ピクシブ百科事典

隠れ特性

かくれとくせい

隠れ特性とは、第5世代で追加された特別な特性のことである。ラディカルグッドスピードッ!!!
目次[非表示]

概要

第5世代ことポケモンBWから登場したポケモンの新要素の一つである。
RSE以降、ポケモンは1つまたは2つの特性を持っていたが、これに新たな特性(第3の特性)が加わった。
といっても通常では中々手に入らず、限られた方法でしか手に入れることができない。

経緯

ポケモンBW発表時、「インターネットサービス『PDW』を経由して夢で会ったポケモンをハイリンクから連れて行ける」という情報が公開。
さらに、後の情報で夢で出会ったポケモンは通常とは違う特性を持っていることが発表された。
この時明かされたのは、シャワーズうるおいボディであった(通常特性は「ちょすい」)。

このようにで出会える特性であったことから、ネットでは夢特性と呼ばれるようになった。
(といっても、実際にはPDW以外にもいくつか入手方法がある)

だが、公式では後に「かくれとくせい(隠れ特性)」という名称で発表された(PDW以外でも入手できる故なのだろう)。
そのため、当記事はこの名称で統一する(ただし現在でも「夢特性」と呼ぶ人は一定数存在する)。

隠れ特性による種族の格差は凄まじく、それまで不遇だったのが一気に強ポケ、厨ポケにまでのし上がった者もいれば、ぶっちゃけなくても困らない死に特性を与えられた者もいる(後述)。
どんな種族がどんな隠れ特性を持っているかは攻略サイトを見ればすぐ分かるが、現在でも未解禁のものが一定数おり、未解禁のものの動向について公式に問い合わせることは控えるようにしたい。
たとえそれにサイレント修正がかけられたとしても。

特徴

  • てんきや」などの専用特性持ち、大半の「ふゆう」持ち、蛹のポケモンなどに隠れ特性はない(厳密に言えば隠れ特性が通常特性と同じ)。
  • 隠れ特性持ちのポケモンが♀の場合、同じタマゴグループの♂と預ければ一定の確率で遺伝する。
  • BW・BW2では、メタモンと預けた場合隠れ特性を遺伝させることができず、隠れ特性持ちが♂であった場合も遺伝させることができない。
  • XY以降、隠れ特性持ちが♀、♂、性別不明いずれの場合でもメタモンと預けることで一定の確率で遺伝する。
  • 預ける際にメタモンが隠れ特性であるかどうかは遺伝に一切影響しない。メタモンが隠れ特性だとしても通常特性のポケモンと預けた場合隠れ特性は生まれない。
  • ハイリンク、隠し穴、ARサーチャーで手に入る隠れ特性のポケモンに色違いは存在しない。
  • XY以降登場している特性を変更できる使い捨てのアイテム「とくせいカプセル」では「通常特性⇔隠れ特性」間の変更ができない。
  • VC版『赤・緑・青・ピカチュウ』『金・銀』のポケモンはポケムーバーに送る際に隠れ特性に設定される。


BWでの入手方法

PDW

告知されていた通り、PDWのミニゲームをこなし仲間にすることで入手できる(一回のゲームシンクにつき一匹)。仲間になったポケモンはハイリンクの森に送られる。
また、PDW内の夢ポイントを増やすことで行き先や出会えるポケモンの数も増えてゆく。

シナリオ内で入手

BWのゲーム内ではムシャーナ系列とヒヒダルマ系列が入手可能。

雑誌や攻略本の付録

雑誌に収められたシリアルナンバーをサイトに入力することで特定の隠れ特性持ちを入手することができる。
早い話が抱き合わせ商法で、隠れ特性ポケモンのために攻略本を複数買いする人が続出した。
タマゴでの増殖防止、GTSでの放流防止のためか、基本的に性別は♂固定で、例外はファミ通のジュペッタのみ。
御三家は全てこの商法で解禁されており、カントー御三家ホウエン御三家シンオウ御三家が解禁された。
ちなみに韓国ロムだとBWのケースの中にカントー御三家のシリアルナンバーが封入されていた(韓国人国籍でないと受け取れないが…)。

屋外イベント

ポケモンの屋外イベントでもまれに隠れ特性を配布する。
特に影響が大きかったのは2011年の夏休みに配信されたうたうピカチュウの存在で、特別な技「うたう」「フラフラダンス」を覚えているだけでなく、

