ピクシブ百科事典

カントー御三家

かんとーごさんけ

カントー御三家とは、『ポケットモンスター赤・緑・青・ピカチュウ』及びリメイク版である『ファイアレッド・リーフグリーン』や『Let's Go!ピカチュウ・Let's Go!イーブイ』において最初に手に入る3匹のポケモン及びその進化系列のことを指す用語である。
目次[非表示]

カントー御三家一覧

※山括弧〈〉内はメガシンカ及びキョダイマックス

くさタイプ

フシギダネフシギソウフシギバナメガフシギバナ/キョダイフシギバナ

ほのおタイプ

ヒトカゲリザードリザードンメガリザードン/キョダイリザードン

みずタイプ

ゼニガメカメールカメックスメガカメックス/キョダイカメックス

概要

ポケットモンスター赤・緑・青・ピカチュウ』(第1世代。RGBP)や、そのリメイク版『ファイアレッド・リーフグリーン』、『Let's Go!ピカチュウ・Let's Go!イーブイにおける御三家(ポケモン御三家)。名前の由来はカントー地方を舞台にしている為である。

初代御三家であり、御三家の中でも最も世間に知られておりポケモンに詳しくない人でも一度はみたことがあるという人も多いだろう。
また、歴代御三家の中でも唯一製品パッケージのメインビジュアルとして採用されているポケモン達である。
これ以降最初に選ぶポケモンの数は3匹に固定され、また"3すくみ"が成り立つくさタイプ、ほのおタイプ、みずタイプのいずれかのタイプが含まれたポケモンが毎回選ばれるようになった。
そしてプレイヤーが選んだタイプのポケモンの弱点となるタイプをシリーズごとに必ず存在するライバルが選ぶようになった。

しかし最近ではその傾向も薄れ、第7・8世代ではライバル側がプレイヤーの選んだポケモンが弱点となるタイプ、チャンピオンもしくはラスボスに相当するトレーナーがプレイヤーが選んだタイプのポケモンの弱点となるタイプを選ぶようになっている。

この3匹の動物モチーフはいずれも爬虫類であり、後の御三家ポケモンにも登場している。
具体的には、
フシギダネと同じモチーフ→ケロマツ(カロス御三家水担当)カエルがモチーフになっている。
ヒトカゲと同じモチーフ→キモリホウエン御三家草担当)メッソンガラル御三家水担当)トカゲがモチーフになっている。
ゼニガメと同じモチーフ→ナエトルシンオウ御三家草担当)カメがモチーフになっている。

ピカチュウに並ぶポケモンの顔だからか、シリーズが新しい機種に移行する度、何らかの作品内で一匹は必ず入手出来るようになっている。
更に、同じカセット内でその世代の御三家を、通信交換等無しで3匹全て入手できるのは、このカントー御三家のみである(ピカチュウバージョンLPLE)。

ゲームでの性能

たねポケモン

HABCDS合計
フシギダネ454949656545318
ヒトカゲ395243605065309
ゼニガメ444865506443314

1進化
HABCDS合計
フシギソウ606263808060405
リザード586458806580405
カメール596380658058405

2進化
HABCDS合計
フシギバナ80828310010080525
リザードン78847810985100534
カメックス79831008510578530

メガシンカ
HABCDS合計
メガフシギバナ8010012312212080625
メガリザードンX7813011113085100634
メガリザードンY7810478159115100634
メガカメックス7910312013511578630

カントー御三家は後の御三家と比べて種族値がさほど飛び抜けていないが、比較的能力のバランスが良い種族値配分となっている。
また、現時点で唯一メガシンカキョダイマックス両方の形態がそれぞれ存在しており、最も早く隠れ特性が解禁された御三家でもある。
御三家のキョダイマックス技はダメージを与えるだけでなく、4ターンの間、毎ターン終了時に各タイプ(くさorほのおorみず)以外に1/6のスリップダメージを与えるという効果を持つ。

フシギバナについて

フシギダネの最終進化形フシギバナは進化前と同じくどくタイプとの複合で「とくこう」と「とくぼう」が高い。
種族値合計は御三家全体でも最下位タイの能力値だが、他の2匹(どちらもレベル36)に比べて進化レベルが早い(レベル32)のが特徴。

くさタイプなので補助技も豊富だが、以前はタイプ不一致のサブウェポンが少ないという弱点も抱えていた。
その為、第8世代で廃止された「めざめるパワー」を覚えられず頼りない事が多かったが、「ウェザーボール」と「だいちのはどう」を新たに覚えるようになったことで改善されている。
隠れ特性は「ようりょくそ」で、能力バランスの良さも相まって晴れパのエースとして活躍できる。
上記の強化要素が重なり、剣盾のランクバトルのシリーズ6で禁止ポケモンになる程のポテンシャルを獲得するに至った。

