ピクシブ百科事典

目次[非表示]

データ

初出第4世代
効果相手の特性の効果を無視して攻撃する
英語名Mold Breaker


概要

第4世代で登場した特性。
相手の特性の影響を無視して技を喰らわせるというもので、この特性を持つポケモンを繰り出した時「(あいての) ○○は かたやぶりだ!」とメッセージが出る。

この「特性を無視する」というのは、あくまでも自身が攻撃した瞬間のみに発揮される。
即ち特定の技によるダメージを減少、あるいは技自体を無効化するといった「防御系」の特性のみを無効化するということ。

これにより「ふゆう」持ちに「じしん」が当たる、「がんじょう」持ちを一撃粉砕、ヌケニンを抜群以外で突破する、「ばけのかわ」がばれていないミミッキュに初撃が当たる……といった芸当が可能となり、これらの特性は対戦に出てくる頻度も高い為、思ったよりも重宝する。


また「攻撃する」と言ったが、実は補助技や状態異常に対してもかたやぶりは発揮される。
そのため「クリアボディ」持ちの能力をデバフ技で下げたり、ひるみ技で「せいしんりょく」持ちを強引にひるませるといった芸当も可能。

ただし「じゅうなん」など「常にその状態異常にならない」効果を持つ特性相手には、攻撃直後に効果が働いて回復されてしまう。
ただし「リーフガード」と「アロマベール」は完全に貫通する。特性自身に回復効果がないらしい。


そして「せいでんき」や「てつのトゲ」といった接触系の特性は、攻撃が終わった後に発動する言わば「反撃系」ともいえるものなので無効にすることは出来ない。
アニメではラムパルドがピカチュウの「せいでんき」麻痺を無効化するシーンがあるが、実際のゲーム中でこんな事は起こらないので注意。
これらを無効に出来るのは「えんかく」の特性となる。

またレシラムゼクロムの持つ特性は、実質この「かたやぶり」と全く同じ効果であり、第七世代以降は特定の「専用わざ」がこの特性と同じ効果を持つようになった。

かたやぶり一覧

ポケモン

太字隠れ特性

そのほとんどが物理アタッカーであり、特殊主体なメガデンリュウは例外中の例外。

同一効果の特性


わざ


関連タグ

ポケモン 特性

関連記事

親記事

特性 とくせい

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「かたやぶり」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 35519

コメント