という笑えないレベルの超豪華仕様でイベントが開かれなかった地方民は涙をのんだ。
その他ではポケモンセンターで配信された強力タッグのキュウコンルカリオ(どちらも♂固定)が隠れ特性持ちである。
また、ハピナスのように屋外で配布されたカードのシリアルコードを入力して入手する方法もあった。

BW2での入手方法

PDW

継続して使われ、かつイッシュのポケモンも何種族か手に入るようになった。

ゲーム内

シキジカがNPCから貰えるほか、ブルンゲルウォーグルバルジーナが固定シンボルで登場した。

隠し穴

シナリオ内でベルが教えてくれる新要素(最初に出会うのは♂のチラーミィ)。
全20ヶ所が存在し、ポケモンが出てきた場合、そのポケモンは必ず隠れ特性である。
しかし隠し穴内部の復活率が異常に低く、普通にやっていればこやしやモンスターボールを大量に拾わされる場合がほとんど。
あまりにも低すぎるので、粘るなら「かくしあなパワー」を持っていないとほぼ無理ゲーとも。
さらに強力なポケモンほど出現率が低く設定されており、その確率は1パーセントにも満たない者もいる。
出現するポケモンはここでしか出てこないものもいれば、PDW内の既存ポケも一部出現する。
ネット環境を持ってない人への救済措置とPDWサービス終了の際のクレーム防止(実際に第6世代移行の影響で終了した)も兼ねている為なのか、ロコンニョロゾカイリューなどPDWでも特に人気の高い種族も出てくる。
フェスミッション限定で手に入る種族もあり、ブラック2なら隠れ特性のスカンプーを、ホワイト2なら隠れ特性のニャルマーを入手できるフェスミッションがある。
屋外配信では隠し穴でブイズが手に入るフェスミッション、レアコイルハクリューなどが手に入るフェスミッションがあった。

ポケモンARサーチャー

3DS対応のダウンロードソフト。300円。
PDWと違い種族を問わず仲間に出来れば好きなだけ隠れ特性ポケモンを連れていくことができる。
隠れ特性のリオルポリゴンなど元々限定ものだったポケモンも手に入る。
ここで入手できるコピペロスは化身フォルムに戻すといずれも隠れ特性を持っている。
また、第4世代でゲームのパッケージを飾ったポケモン(ディアルガルギアなど)の隠れ特性も対応のソフトを3DSに挿すことで入手可能。
BW2にポケモンを送り、「ニンテンドー3DSリンク」から受け取った時点で個体値や性格などが決まってしまうため、厳選そのものが出来ないのが難点。

ルリテツとの交換

ライブキャスターを返した後、特定の回数ライブキャスターで電話をかけることで交換を持ちかけられる。
性別はランダムなので、♀を粘れば増殖することも可能。
ルリとテツでは交換されるポケモンが一部違うが、いずれもPDWで出会えるポケモンである。

XYでの入手方法

群れバトル

XYから追加されたバトル要素で、5匹からなる野生ポケモンの群れの中に隠れ特性持ちが混じっている場合がある。隠れ特性持ちメレシーはこの方法でしか出現しない。
モンスターボールを投げられるのは最後に残った1匹のみなので、数の暴力に耐える覚悟
そして「スキルスワップ」や「なやみのタネ」等の技を覚えたポケモンが必須である。

フレンドサファリ

これもXYで追加された要素。殿堂入り後に行ける「フレンドサファリ」で3DS本体に登録されたフレンドコードに対応した3種のポケモンが出てくる。
出てくるポケモンのレベルは30で固定され、隠れ特性持ちも出てくる事がある。
……が、相手のコードで出てくるポケモンは判るのだが、自分のコードで出てくるポケモンが何なのかを調べるのはその性質上非常に困難。
しかも相手も殿堂入りした状態でPSSでオンラインになってくれないと隠れ特性持ちが出てきてくれない。

ORASでの入手方法

群れバトル

XYと同じ。ただし、群れ限定のポケモンも後述する方法で隠れ特性の個体を手に入れることができる。

ふれあい

ORASでは草むらやダンジョンに隠れているポケモンがおり、忍び歩きで接触すると戦闘できる。またこの名称は公式であるが、いまいち普及しておらず「サーチ」「忍び歩き」といわれることが殆どである。
この時ポケモンマルチナビの「ずかんナビ」のサーチ機能を使うことで隠れているポケモンのステータスがおおまかにわかり、何度もそのポケモンと遭遇してサーチレベルを上げていると隠れ特性持ちやタマゴ技持ち、高個体値のポケモンが出現する。

更に一度捕まえているポケモンであれば、道路・水道やダンジョンの野生出現はもちろん、群れや釣りでのみ入手できるポケモンも直接サーチすることが出来る。

ポケモンスクラップ

課金商法再び。
2016年に行われた「ポケモンスクラップ」キャンペーンでは、一定数を集めてシリアルコードを入力することで隠れ特性のポケモンが手に入った。
ここで初めて解禁されたのがフリーザーサンダーファイヤーの3匹。
だがこの「ポケモンスクラップ」を手に入れるには特定の商品を買わなければならず、しかも生産時期などによってスクラップがついていないこともあった為トレーナー達はかなり振り回されることになった。

ポケモンSMポケモンUSUMでの入手方法

乱入バトル

野生ポケモンが一定確率で仲間を呼んだ場合、仲間を呼べるポケモンのみを残して連鎖的に倒していくと隠れ特性個体が発生することがある。
検証では最速で11連鎖目からの発生が確認されており、連鎖が続けば続くほど隠れ特性の出現率も上昇する。
なお野生ポケモンは体力ゲージを赤にすれば仲間を呼びやすくなるが、基本的には任意的に仲間を呼びやすくする「ビビリだま」との併用が推奨される。
第7世代単独で隠れ特性を手に入れる方法は基本的にこれしかなく、また進化したポケモンは基本仲間を呼ばないことが多いので注意。

VC版『赤・緑・青・ピカチュウ』『金・銀

上記の通り「ポケムーバー」を経由することで、これらのソフトに出現するポケモン達の隠れ特性が手に入る。
ただし「ポケモンバンク」に預けた際、引き出せるのは『サン・ムーン・ウルトラサン・ウルトラムーン』(第7世代)のみであるため注意が必要。

隠れ特性によって強化された主なポケモン

元々高めだった耐久を底上げするマルチスケイルを取得し、氷4倍をヤチェなしでも余裕で耐えられるように。
さらに「しんそく」の強化も拍車をかけて使用率が激増、解禁と同時にマイナーからトップメタに変貌した。
その影響は、それまで猛威を振るっていたボーマンダの使用率が激減するほど。
XYでは特性と相性のいい持ち物「じゃくてんほけん」まで登場。弱点を突いたら逆にこちらが倒されるという意味の分からないことになっている。

バシャーモの かそく


第5世代になって、ただでさえそれなりに良い技を与えられているのに、自身の微妙な素早さを補うかそくを取得。
元々攻撃面ではステータスとタイプの両方に恵まれていたのもあり、素早さを克服した事で劣化ゴウカザルから一気に最メジャーポケモンにまでのし上がった。
ただ、第6世代ではメガバシャーモメガシンカすることで普通のバシャーモも「かそく」として戦えるようになった。もっとも、こちらには持たせる道具が縛られるという制約があるが。

拝啓 ホウエン地方の伝説達へ


いずれも天候を変える特性あめふらし」「ひでりを入手し需要が急増。雨パ晴れパの指導役として必須なポケモンに挙げられている。
ただし、第6世代からは天候変化の持続が5ターンとなった影響で衰退した。むしろ彼らが強すぎた故の下方修正だったのだが……

