ピクシブ百科事典

ガマゲロゲ

がまげろげ

2代目キモクナーイ候補。
目次[非表示]

ガマゲロゲとは『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)の一種である。
名前の由来は『ガマ(ガエル)+ゲロゲ(ーロ)(鳴き声の形容)』。

基礎データ

ずかんNo.537
ぶんるいしんどうポケモン
タイプみず / じめん
たかさ1.5m
おもさ62.0kg
とくせいすいすい / どくしゅ / ちょすい(隠れ特性)


他言語版の名称

英語 Seismitoad
イタリア語Seismitoad
スペイン語Seismitoad
フランス語Crapustule
ドイツ語 Branawarz


進化

オタマロガマガル(Lv.25) → ガマゲロゲ(Lv.36)

蛙の歌



概要

オタマロの最終進化形態。ガマガルがレベル36になると進化する。

ステータスはHPが最も高く、それ以外はやや平均的。
種族値のインフレが激しい第5世代においては大した事がないように思えるが、タイプは前述通り水・地面となかなか優秀であり、素早さも同タイプのポケモンでは最も速い。
さらに特性すいすいを利用すれば微妙に調整するだけでかなりのスピードとなる。

もう一つの特性「どくしゅ」は、直接攻撃時に追加で毒を与えられる珍しい特性だが、自力で習得する技の中でそれが生かせるのはドレインパンチくらいしかない。
そもそも後述の通り毒技はほぼ必須と言える状態なので、無理に特性でどく状態を狙う意味はあまり無い。

モチーフとなった生物はヒキガエル(ガマガエル)である。
ちなみに、先輩カエルポケモンのニョロトノはトノサマガエル、ドクロッグはヤドクガエルがモチーフとなっている。

本作での入手のしやすさとタイプのおかげでスーパーじゃないほうのサブウェイマスター対策には打ってつけのポケモンである。

能力としては前述の通りだが、習得できる技はどちらかと言うと特殊寄り。
特にガマゲロゲで目立ってしまうのは水物理技を一切覚えない上水タイプの弱点対策必須品であるれいとうビーム」を覚えない(ふぶきも覚えない)ことである。
氷技を覚えないのはかなり痛く、弱点対策は範囲の狭い毒技で補わなければならない。
その為、めざめるパワー氷が無いと草毒複合やナットレイで止まってしまうと言う難儀な事になっている。

一応BW2で教えわざとして氷技「れいとうパンチ」「こごえるかぜ」を習得し幾分かマシになったが、カエルに尻尾なんて無いもんだから「アクアテール」は手に入らなかった。

XYでは攻撃の種族値が上昇した。
…元が特殊主体にもかかわらず何故攻撃を上げたのだろうか。
一応物理技自体はあることにはあるので全く活かせないと言うわけでも無い。
そして相変わらず物理水もれいとうビームも覚えない。カエルの後輩・ゲッコウガはきっちり覚えるのに…。


余談ながら

顔つきや口部分、体つきなどからある大王様を思い出したプレイヤーもいたりする。


使用するトレーナー


関連イラスト

ケケケケケケケケ



関連タグ

ポケモン一覧 ポケモンBW
みずタイプ じめんタイプ
オタマロ ガマガル

pixivに投稿された作品 pixivで「ガマゲロゲ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 873417

コメント