2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

ダゲキ

だげき

ダゲキとは『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)の一種。
目次[非表示]

基礎データ

全国図鑑No.No.539
英語名Sawk
分類からてポケモン
タイプかくとう
高さ1.4m
重さ51.0kg
特性がんじょう/せいしんりょく/かたやぶり(隠れ特性)


概要

ポケットモンスター ブラック・ホワイト』(第5世代)にて初登場。
ブラック・ホワイトのどちらにも出現するがブラックの方が手に入りやすい。
名前の由来は「打撃」+「鬼」「じゅうどうポケモン」ナゲキとは対の関係をなす。
外見も非常に似ている為、ナゲキとはバルキーの様に共通する進化前のポケモンがいる可能性が高い。

空手家のような姿をしており、片方の眉毛がないのはおそらく、空手で牛を殺せる人でお馴染みの大山倍達が片方の眉毛を剃って山篭もりしたというエピソードからと思われる。
早い話が空手バカ一代だ。
なお、ナゲキが寸胴で小さい体つきに対し、ダゲキがひょろ長い体つきをしており、ナゲキ・ダゲキが並ぶと、なんとなくどこぞのAAを思い出す人もいるとか。

こいやー
どっかでみたことがあるような


ちなみに海外ではセサミストリートのバートとアーニーを思い出す人が多いようである。
普段は山奥で修業をしており、木や岩に拳を打ち付ける音が絶え間なく響く。
黒帯を締めると気合が入り、拳の力が増す。
修業の邪魔をすると怒りだすので注意。
最強のからてチョップを求めており、極限まで極めるとなんと一振りで海を割る事が出来るらしい…。しかし、悲しいかなゲームのシステム上からてチョップの威力は50しかないのである…。

ナゲキもそうだが、本来は第4世代で登場する予定で、名前からも分かるようにもう一つのモチーフは鬼であり元々は角があった。ポケモンDPのベータ版の時点でデータが存在しないためそれより前に没になったと考えられる。
が、デザインの関係上鬼がボルトロス、トルネロスになったため角が無くなったという裏話があったりする。あと、甲冑と毛が生えてないスタープラチナに似ているとも言われる。主力技であるインファイトのモーションがまんまオラオラなのもその理由。

おれは、コイツと旅にでる。
ダゲキのインファイト



ゲームでの特徴

野生の個体はイッシュでは「ヤグルマの森」の外など、ホウエンではえんとつ山の麓に出現する。
ブラックは普通に出会えるが、ホワイトは揺れる草むらしか出ない。
たまに「くろおび」か「たつじんのおび」を持っていることがある。
性別は♂しか存在しない。

性能面

怪我はないか、ご主人?


HP攻撃防御特攻特防素早さ合計
7512575307585465
序盤で手に入るポケモンとしては異常に高い攻撃(125)と高めな素早さ(85)の高ステータス。
今作は強敵にあくタイプはがねタイプが多いので活躍の場も多く、あんな強敵こんな強敵をいとも簡単に粉砕してくれる。
耐久力は平均を僅かに下回るも特性「がんじょう」のおかげで行動が保証されている為、苦手なひこうタイプにも一撃耐えてカウンターで返り討ちに出来る(ただし「せいしんりょく」持ちもいるので注意)。種族値配分にも無駄が無い為、合計種族値以上に強力。
特にシナリオでは使い勝手が良く終盤まで頼れる為捕獲価値はあるが、言い換えれば序盤では明らかに場違いな強さで襲い掛かってくる為捕獲を狙おうとしてボールが尽きた、或いはコイツに全滅させられかけた人も少なくないとか…。

耐久面はほぼがんじょうで何とかなっているので、対戦用で粘る個体値はASだけで問題無い。
性格は「ようき」「いじっぱり」の2択。
特性のおかげで全振り出来るとはいえ、散々調整先に上がっていた素早さなので攻撃補強の出来る「いじっぱり」のほうが良いかもしれない。

技はタイプ一致のインファイトと相性補完のストーンエッジはほぼ確定。
インファイトはLv49で習得できるので、ストーリー終盤で丁度いい場面に役に立つ。
タイプが被るが素早さが上の相手を狩れるローキックや、ねこだまし対策のまもる、がんじょうを更に有効に使えるきしかいせい」「カウンター等がある。

