めたい。


アニメ版

アニポケサトシの旅シリーズ

〈レギュラーの手持ち〉

ポケモンlog


〈ゲストなど〉

  • DP109話
    • ミオシティの地下にある広大な地下水路に住むポケモン達のリーダー。昼食タイムに入ろうとしていたサトシ達からポケモンフーズを奪っていたが、実は迷い込んだホエルコの為に食料を探していたと判明。
    • サトシ達との協力でホエルコを外に出すが、そこでホエルコはホエルオーに進化してまた出られなくなってしまい、開閉式の橋を開ける為に電気技が使えるポケモンを呼び寄せ、サトシのピカチュウと共に橋を開けてホエルオーを海に出す事ができた。

  • DP149話
    • コダマ博士が開発した「仲良しルンルンくん」の影響でマリルとくっついていた。

その他


アニポケ・リコとロイの旅シリーズ

  • 1話:セキエイ学園にて、モブで登場
  • 8話:町のポケモンで登場。
  • 16話:モブで登場。

漫画版

ポケットモンスターSPECIAL

  • 7章のルクシオ
    • 203番道路の草むらから現れた野生のポケモンだが、足のツメが欠けていた為に気持ちを伝える事ができず群れから仲間外れにされていた。
    • 仲間として認めてもらおうと人間を襲って強さをアピールしようとし、プラチナを攫ってパール達に挑む。図鑑によりツメの事に気付いたパールにツメがなくても気持ちが伝わる「ツッコミ」を伝授された事で群れに戻る事ができた。
    • この一件により、パール達一行には深い恩義を持っている。そして…

DP物語

  • 主人公ハレタのコリンクがこうてつじまでのギンガ団との戦いでルクシオに進化。コウヤとの戦いの最中でレントラーに進化する。

関連イラスト

2022年賀状新聞配達員

行くぞヒスイサンタルクシオ


関連タグ

ポケットモンスター ポケモン ポケモンDPt ポケモンBDSP

ポケモン一覧 でんきタイプ

猫ポケモン


0403.コリンク0404.ルクシオ→0405.レントラー

関連記事

親記事

コリンク こりんく

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2876511

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました