ピクシブ百科事典

メガラグラージ

めがらぐらーじ

ゲーム「ポケットモンスター」シリーズに登場するメガシンカポケモン。ラグラージがメガシンカした姿。
目次[非表示]

基礎データ

ずかんNo.260
ぶんるいぬまうおポケモン
タイプみずじめん
たかさ1.9m
おもさ102.0kg
とくせいすいすい


概要

ぬまうおポケモン・ラグラージメガシンカした姿。
バシャーモに遅れること1作、ORASでラグラージもメガシンカを得ることとなった。
(メガバシャーモはXYでは期間限定なので、「遅れて」と言う表現は相応しくないかもしれないが)

ラグラージの面影はそのままに、全体的に丸みを帯びたマッシヴな見た目になったのが特徴。キモクナーイは禁句である。
生来のパワーはより強化され、怪力自慢のラグラージの長所が形になったメガシンカと言えよう。

また、発達した筋肉や大型化したヒレによって泳ぐ速度も上がっており、両腕や背中にある丸いオレンジ色の器官に空気を溜め込みジェットの様に噴射することで、水中での機動力やパンチの勢いをさらに高める事が出来る。持っているとくせいもこの能力に由来するのだろう。

ゲームでの性能

HABCDS合計
ラグラージ10011090859060535
メガラグラージ1001501109511070635
メガシンカ前比較±0+40+20+10+20+10+100

※体験版で使用できるラグラージの能力値から算出

主に攻撃が大きく上昇し、これに続いて防御・特防が上昇する。僅か10ではあるが特攻や素早さも上昇しており、能力上昇自体のバランスは非常に良い。但し攻撃と特攻に大きく差がついてしまった為、メガシンカ前よりも物理特化の方が動かしやすいか。差が付いたと言えども極端に低くは無い為、物理受け対策に両刀も考えられる。

特性はなんとすいすいに変化する。図鑑説明ではそのパワーについて書かれており、見た目もそのような感じなのに攻撃系の特性ではない。とは言え素の素早さが70となかなかなので、素早さと耐久の調整はかなりやりやすい方。

基本は特性を活かす為に雨パへの採用が中心。
と言えども雨の中でしか戦えないと言う事は全くないのがメガラグラージの強み。攻撃150は文句なしの数値であり、耐久に関してもHP100・防御110・特防110思いの外硬い。これで弱点が4倍のくさタイプ(+フリーズドライ)だけと言うのは反則気味である。雨下の水技は等倍なので辛い…と思いきや眼鏡特化キングドラドロポンでやっと乱数1発。なにかがおかしい。

ただし、前述の通り4倍弱点持ちなので、不意の相手にだけは注意したい所。
万が一将来的に、念願の特性そうしょくでも手にいれようなら、間違いなく時代を築くだろう。

第7世代にて、同期であるペリッパーが強力な特性「あめふらし」を習得。ペリッパーはひこうタイプがついているため、ダブルバトルでラグラージとは非常に相性が良い。そのため対戦環境にてこのコンビが数を増やしてきている。

関連イラスト

だいちのちから !!メガラグラージ!!
メガラグラージ


メガぬまうお
沼地の剛腕



関連タグ

ポケモン メガシンカポケモン
みずタイプ じめんタイプ
ミズゴロウ ヌマクロー ラグラージ

ホウエン御三家メガシンカ
メガジュカイン
メガバシャーモ

pixivに投稿された作品 pixivで「メガラグラージ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 602927

コメント