テクニシャンを入手したことで「マッハパンチ」「タネマシンガン」などの威力が底上げされた。
特に「マッハパンチ」の威力はあのハッサムの「バレットパンチ」と同等と言えばどれだけ脅威か分かるだろう。
何が凶悪かって、それまでの「ポイズンヒール」を用いた持久戦とは180度趣の異なるアタッカーに転身できるようになったことで、戦術ごとに異なる対策を用意せざるを得なくなったこと。
当然「キノコのほうし」も健在であり、害悪ぶりに益々拍車がかかった。
ゴーストタイプのお家芸である豊富な補助技との相性がいいいたずらごころを習得。
さすがに上記ポケモンほどの脅威にはなってないものの、先制で「おにび」「ちょうはつ」が飛んでくる恐怖は半端なく、「じこさいせい」まであるので一度パターンに嵌ると中々抜け出せない。
何よりミカルゲとの大きな差別化要素を手に入れ、ダブルだけでなくシングルでも存分に戦えるようになった。
ヤミラミ同様いたずらごころを習得。
ねこだまし」位しかなかったダブルバトルでの強さが、先制「アンコール」「いばる」「うそなき」「でんじは」と一戦級で戦えるほどの強さに。
シングルでは控えが限定されるものの、先制「ねこのて」→「キノコのほうし」で相手の「すばやさ」を無視しながら先制で眠らせることができ、「みがわり」+「いばる」+「イカサマ」で相手をハメつつ殴っていく戦法が強力。
「ねこのて」+「ふきとばし」でひたすら時間切れまで相手を吹き飛ばす糞ゲー戦法も一時期話題となった。
だが流石に強過ぎたのか、第6世代に入って一部の効果が修正され、やや鳴りを潜めた。
隠れ特性かわりものが解禁されたことで、「へんしん」に1ターン費やす必要がなくなった。
何より強いのがこだわりスカーフ」を持たせ、能力変化で強くなっている相手に変身することで、先制でそいつや後続を叩き潰すことが出来る事。
この戦法が編み出されたことで積み技を使うポケモンの天敵と呼ばれる要注意ポケモンにまでのし上がった。
無性別で孵化もできないが入手はPDWではなく隠し穴やフレンドサファリなので「シンクロ」が効き個体値厳選しやすいのも強み。
……だったのだが、カロスマーク・アローラマーク縛りが適用されるとそれらの個体が使用できなくなる為、一転厳選がしにくくなってしまった。まぁ性格とHP個体値だけ粘れば基本問題ないのだが。
第五世代では「はやあし」というタイプ上微妙過ぎる隠れ特性だったが、XYではまさかのかそくに修正。
無論バシャーモで有名な凶悪特性だが、こいつの場合「バトンタッチ」で活かせる技が多く、「かそく」の分の「すばやさ」も一緒に引き継いで後続に繋げられる。
もちろんそのままぶん殴るのも十分強い(ちなみに攻撃種族値が10上がった)。
初のどくドラゴンとして登場したものの、能力は耐久がやや高い程度で「すばやさ」が低く火力も中途半端と、いいところがあまりなくパッとしなかった。
だがORASで隠れ特性てきおうりょくが解禁。何とラティオスを上回る火力の「りゅうせいぐんゲンガーを上回る火力の「ヘドロばくだんをぶっ放す重火力ポケモンに化けた。
当然不一致技には適用されないが、一致技が通る相手であれば強引に押し切ることもできるようになった。
この特性の所有者全般が元々それなりの実力を持っていた事に加え、第5世代当初は切断対策が十分出来ていなかった事もあり当時は「バトンタッチ」で後続に繋げられるドーブル以外はあまり採用率が振るわなかった。
だが第6世代から突如使用率が上昇し、「ぜったいれいど」が使えるオニゴーリはこの世代以降要注意ポケモンとして扱われる程のし上がり、第7世代では一部で厨ポケと言われる程警戒される事が多くなってしまった。

隠れ特性が死に特性の主なポケモン

不遇ポケモンも参照。

【悲報】クリスマス中止のお知らせ


隠れ特性は通常特性の「やるき」と効果が全く同じ「ふみん。どう考えても需要がない。
強いて需要があるなら厳選時に「はりきり」を引きたくない時に役に立つ程度。
次回作で進化後があるなら、特性が変わることに期待するしかないだろう。
同じく埋葬鳥のカモネギが「まけんき」というそこそこいい特性を貰ってるだけに益々悲惨である。

