ピクシブ百科事典

岩田鉄五郎

いわたてつごろう

『岩田鉄五郎』とは、水島新司による漫画作品『野球狂の詩』および関連作品に出演する人物。
目次[非表示]

概要

声優西村晃→北山年夫→納谷悟朗

東京メッツ』の前身に当たる『東京倶楽部』末期の1946年から投手を続ける野球選手

pixiv上で言う所の「お前のようなじじいがいるか」に該当する漫画ならではのチートキャラであり、表題にある「野球狂」の代名詞的存在にして水島作品におけるスターシステムに列する1人。

人物

大柄な体格に見合った剛毅、豪快な人物であると同時に、気に入らない事があれば立ちどころに怒り出すなかなかの癇癪持ちでもあり、そもそも球界全体を見渡しても鉄五郎を諌められる人間が指折り数えるほどしか現存しないため、その扱いは困難を極める。

事ある毎に監督五利一平を含む球団フロントに抗議しては「ファンに求められる限り現役生活を続ける」という意志を貫き通し、数度の引退宣言と撤回を繰り返しながら監督やヘッドコーチを担う兼任選手として活動を続け、後に72歳にして現役復帰を果たした事から『球聖』の異名を持つ(お祭り作品である『野球狂の詩VSドカベン』では80歳の選手兼任監督として現役出場している)。

かつては「球界一の剛速球」と怖れられる強肩を誇り、50代を過ぎてもなお現役生活を続けられるほどの類稀な頑強、且つ柔軟な肉体を持つ。全盛期からすればスタミナと瞬発力の衰えを隠せないとは言え、それでも球速130km/h前後のストレート武器フォークカーブスライダー、さらに「ハエ止まり」の名を持つ超スローボールを織り交ぜる老獪な戦術親子ほども歳の離れた打者を手玉に取る。なお、作中においては日本初のフォークボール投手は鉄五郎であるとされている。

一見すれば、現役にしがみつくものの打たれてばかりで一部の球団ファンから「にょほほほ去れ!!」とまで疎まれているロートルの印象が強いが、実際には

  • 相手チーム油断させるためにわざと大量失点を許して翌日の確実な勝利を狙う
  • 球種と球速の印象を強烈に植え付けた上で僅かの錯覚を利用して三振を奪う
  • 野手の守備位置を計算に入れた上で敢えて甘めの球を振らせて打ち損じを狙う
  • 老境にあるが故の不調を装った味方をも巻き込む芝居で相手の警戒を欺く

勝負に貪欲な策士であり、『新・野球狂の詩』ではメジャーリーグも含めて前代未聞の祖父vs対決に臨んだ岩田武司に対して「1本のホームランを打たせる代わりに絶好調を支える今のスイングフォームをガタガタに崩す」という狡猾作戦を実行して長いスランプに陥れ、野球に身を置く以上は肉親であろうと情け容赦無く対峙する非情の姿を垣間見た青田心太郎をして「野球の」と言わしめた。

関連イラスト

岩田鉄五郎
さあ、噛めるものなら噛んでみい!



関連タグ

野球 投手 フォークボール
漫画 アニメ 水島新司 野球狂の詩 東京メッツ
じじい チートキャラ

pixivに投稿された作品 pixivで「岩田鉄五郎」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 189

コメント