ピクシブ百科事典

ホウエン御三家

ほうえんごさんけ

ホウエン御三家とは、『ポケットモンスタールビー・サファイア・エメラルド』およびリメイク版『オメガルビー・アルファサファイア』において最初に手に入る3匹のポケモン及びその進化系のことを指す用語。
目次[非表示]

ホウエン御三家一覧

※山括弧〈〉内はメガシンカ

くさタイプ

キモリジュプトルジュカインメガジュカイン

ほのおタイプ

アチャモワカシャモバシャーモメガバシャーモ

みずタイプ

ミズゴロウヌマクローラグラージメガラグラージ

概要

ポケットモンスター ルビー・サファイア・エメラルド』(第3世代)及びそのリメイク作である『ポケットモンスター オメガルビー・サルファサファイア』における御三家である。
名前の由来はホウエン地方を舞台としている為である。
他にも「ルビサファ御三家」「3代目御三家」とも言われたる事もある。

出会いはポケモンに襲われているオダマキ博士を助けるために、主人公がバックがら出てる3匹の内1匹を使う。騒動の後そのポケモンを貰う。

GBAでポケモンも大きく変化し、また過去作との繋がりが一度切れたこともあり、前2作品とはどことなく趣が異なる姿をしている。
また、モデルがカラーヒヨコであるアチャモをはじめとして、進化時に姿や性質が大きく変化するのが特徴となっている。

ちなみに3匹ともメガシンカすることが可能だが、アチャモの系統だけ可能となった時期にズレがある。
バシャーモは、先行配信によってのみメガシンカ用のアイテムが入手可能というかなり限定条件ではあったが、『ポケットモンスター X・Y』の時点でメガシンカ可能であった。
残りの2匹は次作の『オメガルビー・アルファサファイア』でメガシンカ可能になった。
『XY』の時点でバシャーモだけにメガシンカが与えられたことについては色々と憶測が飛び交っており、『ORAS』の発売のための伏線とされているが、確かな事は判明していない。
とにかく、今でこそ晴れて3匹ともがメガシンカ可能となったが、上記の流れによって初期ではバシャーモに対して他の2匹のファンからはやっかみがあったとかなかったとか……。

ゲームでの性能

たねポケモン

HABCDS合計
キモリ404535655570310
アチャモ456040705045310
ミズゴロウ507050505040310

1進化
HABCDS合計
ジュプトル506545856595405
ワカシャモ608560856055405
ヌマクロー708570607050405

2進化
HABCDS合計
ジュカイン70856510585120530
バシャーモ80120701107080530
ラグラージ10011090859060535

メガシンカ
HABCDS合計
メガジュカイン701107514585145630
メガバシャーモ801608013080100630
メガラグラージ1001501109511070635

ホウエン御三家は、歴代御三家の中でも種族値が高めで、平均種族値も全世代中トップ
最終進化系は3匹ともそれぞれ違うベクトルでトップクラスの性能を誇っている。
バトルでの強さもあり、なんだかんだで愛されているのである。
前述の通りメガシンカが追加されたが、しなくても強い上に選択肢の1つに収まっていると言えばその強さと多彩さが分かるだろうか。

ジュカインについて

キモリの最終進化形ジュカインはスピードが売りで、第8世代時点で「とくこう」と「すばやさ」の数値は歴代草御三家中トップ(メガシンカを除いた御三家全体だと特攻は8位、素早さは2位タイ)となる。
また、隠れ特性のかるわざが発動すると、メガシンカも含め歴代御三家中トップの素早さとなる。
ただし、後述の2匹と違い最後までくさタイプのままである(メガシンカするとドラゴンタイプが加わる)。

メガジュカインの「すばやさ」はポケモン全体の中でもトップクラス。
特性ひらいしんでんきタイプのわざに対して優位に立つことも可能。

ちなみに最終進化の一つ前であるジュプトルポケダンシリーズで大活躍を果たしている。

バシャーモについて

アチャモの最終進化形バシャーモは進化するとかくとうタイプが付き、高い火力とそこそこの素早さを併せ持つ。
「こうげき」と「とくこう」は炎御三家中2位(メガシンカを除いた御三家全体だと攻撃は3位、特攻は5位)の数値で、どちらの種族値も100を超えており両刀型も十分可能。
通常の隠れ特性ないしメガバシャーモの特性かそくが非常に強力。

ラグラージについて

ミズゴロウの最終進化形ラグラージは鈍足だが火力・耐久・器用さの全てに優れている。
進化するとじめんタイプがつき、弱点がくさタイプ4倍ただ一つのみとなる。
恵まれたタイプに技の器用さが合わさり「厨ポケ」とされる事もあり、歴代御三家最強クラスの強さと思いのほか愛嬌のある姿のため、元々蔑称だったはずの「キモクナーイ」がそのまま愛称となることになった。
「HP」と「こうげき」の数値は水御三家中トップ(メガシンカを除いた御三家全体だとHPは2位、攻撃は6位)で、種族値合計は僅差だが御三家中トップとなっている。
隠れ特性はしめりけだが、前述の2匹と比べるとピンポイントすぎて使い辛い。

メガラグラージは特性すいすいを持ち、雨下でかつ「すばやさ」が最速ならメガシンカも含むと歴代水御三家中でトップクラスとなる。

各シナリオでの評価

ルビー・サファイア・エメラルド・ORAS

キモリを選んだ場合

序盤のカナズミジムは有利に戦えるが、中盤まで使えるくさタイプの技がわずか威力20の「すいとる」、もしくはRSE当時、威力20~50という不安定極まる性能の「タネマシンガン」のみであり、火力が心許ない。
中盤のジム(特にフエンとヒワマキ)もタイプ上不利なので、他のポケモンによるアシストで乗り切りたい。
ほのお弱点を補えるマリルや、ひこう弱点を補えるラクライイシツブテなどが有力な候補。
レベル30代に差し掛かれば「リーフブレード」を覚えられるので、ゴリ押しも十分可能な火力が手に入る。

『ORAS』の場合、「メガドレイン」を覚えられたり、「リーフブレード」の習得レベルが下がったりしているので中盤の攻略がRSE当時に比べてかなり楽になっている。
ただし、「リーフブレード」が物理技になっているので全体的な火力はそこまで高くない「こうげき」に依存することになる。
中盤以降はメガシンカと「ダブルチョップ」習得により、くさタイプのわざがこうかがいまひとつのポケモンに対してもある程度対抗できるようになる。

アチャモを選んだ場合

ワカシャモになった時戸惑うが、バシャーモまで育て上げてみるとカッコイイ。
進化するとかくとうタイプが付くため、今までのようにいわタイプに苦労させられることは少なくなった。
しかし結局「悪の組織(ドンメルや「さめはだ」持ちのキバニアズバットを使ってくる)に対して基本的に不利」「ヒワマキ以降有利なジムが一つもない」「自力技の威力が控え目な割に命中率が安定しない(『ORAS』を除く)」といったデメリットは残っている。
また、海上でアテにならないのは今まで通り(みず・ひこうタイプのキャモメに返り討ちに遭う可能性が高い)。
いわ技を持たせればひこうタイプに対抗できなくもないが、あまり無理をさせるべきではない。
命中率も安定しないし。
序盤はともかく、終盤は他のポケモン頼りな展開も増えるだろう。
キャモメ、キノココ、ラクライなどを育てておくとよい。

ミズゴロウを選んだ場合

ホウエンのジムリーダー・四天王・チャンピオン・悪の組織にくさタイプ使いはいないため、ゼニガメ・ワニノコを選んだ時と同様にストーリーでかなり楽ができると言える。
もちろん一般トレーナーにはくさタイプ専門がいるし、くさタイプ使う強者もので油断はできない。
特にサイクリングロード下でのユウキハルカ戦ではジュプトルにトラウマを植え付けられた人も。
スバメなどをパーティに入れ、くさ対策をしっかりとしておこう。

ハートゴールド・ソウルシルバー

シロガネ山でレッドを倒すと、1匹だけダイゴから貰える。

サン・ムーン / ウルトラサン・ウルトラムーン

特定の曜日でしまスキャンをすることで野生の個体が出現する。
また、サン・ムーンではしまスキャンをしても捕獲することができない。

ソード・シールド

他の御三家同様未実装だったが、DLC『冠の雪原』で復帰した。
ダイマックスアドベンチャーで捕獲可能の他、レンタルポケモンとして使用することが可能。
さらにサファリボールコンペボールウッウロボの合成で(超低確率ではあるが)入手可能になり、遺伝可能な全てのボールに収めることが可能となった。
更に彼らの元わざレコードになって様々なポケモンに配られている。

関連イラスト

パートナーはどの子?
クラブ


ホウエン御三家
リメイクおめ!


コンテストBOY



地方別御三家タグ


関連タグ

ポケモン
オダマキ博士
ユウキ ハルカ ルビサファ
RSE ORAS

関連記事

親記事

ポケモン御三家 ぽけもんごさんけ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ホウエン御三家」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1415857

コメント