元々不遇なテントウ虫。豊富に覚えるパンチ技の威力を底上げする「てつのこぶし」を取得したが、そもそも攻撃種族値たったの35では焼け石に水。
体重が半分になる「ライトメタル」自体が死に特性なのだが、メタグロスは特にこの特性の効果を殺している。
くさむすび」が半減な上にそもそも550kgもあるメタグロスでは体重が半分になった所で受けるダメージは変わらないという。
進化前のメタングに輝石を持たせればまだマシかもしれないが、それでも100キロオーバーなので恩恵は薄い。
メタグロスと同じく「ライトメタル」、だが幸いこちらはメタグロスより体重が軽いので「けたぐり」のダメージを少しだけなら減らすことが出来る。それでもハズレ特性なのに変わりないが……。
ちなみにストライク時の特性は「ふくつのこころ」でこちらもあまり役には立たない。だが第6世代以降メガハッサムメガシンカすること前提であれば、交代時の「けたぐり」のダメージを軽減しつつ「テクニシャン」の特性を得られるようにはなるため、極々稀ではあるがこの特性が選ばれるケースもある。
上記の2匹とは逆にこちらは体重を増やす「ヘヴィメタル」を獲得したが、元々重いこともあって「けたぐり」のダメージが増えてしまう事に。相性は等倍だが結構痛い。一応「ヘビーボンバー」が使えるが、それだったらボスゴドラでやった方がいいという始末。
アタッカーにとってはそれなりに恩恵のある「はやあし」だが、ペンドラーは自身がどくタイプを持つのでどく状態にならないし、だからといって「かえんだま」でやけど状態になれば物理一本のステータスであるペンドラーの攻撃が半分にガタ落ち。ではまひはというと、それに対応する道具は存在せず、仮にあったとしても紙耐久のペンドラーが25%で行動が封じられるのはかなり痛手。
ブースターの「こんじょう」以上に特性を活かしづらかった。
爆発技の弱体化により他のポケモンが持っても残念特性とされている「しめりけ」だが、ゴーストタイプであるブルンゲルには爆発技自体相性で無効なので封じる意味がない。
一応「ゆうばく」にも効果があるが、ブルンゲル自身が接触技をほとんど使わないのでこれまた無意味。
せいぜい自爆技持ちの色違いを足止めする際に使えるくらいか。
隠れ特性は「すてみ」で、反動のある技の威力が上がる。
だがこいつの覚える技の中で反動のある技は何と「とっしんのみ。わざわざこの技の為だけにこの特性を採用するかどうかは甚だ怪しい。
一応、PDWから連れてこられる個体やRGBPのVCで連れてきた個体が「すてみタックル」を覚えていれば、それで活躍できなくもない……威力はタイプ一致「ストーンエッジ」に劣り弱点も突けないが。
隠れ特性は「シェルアーマー」で、効果自体は「相手の技が自分の急所に当たらなくなる」と強力。
だがこの特性を活かすには「自分の防御系能力を上げる技」もしくは「相手の攻撃系能力を下げる技」が必要で、こいつが覚える技の中でそれにあたるのは「ないしょばなしのみ
つるぎのまい」を使う場合の保険として考えられなくもないが、それだったらいざという時に役に立つ通常特性「げきりゅう」の方が何かと役に立つ。
そのためこの特性の出番は殆どない。せめて「のろい」でも覚えればよかったのだが。
隠れ特性は専用特性である「ダルマモード」で、残りHPが1/2以下になるとエスパータイプが追加されて種族値が大幅に変わるもの。
だが特性発動条件がシビアである事と、ヒヒダルマ自体能力が極端なものである上「ちからずく」が優秀過ぎる事もありかなり使い辛い。
効果自体はゴースト・むし・あくタイプの技を受けると素早さが1段階上がるというもので、「ふくろだたき」とのシナジーも抜群でなかなかのもの。
だが所有者の大半が未進化ポケモンである上、最終進化系で見ても半減及び無効化出来るのはノコッチグランブルアローラペルシアンのみ。しかしアローラペルシアン以外は鈍足で素早さを上げた所で抜ける相手が少なく、ノコッチは「てんのめぐみ」、グランブルは「いかく」、アローラペルシアンは「ファーコート」といった優秀な通常特性を所有しておりこの特性の出番は皆無に等しい。

初登場が隠れ特性の特性一覧

(第7世代時点)

第5世代
アナライズ かわりもの しゅうかく ダルマモード どくぼうそう ねつぼうそう びびり フレンドガード ヘヴィメタル マルチスケイル ムラっけ ライトメタル わるいてぐせ 
※1 あまのじゃく マジックミラー 
第6世代
アロマベール きょうせい くさのけがわ ぬめぬめ はやてのつばさ へんげんじざい 
※0 マジシャン
※1 ぼうだん 
第7世代
うるおいボイス エレキスキン えんかく かがくのちから 

※…通常特性として未登場。
※0…同世代で通常特性として登場した。
※1…次世代で通常特性として登場した。

関連タグ

ポケモン 特性 
PDW フレンドサファリ 群れバトル 乱入バトル

格差社会

pixivに投稿された作品 pixivで「隠れ特性」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 13913

コメント