その他どくどく」「ちょうはつ、天候変化技も覚えてしまうので変わった事がしたい場合はあり。
ちなみにメロメロも覚える。

またBW2で新たに3色パンチを習得。がんじょうで耐えてかられいとうパンチガブリアスを狩ることも可能になった。
ただしオノノクスは2倍止まりで、且つ「がんじょう」も「かたやぶり」で無効化されるので相手は厳しいか。

そして第6世代『X・Y』にて自身と相性の悪い「フェアリータイプ」に対抗できるどくタイプの「どくづき」も技の候補として挙げられるようになった。

使用トレーナー

ゲーム版


アニメ版
    
漫画版 
  • レンブ(ポケスペ)
  • 新生プラズマ団したっぱ(ポケスペ)

番外作品

ポケモンGO

2020年1月10日、相方のナゲキと共に実装された。
…が、本編でのダゲキの強みであった「がんじょう」が無い為低めの耐久力が気に掛る点、かくとうタイプの通常わざがけたぐり」しか無い点、ゲージわざではフルゲージわざの「きあいだま」か、連発は利くが威力が低めの「ローキック」且つかくとうタイプ以外のわざは「のしかかり」しか無い為本編での強みが悉く奪われてしまっていると言う何とも言えない状況。
また、嘗ては10kmタマゴからも誕生する可能性もあった為、嘗ての10kmタマゴのハズレ枠と似たような扱いを受ける事も…
とは言え、ダゲキはヨーロッパや日本でのみ登場する限定ポケモンと言う位置づけにある為出現しない地域に住むトレーナーに取っては何気に貴重なポケモンとなっている。



アニメ版

ビルドアップ!!


    • CV古島清孝
    • BW編では、ドンバトルにてトレーナー・ケニヤンの手持ちとして初登場。モンスターボールから出た際は、毎度正座で登場する。
    • 対戦相手はアイリスエモンガ。エモンガのメロメロを拳(インファイト)で破壊し、更に「ビルドアップ」で筋肉を増強させ視聴者に強烈なインパクトを与えた。ダゲキさんまじ漢。しかしインファイトを乱用しすぎたためか、アイリスの作戦の前に敗れてしまった。
    • フキヨセジム戦後、ケニヤンと再会した際にも登場。その翌回のドンナマイトにもケニヤンはダゲキを使用ポケモンにして出場。初戦のすいすいを駆使するエドモンドのガマゲロゲを撃破している。
    • 二回戦ではデントヤナップと対決。ドンバトルみたくヤナップの「タネマシンガン」を「インファイト」で全て弾き、デントにテイスティングタイムの隙を与えない程の猛烈な格闘技のラッシュを浴びせ勝利する。
    • 準決勝ではベルエンブオーと対決。エンブオーのパワフルな攻撃を上手くかわしながらも重い一撃を着実に与え勝利する。
    • そして決勝戦・・・優勝候補・「マサオミ」の手持ちとして対関係にあたる「ナゲキ」との夢のバトルが実現。パワーとパワーのぶつかり合いの末、見事勝利を収めている。
    • そしてついにイッシュリーグ3回戦でサトシとケニヤンは激突。ダゲキはケニヤンの3番手として出場し、見事サトシのハハコモリを撃退するが、ワルビアルつばめがえしの前に倒れる。ハハコモリと対峙している時にパワーを出し切ってしまったと見られる。
    • ドンナマイト全体を通し、軽やかなフットワークに格闘技のモーションのキレ、倒した相手に対し礼儀を尽くす仕草等、ダゲキの活躍は視聴者を大いに盛り上げたことであろう。更にイッシュリーグにおけるライバル対決はホミカダストダスに並ぶBWでのベストバウトとして挙げられている。

  • XY82話:ソーナンスが仮装していた。


その他
XY34話(イメージ)
新無印34話(イメージ)
劇場版白き英雄

関連イラスト

青い稲妻
打つ


ダゲキ
ダゲキ



関連する項目

ポケモン一覧 かくとうタイプ
空手 ポケモンBW イッシュ チート

538ナゲキ539ダゲキ→540クルミル

やらない夫 スタープラチナ バート ソゲキ←オリポケ

関連記事

親記事

かくとうタイプ かくとうたいぷ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4788603

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました