ピクシブ百科事典

ドリームボール

どりーむぼーる

複数の意味があり、本記事ではいずれについても紹介する。
目次[非表示]

概要

ドリームボールとは、

  1. 水島新司の漫画『野球狂の詩』等に登場する水原勇気が使う魔球。
  2. ゲーム『ポケットモンスター』シリーズに登場するモンスターボールの一種。

1の概要

アンダースローなのに球が打者の手元の前でホップした後スクリューボールになるという、現実にはまずあり得ない文字通りの魔球である。
元は東京メッツの二軍選手武藤兵吉のの中に出てきた投球方法を本人(後に岩田鉄五郎)と共に練習したもの。
作中ではドリームボールそのものがあるのかないのか物議を醸したこともあり、文字通り夢幻のような存在として描かれた。

えびなげはいじゃんぷ


後に彼女の指導のもと国立珠美が「ニュードリームボール」(ホップが2回も起きる)を完成させた。

2の概要

第5世代『ポケモンBW』『ポケモンBW2』で登場するポケモンドリームワールドにて仲間にしたポケモン達をハイリンクで仲間にする時に使用できるボール。
この時自分がボールを持っていなくてもいつのまにかバッグに追加され、ゲットが終わると使っていない同ボールは消滅する。
デザインは薄いピンク色を基調に上部に濃いピンク色の円形の模様があしらわれている。

ドリームボール


このボール自体が第5世代限定であり、第6世代以降に登場したポケモン(ニンフィア除く)のみならずドリームワールドに出てこなかったポケモンはこのボールに入れることができない。
従って所謂オシャボとして考える場合、ポケモンにもよるが非常に稀少価値が高いので集める際には注意されたい。

関連タグ

1の意味
水島新司 水原勇気
は、あるんだ!:作中の「ドリームボールは、あるんだ!」の台詞から、同タグと共に使われる。
2の意味
ポケットモンスター/ポケモン モンスターボール マコモ
サファリボール コンペボール:同様現在では作中に登場せず過去作でのみ使用可能なボール。

pixivに投稿された作品 pixivで「ドリームボール」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 679

コメント