ピクシブ百科事典

カントー御三家

かんとーごさんけ

カントー御三家とは、『ポケットモンスター赤・緑・青・ピカチュウ』及びリメイク版である『ファイアレッド・リーフグリーン』において最初に手に入る3匹のポケモン及びその進化系列のことを指す用語である。
目次[非表示]

カントー御三家一覧

※山括弧〈〉内はメガシンカ

くさタイプ

フシギダネフシギソウフシギバナメガフシギバナ

ほのおタイプ

ヒトカゲリザードリザードンメガリザードン

みずタイプ

ゼニガメカメールカメックスメガカメックス

概要

ポケットモンスターピカチュウ』(第1世代)や、そのリメイク版『ファイアレッド・リーフグリーン』における御三家で、名前の由来はカントー地方を舞台にしている為である。

初代御三家であり、御三家の中でも最も有名で人気が高い。
また、歴代御三家の中でも唯一製品パッケージのメインビジュアルとして採用されているポケモン達である。
これ以降最初に選ぶポケモンの数は3匹に固定され、また"3すくみ"が成り立つくさタイプ、ほのおタイプ、みずタイプのいずれかのタイプが含まれたポケモンが毎回選ばれるようになった。
そしてプレイヤーが選んだタイプのポケモンの弱点となるタイプをシリーズごとに必ず存在するライバルが選ぶようになった。

またカントー御三家の3体のモチーフとなった動物には全て別地方の御三家で同じモチーフのポケモンが存在している。
フシギダネ・ケロマツ(カロス御三家水担当)共にカエルがモチーフ
ヒトカゲ・キモリホウエン御三家草担当)共にトカゲがモチーフ
ゼニガメ・ナエトルシンオウ御三家草担当)共にカメがモチーフ

ポケモンシリーズが新しい機種に移行する度に何らかの作品内で一匹は必ず入手出来るようになっている(GB→赤緑青ピカチュウ、GBA→FRLG、DS→HGSS、3DS→XY)。

各シナリオでの評価

赤緑青・FRLG

フシギダネを選んだ場合

他の2匹と比べると序盤は非常に楽に進行できる。
また、比較的早い段階で実質威力110のタイプ一致技はっぱカッターを習得する点も他のくさタイプポケモンでは代用が利かない長所の一つである。その上ねむりごななどの補助技を覚える為他のポケモンの捕獲にも便利である。またくさタイプの中では最もすばやさが高いため、相手側が高レベルでも先手を取れることも多い。
また、フシギバナへの進化レベルが他の2匹に比べて低いことも、初心者にとって魅力。さらに、どくタイプのおかげでビートルが大量に現れる序盤ではどくの効果を受け付けないのも回復する手間を省けるのもありがたい。

ただし中盤以降どくタイプが足を引っ張る場面が多い。具体的にはエスパータイプにすこぶる弱い。
これはどのポケモンを選んでも同じだがフシギバナは弱点を突かれるので何もさせてもらえないことが多い。
またくさタイプゆえに弱点が多い。序盤はそこまで気にならないが後半になるにつれ弱点タイプの強力なポケモン達が少しずつ登場する。
相応の準備をしておかないと返り討ちに遭う(特に四天王戦)ので要注意。

リメイク版では急所率が修正されたことで「はっぱカッター」が威力たったの55になり、火力が大幅に低下してしまった。
「ねむりごな」を覚えるレベルこそ物凄く早くなったがそれを差し引いても手痛い弱体化で、リメイク前より難易度が上がってしまった。

ヒトカゲを選んだ場合

全体的な難易度が大幅に上がる。特に序盤の進行が非常に辛くなってしまう。1、2番目のジムともにほのおタイプの苦手としているタイプとぶつかってしまう為である。
さらに道中でもトキワの森では猛威を奮えるものの次のダンジョンはイシツブテの巣窟であり、どうしてもこの時点で効果半減以下の技以外を覚えられるバタフリーが必要となってくる。
……と言っても実はタケシはいわタイプの技を使ってこないので、頑張ればゴリ押しでどうにかできたりする。

しかし最終形態リザードンは、すばやさがぐんと伸びてカントー御三家中最も高くなる。また当時実質威力140だった「きりさく」や優秀なほのお技「かえんほうしゃ」「ほのおのうず」を覚えられ、エースとして大きく成長する。
リザードンへの進化が目の前になるタマムシシティ到達あたりからが本領発揮である。
ただし、終盤のジムリーダー四天王との戦いではサカキシバがいわタイプ、カンナがみずタイプ、ワタルがその両方を使ってくるため、イマイチ頼りにならないことが多い。この辺は割りきるしかないだろう。
またこの見た目で「そらをとぶ」を当時覚えなかったので飛行要員は他に任せるしかない。

リメイク版では救済措置が取られ、「メタルクロー」を自力で覚えられるようになった……のだが、タケシ側もイワークが遂にがんせきふうじを使い始めたことでヒトカゲはおろかバタフリーまでも対策にならなくなった。
一応マンキーが野生で出てくるのでそれで対処できなくはないが。
性能面では「きりさく」が修正され「ほのおのうず」が連続攻撃でなくなった反面、ひこうタイプの攻撃技を覚えられるようになり、ほのおが通りにくい相手でも多少対抗できるようになった。
それでもいわタイプは苦手なので何かしらの処置は必要。
また、初代と異なり「そらをとぶ」をきちんと覚えてくれるので移動要員としても中々の性能になった。

ゼニガメを選んだ場合

ヒトカゲよりは序盤は楽に行けるが、中盤のでんきタイプやくさタイプのジムに苦戦を強いられてしまう。が、いずれも他のポケモンが育ってくる時期であるので、トキワの森までのポケモンでタケシを相手にしなければならないヒトカゲと比べて進行は圧倒的に楽。
序盤にゼニガメとコイキング以外にみずタイプを入手できないのもセニガメを選ぶ理由となるだろう。

冒険の後半においては「最後のジムとその前のジムがみずタイプ弱点」「四天王もみずタイプ弱点のポケモンを所持している」「こおり技をカメックスに習得させるとワタル攻略が楽」「ストーリー上入手必須の技『なみのり』が高威力のタイプ一致技としてバトルに使える」「カメックスが『なみのり』を覚えてくれるので、他のみずタイプを育てる手間が省ける」とかなりイケイケな状態になる。
恐らく、一番終盤を楽に進めるのはゼニガメを選んだプレイヤーであろう。

リメイク版ではそれに加えて「かみつく」があくタイプの技になっており、伴ってエスパータイプゴーストタイプに弱点を突けるようになっている。
威力こそ60だがPPが多く、特にポケモンタワーではお世話になりまくるだろう。

ピカチュウバージョン

3匹全て手に入るようになっている。
後にシロガネ山に現れるレッドは、このバージョンで御三家を全て手に入れたプレイヤーをモデルにしていると考えられる。

なお、このバージョンからリザードンが「そらをとぶ」を覚えられるようになっている。

ハートゴールド・ソウルシルバー

シロガネ山でレッドを倒すと、1匹だけオーキド博士からもらえる。
もちろんオーキド博士の「…さあ、えらべ!」台詞あり(博士の冗談だが)。

XY

XYでもう一度!


ミアレシティにてプラターヌ博士から1匹だけもらえる。
別世代の御三家が手に入る作品はあれど、XYのカントー御三家はクリア前、それもバッジ2個目より前(ピカチュウバージョンのフシギダネがそれくらいのタイミング)で手に入るのである。
ただでさえ最終形態はメガシンカまでしてしまうというのだから、ストーリーで使わない手はないというものである。

カントー御三家を貰って少し進めば育て屋がある為、最初に貰った一匹が♀なら同じタマゴグループの♂を用いてタマゴを孵化することが出来る。
ただし、ほとんどの場合♂なので、シナリオ終盤に行きつくポケモンの村でメタモンを入手するまでお預けになってしまうが……
ちなみに育て屋周辺で野生出現する範囲では以下のいずれかのポケモンとの組み合わせでタマゴが見つけられる。

共通ゴニョニョ(地つなぎ)、キバゴ(地つなぎ)
フシギダネナゾノクサ(R6)、ロゼリア(R7)、ハネッコ(R7)
ゼニガメコダック(R7)、コアルヒー(R7)

また、クリア後に展開されるフレンドサファリでは登録したフレンドコード次第で第2形態が野生で出現する。しかも条件を満たしていれば前作で入手困難だった隠れ特性持ちがいくらでも入手できるというおまけ付き。そのため、そのポケモンが出るフレコさえ入手出来れば選ばなかった他の2匹も通信交換などを介さず野生で入手することができる
(といってもクリア後のシナリオはミアレシティでのイベント以外存在しないに等しいので、趣味で連れ歩くくらいのことしかできないのが残念ではあるが)

その他

所謂「おしゃれボール」はサファリボール・コンペボール以外可能。第5・第6・第7世代でモンスターボール以外のボールに収めるチャンスがある。
ただしドリームボール入りの個体は非常にレアで、雑誌のシリアルコードを入力してランダムで手に入れる代物だったため全部揃えるのは困難。
また、御三家中最も早く隠れ特性が解禁された世代でもある。

関連イラスト

トリプルビート!
初代御三家メガシンカ


初代御三家三竦み
ポケットモンスターの せかいへ ようこそ!▼



他の地方の御三家タグ

ポケモン御三家


関連タグ

オーキド博士 プラターヌ博士 RGBP FRLG ポケモンXY

pixivに投稿された作品 pixivで「カントー御三家」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1261210

コメント