メガフシギバナは「ぼうぎょ」が大きく上昇し、耐久型もアタッカー型もこなせるほどのポテンシャルを持つ。
特性「あついしぼう」によって、弱点となるタイプが減るのも大きなメリットとなっている。

リザードンについて

ヒトカゲの最終進化形リザードンは進化するとひこうタイプが追加され、種族値合計は炎御三家中トップ(御三家全体だと2位)タイとなる。
カントー御三家の中で「とくこう」と「すばやさ」が最も高く、特攻は炎御三家の中で3位(御三家全体だと6位)タイ、素早さは4位(御三家全体だと7位)タイの種族値を持つ。

特殊型メインのポケモンだが「こうげき」も決して低くなく、物理技のバリエーションも多めなので物理型としての運用も十分可能である。
隠れ特性の「サンパワー」はデメリットもあるものの、天候が晴れなら「とくこう」が常に強化されるので晴れパとのシナジーが良くなる。
しかしいわタイプが4倍弱点となるのが辛く、特にステルスロックには注意が必要である。

メガリザードンXは「こうげき」「ぼうぎょ」「とくこう」が強化され、ひこうタイプがドラゴンタイプに変更される。
攻撃と特攻は同数値だが、特性「かたいツメ」により接触系の攻撃が強化されるので、物理型としての運用が主となる。
じめんタイプに弱くなるものの、4倍弱点も消えるのでメリットの方が大きい。

メガリザードンYは「とくこう」が特に強化され、Xとは逆に特殊型としての運用が主体となる。
特性「ひでり」はシングルでは自身の強化として活かされるが、ダブル・トリプルでは味方のサポート役としての相性が良い。
ただし、タイプはほのお・ひこうのままなので、いわタイプの技には注意が必要。

カメックスについて

ゼニガメの最終進化形カメックス「ぼうぎょ」と「とくぼう」が最も高く、防御は水御三家の中で1位(御三家全体だと3位)タイ、特防は御三家の中で2位と高水準。

覚える技は攻撃・補助ともに豊富なものの、カントー御三家の中で唯一の単タイプである為、器用貧乏になりがちなのが難点。
隠れ特性は「あめうけざら」でより耐久型としての運用も可能だが、やはり単タイプな故か他の2匹に比べると劣りがち。
後の世代でもみず単タイプの御三家は総じて器用貧乏というジンクスが付き纏っており、最新の世代では若干ながら改善傾向にあるものの、同御三家の存在が重く、なんとも不憫である。

メガカメックスは「とくこう」が特に強化され、特性「メガランチャー」により波動技の技の威力を上げることができ、対面性能の高さも向上している。
第8世代ではメガシンカが廃止され、単独で「だいちのはどう」を生かすことができないのが残念ではあるが。

所謂「おしゃれボール」について

カントー御三家は第5~8世代でモンスターボール以外のボールに収めるチャンスがある。
その内ガンテツボールウルトラボールは第7世代、サファリボールコンペボールは第8世代のDLCから収めることが可能。
ただしサファリボール・コンペボール・ドリームボール入りの個体はボールの入手条件も相まって、現在でも非常にレアとなっている。
特にドリームボール入りの個体は雑誌のシリアルコードを入力してランダムで手に入れる代物だったため、全部揃えるのは困難だった。

各シナリオでの評価

赤緑青・FRLG

フシギダネを選んだ場合

他の2匹と比べると序盤は非常に楽に進行できる
また、比較的早い段階で実質威力110のタイプ一致技はっぱカッターを習得する点も他のくさタイプポケモンでは代用が利かない長所の一つである。
その上ねむりごななどの補助技を覚える為、他のポケモンの捕獲にも便利である。
初代に登場するくさタイプの中では最もすばやさが高いため、相手側が高レベルでも先手を取れることも多い。
また、前述の通りフシギバナへの進化レベルが他の2匹に比べて低い(レベル32)ことも、初心者にとって魅力。
さらに、どくタイプを持つおかげでビートルが大量に現れる序盤では、どくの効果を受け付けないのも回復する手間を省けるのもありがたい。

ただし、中盤以降はどくタイプが足を引っ張る場面が多い。
具体的にはエスパータイプにすこぶる弱い。
これはどのポケモンを選んでも同じだがフシギバナは弱点を突かれるので何もさせてもらえないことが多い。
また、くさタイプ故に弱点が多く攻撃技の範囲も狭いため、序盤はそこまで気にならないが後半になるにつれ、弱点・耐性を持つタイプの強力なポケモン達が少しずつ登場する。
相応の準備をしておかないと返り討ちに遭うので要注意。
四天王戦が特に顕著で、カンナはこおりタイプの技で弱点を突かれる危険があり、キクコはどくタイプで主力のくさ技が半減(うち1匹は1/4軽減)、ノーマル技はゴーストタイプには無効、ワタルの手持ちは何れもくさ技の通りが悪いと四苦八苦なのが辛い。

リメイク版では急所率が修正されたことで「はっぱカッター」が威力たったの55になり、火力が大幅に低下してしまった。
「ねむりごな」を覚えるレベルこそ物凄く早くなったが、それを差し引いても手痛い弱体化で、リメイク前より難易度が上がってしまった。
それでも「めざめるパワー」「じしん」(フシギバナから)と「ヘドロばくだん」を新たに覚えるようになったので、第1世代の時と比べて技範囲は少しはマシになっているのだが。

ヒトカゲを選んだ場合

他の2匹と比べて序盤の難易度が大幅に上がる
1、2番目のジムともにほのおタイプの苦手としているタイプとぶつかってしまう為、序盤の進行が非常に辛くなってしまう。
さらに道中でもトキワの森では猛威を奮えるものの、次のダンジョンはイシツブテの巣窟であり、どうしてもこの時点で効果半減以下の技以外を覚えられるバタフリーが必要となってくる。
……と言っても実はタケシはいわタイプの技を使ってこないので、頑張ればゴリ押しでどうにかできたりする。
カスミに関しては先にマサキ関連のイベントを進めておけば、ジム戦の前にくさタイプのポケモンを捕獲・育成できるので、トキワの森でピカチュウをゲットしていない場合でも対処は可能。

中盤はリザードンへの進化が目の前になるタマムシシティ到達あたりから本領を発揮する。
当時は実質威力140だった「きりさく」や優秀なほのお技「かえんほうしゃ」「ほのおのうず」を覚えられ、エースとして大きく成長する。
終盤はジムリーダー四天王との戦いではサカキシバがいわタイプ、カンナがみずタイプ、ワタルがその両方を使ってくるため、イマイチ頼りにならないことが多い。
この辺は割りきるしかないとはいえ前述の優秀な技を駆使したり、じめんタイプやかくとうタイプの技などをわざマシンで習得させておいたりすれば、これらの局面も然程問題なく渡りきることが出来るだろう。
ちなみにレベルや習得させる技次第ではあるが、リザードン単騎の殿堂入りも十分可能。
また、この見た目で「そらをとぶ」を当時覚えなかったので、飛行要員は他に任せるしかない。

リメイク版では救済措置が取られ、「メタルクロー」を自力で覚えられるようになった……のだが、タケシ側もイシツブテは倒せてもイワークががんせきふうじを使い始めたことでヒトカゲはおろかバタフリーまでも対策にならなくなった。
一応マンキーが野生で出てくるのでそれで対処できなくはないが。
性能面では「きりさく」が修正され「ほのおのうず」が連続攻撃でなくなった反面、ひこうタイプの攻撃技を覚えられるようになり、ほのおが通りにくい相手でも多少対抗できるようになった。
また、初代と異なり「そらをとぶ」をきちんと覚えてくれるので、移動要員としても中々の性能になった。
それでもいわタイプは苦手なので、リメイク前と同様に何かしらのフォローは必須。

ゼニガメを選んだ場合

ヒトカゲよりは序盤は楽に行けるが、中盤のでんきタイプやくさタイプのジムに苦戦を強いられてしまう。
が、いずれも他のポケモンが育ってくる時期であるので、トキワの森までのポケモンでタケシを相手にしなければならないヒトカゲと比べて進行は圧倒的に楽。
序盤にゼニガメとコイキング以外にみずタイプを入手できないのもセニガメを選ぶ理由となるだろう。

冒険の後半においては「最後のジムとその前のジムがみずタイプ弱点」「四天王もみずタイプ弱点のポケモンを所持している」「こおり技をカメックスに習得させるとワタル攻略が楽」「ストーリー上入手必須の技『なみのり』が高威力のタイプ一致技としてバトルに使える」「カメックスが『なみのり』を覚えてくれるので、他のみずタイプを育てる手間が省ける」とかなりイケイケな状態になる。
恐らく、一番終盤を楽に進めるのはゼニガメを選んだプレイヤーであろう

リメイク版ではそれに加えて「かみつく」があくタイプの技になっており、エスパータイプゴーストタイプに弱点を突けるようになっている。
威力こそ60だがPPが多く、特にポケモンタワーやヤマブキジムではお世話になりまくるだろう。

ピカチュウバージョン

3匹全てイベントで手に入るようになっている。
後の金銀でシロガネ山に現れるレッドは、このバージョンで御三家を全て手に入れたプレイヤーをモデルにしていると考えられる。

なお、このバージョンからリザードンが「そらをとぶ」を覚えられるようになっている。

ハートゴールド・ソウルシルバー

シロガネ山でレッドを倒すと、1匹だけオーキド博士からもらえる。
もちろんオーキド博士の「…さあ、えらべ!」台詞あり(博士の冗談だが)。

ポケモンXY

XYでもう一度!


ミアレシティにてプラターヌ博士から1匹だけもらえる。
別世代の御三家が手に入る作品はあれど、XYのカントー御三家はクリア前、それもバッジ2個目より前(ピカチュウバージョンのフシギダネがそれくらいのタイミング)で手に入るのである。
ただでさえ最終形態はメガシンカまでしてしまうというのだから、ストーリーで使わない手はないというものである。

カントー御三家を貰って少し進めば育て屋がある為、最初に貰った一匹が♀なら同じタマゴグループの♂を用いてタマゴを孵化することが出来る。
ただし、ほとんどの場合♂なので、シナリオ終盤に行きつくポケモンの村でメタモンを入手するまでお預けになってしまうが……
ちなみに育て屋周辺で野生出現する範囲では、以下のいずれかのポケモンとの組み合わせでタマゴが見つけられる。

共通ゴニョニョ(地つなぎ)、キバゴ(地つなぎ)
フシギダネナゾノクサ(R6)、ロゼリア(R7)、ハネッコ(R7)
ゼニガメコダック(R7)、コアルヒー(R7)

また、クリア後に展開されるフレンドサファリでは登録したフレンドコード次第で第2形態が野生で出現する。
しかも条件を満たしていれば前作で入手困難だった隠れ特性持ちがいくらでも入手できるというおまけ付き。
そのため、そのポケモンが出るフレコさえ入手出来れば、選ばなかった他の2匹も通信交換などを介さず野生で入手することができる
(といってもクリア後のシナリオはミアレシティでのイベント以外存在しないに等しいので、趣味で連れ歩くくらいのことしかできないのが残念ではあるが)

サン・ムーン / ウルトラサン・ウルトラムーン

赤・緑・青・ピカチュウ・金・銀・クリスタルのVC版からポケムーバー経由でポケモンバンクに送ることで隠れ特性の個体を入手可能。
ウルトラサン・ウルトラムーンではしまスキャンをすることにより野生での捕獲も可能。
バトルツリーのシングルでバトルレジェンドに勝利すると、メガシンカに必要なメガストーンを貰う事が出来る。
また、エピソードRRのイベント終了後に特定の条件を満たすとチャンピオン防衛戦で戦えるとあるトレーナーの手持ちの1体(最初に選んだアローラ御三家によって変化)として登場する。

Let's Go! ピカチュウ・Let's Go! イーブイ

ピカチュウ版のリメイクなため、最初に選ぶことはできないが、同じくイベントで入手できる。
また、それぞれ低確率で野生でも出現し、ポケモンGOから送ることもできる。

ソード・シールド

メガシンカ廃止の引き換えにキョダイマックスが新たに追加され強化された。
本編ではヒトカゲ系統が先行して登場し、DLC『鎧の孤島』ではフシギダネ系統とゼニガメ系統が登場した。
フシギダネ系統とゼニガメ系統はガラル図鑑には載っていなかったものの、内部データには確認されており、ポケモンHOMEの解禁によりエキスパンションパスの配信に先行して連れて行けるようになった。
ヒトカゲ系統は本編クリア後のイベント、フシギダネ系統とゼニガメ系統はマスター道場のイベントでどちらか1匹、キョダイマックス可能な個体をそれぞれ入手することができる他、マックスレイドバトルでも捕まえることができる。

更に通常の個体にダイスープを飲ませることで、ヒトカゲ系統も含めて後天的にキョダイマックスさせることが可能となった。
また、選ばなかった1匹は後のイベントでとある人物がバトルで使用してくる。
DLC『冠の雪原』のダイマックスアドベンチャーではレンタルポケモンとして使用することが可能で、アドベンチャー中に捕獲することもできる。

関連イラスト

初代御三家三竦み
初代御三家 第二形態


カントー御三家
メガ進化



地方別御三家タグ


関連タグ

オーキド博士 プラターヌ博士
レッド(ポケモン) グリーン(ポケモン) リーフ(ポケモン) カルム(トレーナー) セレナ(トレーナー)
RGBP FRLG ポケモンXY LPLE

関連記事

親記事

ポケモン御三家 ぽけもんごさんけ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「カントー御三家」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2931239

コメント